テーマ:映画あ行

「悪女/AKUJO」☆今までにないタイプのサスペンスラLOVEアクションムービー

これは面白い! 予告編を見るとなんだかゲームの画面を見ているようなカメラワーク推しで、てっきりB級アクション映画と思っていた。 ところがどっこい韓国映画ならではのじっとりとした愛憎劇に、韓国映画ならではのピュアラブロマンスあり、韓国映画ならではの容赦ない血しぶきも勿論だけど、スタイリッシュな映像で目まぐるしく場面転換する手法も見事で…
トラックバック:9
コメント:6

続きを読むread more

「オリエント急行殺人事件」☆演技バトルのためにある映画

なぜ誰もが真相を知っている推理小説を、今映画化するのか? なぜ誰もが知っている物語を改変せずそのままやるのか? それはきっと、誰もが結末を知っているからこそ、役者がそれをどうを演じるのかが腕の見せ所になってくるから。 舞台でも歌舞伎でも同じように、定番の演目を繰り返し上映するのは、役者の演じ方によって作品もぐっと変わってくるからと…
トラックバック:14
コメント:18

続きを読むread more

「IT イット ’それ’が見えたら終わり」☆ぞわぞわ鳥肌

とにかく映像的に怖いっ! ストーリーはいたって簡単な、少年たちのひと夏の冒険&成長物語なのに、とにっかく怖い。 それぞれが抱えるトラウマを克服したら事件は解決するのが判っているから、安心して観ていられるのに、めちゃくちゃ怖い、 久しぶりにぞわぞわと鳥肌が何回も立ってしまって… これ子供が見たら(R15+だけど)、一生トラ…
トラックバック:10
コメント:24

続きを読むread more

「ああ、荒野 後編」☆女人禁制の男の美学

あれだけ続編が気になって、楽しみにしていた作品だったのに、間に「ブレードランナー」やら「ゲットアウト」などインパクトの強い作品を観てしまったせいか、やや気持ちがトーンダウン。 もうDVDまで観なくていいか…と揺らいだ心を立て直して観に行ってきたyo テンションがダダ下がりだったせいもあるかもだけど、女性には決して理解出来ない部分で熱…
トラックバック:10
コメント:4

続きを読むread more

「アウトレイジ 最終章」☆遅い回の上映にはご注意(笑)

いやー怖かった! 何が怖いって上映終って帰るときに、明るい茶髪のいかにもな女性たちの、姐さんのほうのボートネックの広く開いた背中いっぱいに見事な刺青がのぞいていて、その方が「お待たせしてごめんね~」と寄って行った先には、顔面から縦半身全部に刺青のあるお兄さん達のグループがいたという・・・・ リアルがち!? 公開初日、パパンが三…
トラックバック:12
コメント:8

続きを読むread more

「あゝ、荒野」前編☆ウォーミングアップでも魅力的

これは凄い! 何が凄いって前編だけで157分、前後編合わせるとなんと5時間にもなる。 何が凄いって、そんな長さを感じさせないほどに思わず入り込んでしまう吸引力がある。 何が凄いって、無理やりオリンピック後に時代を設定しなくてもいいのに…や、ドロドロしてるのに薄っぺらい昼ドラみたいに登場人物が至近距離に集まっちゃう展開でも、それをも…
トラックバック:9
コメント:9

続きを読むread more

「エル ELLE」☆正しい隣人の愛し方

原作が凄いのか、監督が凄いのか、女優が凄いのか… 確かに言えるのは、フランス映画なのが成功のカギだったことと、このミシェルを演じたイザベル・ユベールの醸し出す雰囲気が絶妙だったってこと。(ネタバレで書きます) 「エル ELLE」 公式サイト <ストーリー> 突然覆面の男にレイプされたミシェル(イザベル・ユベール)…
トラックバック:21
コメント:14

続きを読むread more

「オレの獲物はビンラディン」☆ニコラスケイジ史上最高傑作inしたコメ

いや~~~面白かった!! ニコラス・ケイジ大好きなパパンとは対照的に、どうも彼を今まで好きになれなかった私だけど、この「振り切った演技」が炸裂してるニコケイ観たら一気に大ファンに! 彼の演技も上手いけど、なにより実話だけにご本人の生き方がまず面白い!!ホント最高!! 「オレの獲物はビンラディン」 公式サイト <ストー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「オクジャ」☆隠れた大傑作

ビジュアル的には特にそそられもしなかった作品なのだけど、私の中の永遠の傑作「グエムル-漢江の怪物」のポン・ジノ監督の作品なのだから、これが面白くないわけがないよね! ネット配信だけで公開するNETFLIXでは勿体ないほどの、美しい韓国の大自然に、本物と見紛うばかりの新種の生物のビジュアルはあまりにリアルで驚くばかり。 「オク…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

「インフェルノ」☆ホラー+アクション+謎解きゲーム

映画の公開前に、「トム・ハンクスが主演なら事件はもう半分以上解決したようなもの。」と思っていたのは大間違いだった。 一番のどんでん返しは最後までほとんどラングドン教授の活躍がない事(笑) しかもラングドン教授の知力だけが頼りの謎解きミステリー映画のシリーズと思っていたら、今回はホラー&アクション映画だったとは・・・・ …
トラックバック:28
コメント:15

続きを読むread more

「X-MEN アポカリプス」☆最終章はスタートライン

圧倒的VFXで見事な黙示録的、終末観がたっぷり。! 前作までを見て無かったり覚えて無くても充分楽しめるし、若きX-MENたちが集結していくあたりはワクワク度MAX!. でも最後に気が付けば『なぜプロフェッサーはスキンヘッドになったのか』をじっくり説明したという結論に。 別に年齢を重ねて年を取ったから禿げたんでも良かったんだけど・・…
トラックバック:36
コメント:22

続きを読むread more

「アリス・イン・ワンダーランド/j時間の旅」☆もはやフルCG

ここまで見事なCGで、『なんでもあり』なアリスのファンタジー世界を作りだせているのなら、最早、ジョニデのメイクもCGでいいのでは? というか、既に目だけ大きくしてみたり、ほぼメイクもCG? 白塗りに飽き足らず、どんどんど派手メイクになっていってるジョニデなら、もういっそマッドハッター自身もCGで? 「アリス・イン・ワン…
トラックバック:23
コメント:18

続きを読むread more

「アイ アム ア ヒーロー」☆大泉洋と思って舐めたら危険!

あー、面白かった! あー、疲れた・・・・・ あー、マジ怖かった(;´д`) うー、グロかった・・・ これってゾンビが出てくるゆる~いコメディかと思っていたら大間違い!!!これはコメディだけどホラーだわ。 でも相当良くできていて、実に面白い!!! それにしても・・・・・・・・・・・ここまで・・・・やる? …
トラックバック:34
コメント:16

続きを読むread more

「オデッセイ」☆ザ!鉄腕ダッシュ星

もはや本業が何なのか判らなくなりつつあるTOKIOのメンバーたちが、華やかな芸能界とかけ離れた離島で、おえっ!となりつつ井戸の掃除をしたり、うへーっ!といいながら正体の分からないものを料理したりしても、ちっとも辛そうでないのは(本当は辛いのかもだけど)、プロ根性は勿論だけど、実際「作り出す喜びが困難を打ち負かす力になる」からなのかも☆ …
トラックバック:39
コメント:26

続きを読むread more

「アンジェリカの微笑み」☆101歳監督の幽体離脱映画

面白い映画。 予告編を見るかぎり、とってもアーティスティックな映画と思っていたら、正しく言うと『面白い事になっちゃってる映画』だった。 しかしアンジェリカのそのミステリアスな微笑みに心惹かれたのは、主人公のイザクだけでなく、私たちまでもすっかり心惑わされてしまったのは間違いない。(別の意味で) それにしてもまさかのだれも予測し…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

「黄金のアデーレ 名画の帰還」☆感動のポイント

ヘレン・ミレンは言うまでもなく見事だ。 眉の動き、目の表情、シワのひとつまでもが感情を表す。 この彼女の演技力を持ってして、初めて成り立つ物語。 勿論、脚本もいいしライアンの弁護士も立派だったし、名画の他ゴージャスな衣装・小物も素晴らしいのだけれど。 ナチスに全てを奪われたというだけで充分胸を締め付けられ、見事に取り返したと…
トラックバック:24
コメント:16

続きを読むread more

「エール!」☆察することの大切さ

実は予告編以上のお話は無い。 というよりも、予告編のほうが上手に言葉をつなげて、お話を分かりやすくしているくらいだ。 必要以上に盛った部分がないのに、なぜにこんなに泣けるのだろう? もうコーラス発表会のシーンからあとは涙が止まらない。 「エール!」 公式サイト <ストーリー> フランスの片田舎で酪…
トラックバック:18
コメント:14

続きを読むread more

「アントマン」子供時代の憧れてんこ盛り

アメコミ物もそろそろお腹いっぱい感があったし、ことさら格好良いようにも思えないし、特別イケメンでもないし・・・と、やや冷めた目で遠巻きにしていたけれど~~ 子供の頃に誰もが憧れた世界を全て実現してくれたこの映画。 評判通りの面白さだったわ!! 「アントマン」 公式サイト <スートーリー> 窃盗の罪で刑務所にいた…
トラックバック:31
コメント:16

続きを読むread more

「アンフェア the end」☆ネタバレはアンフェア

映画版だけ観ていて、確かに面白いけど、過去の想い出シーンなどやっぱり分からないな~~と思っていたので、試写状が届いてから大慌てでドラマ版を一気見!! なるほど! そしてついにファイナルでスッキリしたかと思いきや。 確かに「さよなら雪平」~~~ここはフェアに偽りなしね。 「アンフェア the end」 公式サイト(…
トラックバック:17
コメント:4

続きを読むread more

「あん」☆行間の美

あえて言葉にしない。 なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・ 想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。 「あん」 公式サイト <ストーリー> 「どら春」の雇われ店長をやっている千太郎(永瀬正敏)は、突然やってきて雇ってくれと言うおばあさんに困惑していた。 その日のうちにタッパーに入れた自作のあん…
トラックバック:23
コメント:14

続きを読むread more

「アベンジャーズ エイジオブウルトロン」☆再びハリウッド大味作

割と盛り上がって話題作となっているという期待を持って観たからなのか? 前日に観た「進撃の巨人」があまりに面白かったから、霞んでしまったのか? 実際もうアベンジャーズのメンバーが揃ってからは、新鮮味を感じられなくなっているからなのか? 何だろう、この消化不良感・・・・・ もっと早く観たかったのだけど、川崎IMAXの…
トラックバック:35
コメント:16

続きを読むread more

「ブレイキングドーン」」「ホビット3」「怪盗グルーの月泥棒」「オースティンパワーズ3」

シリーズものの何故か最終話だけ見逃していることが多い私。 公開時に見逃すと、後はどうでもよくなってしまうのだけど、せっかくなので見てみよう~☆ まだ~む的レビュー 満点は★5 「ブレイキング・ドーン パート2」(2012年) ★ 出産を終えついにヴァンパイアとして再生したベラは、周囲の協力により次第に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー「ヒミズ」「俺はまだ本気出してないだけ」「花とアリス」

たまには邦画もいいかな~~ 割と後回しにしがちな邦画を、あえてチョイス。 まだ~む的レビュー 満点は★5 「ヒミズ」(2011年) ★★★★ ぷらりと戻ってきた父親に度々虐待を受ける祐一(染谷将太)は、男と出て行った母にも捨てられ、ひとり中学に通いながら貸しボート屋をして暮らしていた。 ある日、父親が作った借…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「アリスのままで」☆ジュリアン・ムーアは素晴らしい!

今日もお義母さん(86)から電話があった。 銀行の通帳と印鑑を失くしてしまって(2回目)お金をおろすことが出来ないため、金庫に閉まっていたお金を出そうとしたのだけれど、ダイアルをメモした紙を失くしてしまって開けられないのだそう。 つい先日はトイレにパンツを流して詰まらせてしまったお義母さん。 通帳はヘルパーさんが怪しいと言い、トイ…
トラックバック:23
コメント:22

続きを読むread more

「海街diary」☆ピュアな心で不浄を浄化

眩しすぎるっ☆ 純粋で無垢なすずが、可愛くて健気で、愛おしくなる。 そこにいていいんだよ☆と優しく肩にてをかけてもらって、透明でピュアでまっすぐな清い心が、全ての不浄な心を洗い流してくれる作品。それは『あさはかな優しさ』さえも。 「海街diary」 公式サイト <ストーリー> 15年前に家を出た父の訃報が届き山…
トラックバック:39
コメント:14

続きを読むread more

「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」☆リアルゲーム

飄々とした表情の演技の多いカンバーバッチ。 この飄々とした中に、これだけの違いを出せる俳優が他にいるかしら? 「イミテーション・ゲーム」 公式サイト <ストーリー> 第二次大戦が始まり、ドイツ軍が誇る無敵の暗号エニグマに対抗すべく、天才数学者のアラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)は英国政府の機密作…
トラックバック:44
コメント:26

続きを読むread more

「アメリカン・スナイパー」☆鎮魂

もう戦争映画も出尽くしたと思っていた。 ここまで完璧な映画が、まさかこのタイミングで現れるとは・・・・ 登壇者は戦場カメラマンの渡部陽一氏と、朝日新聞記者の方の対談形式。(試写会で初めて全うな人が来たわ☆) 実にためになる素晴らしいお話をしてくださった。 後ろのスクリーンには、渡部氏が撮影した戦場の子供たちの写真が。・・…
トラックバック:58
コメント:32

続きを読むread more

「ANNIEアニー」☆圧倒的歌唱力

子役の憧れといえば「アニー」 舞台も観た事なかった私は、あの赤毛のクリクリヘアーのどこがいいのかと思っていたけれど、多くの人を惹き付ける魅力と存在感たっぷりで、なるほど子役の最終目標と言われるわけだわ。 そんな「アニー」を「ハッシュパピー バスタブ島の少女」で史上最年少主演女優賞候補になったクワベンジャネ・ウォレスちゃんが、…
トラックバック:31
コメント:28

続きを読むread more

「インターステラー」☆愛は時空を超える

壮大である。 荒廃した地球の過酷な自然環境と対比をなす宇宙の美しい姿。 惑星に降り立つ途方もないSFなのに、真実味のある映像とストーリーは、何より裏打ちされた理論があってこそ。 それにしても、む・難しい・・・ 相対性理論に重力と時間との関係、科学的説明や量子力学など。 もともとSFは知らない用語や未知の設定がほとん…
トラックバック:47
コメント:30

続きを読むread more

「オオカミは嘘をつく」☆・・・・・コメディだったの?

これは最高! さすがタランティーノが「今年一番の映画!」って言っていただけのことはあるっ! こんなにも残酷で恐ろしい映画なのに、こんなにも大笑いすることになるとは・・・・・ まさかの予測できない衝撃の展開に、笑ったりドン引きしたり落胆したり驚いたり。 「オオカミは嘘をつく」公式サイト. <ストーリー> …
トラックバック:10
コメント:4

続きを読むread more