テーマ:映画た行

「チョコレートドーナツ」☆裁判は誰のため?

実話から生まれた物語。 ラストのシーンは、私の胸の奥深くを素手でぎゅーっと掴まれたような衝撃で、この胸の痛さは多分一生忘れないだろう。 「チョコレートドーナツ」公式サイト4月19日公開 <ストーリー> 1979年、ゲイパブで日銭を稼ぐルディ(アラン・カミング)は、ゲイを隠して生きる弁護士のポール(ギャレット・…
トラックバック:25
コメント:15

続きを読むread more

「ダラス・バイヤーズクラブ」☆生き抜けっ!

ひどく太るのとひどく痩せるのと、どちらが大変かというのは別としても、こちらに軍配が上がるのは当然のことでしょう。 ただただその人の特異な人生をたどるだけの実話モノも多い中で、お涙頂戴にならずに、じわりと感動し、じわりと胸に響く。 いつまでも余韻に浸ることのできる映画は、本当にいい映画なのだ。 「ダラス・バイヤーズクラブ…
トラックバック:31
コメント:20

続きを読むread more

「大脱出」やっぱりランボーVSコマンドー

どうしても機関銃撃ちまくって、最後はどっかーんとやりたいらしい。 筋肉VS筋肉の、ある意味ブレない方針でいく決意も、それはそれで潔いのかもしれない。 そんな筋肉バトルを引っさげて、シュワちゃんがプレミアにやってきたyo! まさか撮影OKとは思ってなかったので、デジカメ持ってこなかったよぉう! ツイートやFB、ブログで…
トラックバック:33
コメント:26

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー「トレインスポッティング」「シャロウグレイブ」「フローズンリバー

映画「トランス」を友達と観に行った息子が、最近ダニー・ボイルにはまっている。 fuluで立て続けにDVD鑑賞したのが、「トレインスポッティング」と「シャロウ・グレイブ」 さて次は? 「トレインスポッティング」(1996年)15禁 ★★★★ 麻薬に溺れた生活を楽しんでいたマーク(ユアン・マクレガー)は、何度か麻薬…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「トランス」催眠術にかかれ

評判も良い話題の映画「トランス」 ダニー・ボイル監督だしね☆ 監督とか俳優とか関係なく映画を観る!といいながらも、ダニー・ボイルは別♪これは観ないとね。 ロンドンの映画祭のレッドカーペットで、「あの凄い声援もらってる人、誰?」と話していたのがダニー・ボイルだったことは内緒(爆) 「トランス」公式サイト <ストーリー…
トラックバック:22
コメント:14

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー☆「時計じかけのオレンジ」「ゾンビ」「毛皮のエロス」

秋の夜長にDVDを見たいけど、台風が来ても秋は行事が目白押し。 暴風雨の中バザーのお手伝いに学校へ行ったり、なかなかゆっくりできないよぉう・・・なんとか時間を見つけて映画鑑賞したいものだわ♪ まだ~む的評価は満点が★5つ このところ映画に目覚めた息子が、次々と見ようとするので、シメシメとこっそりほくそ笑む私…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「大統領の料理人」☆作るのは笑顔

始めはお腹がきゅ~~っと鳴ってしまう。 最後はもうお腹いっぱい。 登場する数々のお料理を目で堪能したら、一緒に笑顔になろう。 ミッテラン大統領の専属シェフとして、女性として初めてエリゼ宮入りしたシェフ、ダニエル・デルプシュの実話を基にしたヒューマンドラマ。 「大統領の料理人」公式サイト(9月7日公開) …
トラックバック:14
コメント:8

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー☆ホラーナイト「トロールハンター」「アザーズ」「シャイニング」他

カナダのぷちホームステイから帰国した息子が、やたらホラーを見たいと言い出した。 今まで比較的社会派映画を好んでいたのに? いったいホームステイで何を学んできたのやら?? しかーし!ホラーなら望むところよ。 家族みんなでワイワイと、息子がどっさり借りてきたDVDで今週はホラーナイトウィーク☆ 「トロール・ハンター」(…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」☆エンストしてる

学生時代過ごしたススキノが舞台の映画「探偵はBARにいる」の1作目を大いに気に入ったパパン。 楽しみにしていただけに、1作目の勢いをあまり感じられなくて、なんともポンコツ車がエンストしたような・・・ ススキノでやたらピストルをぶっ放すとか~~~札幌の繁華街のリアリティとノスタルジーが良かったのに、有り得ない作り話に成り下…
トラックバック:19
コメント:8

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー「サイコ」「鳥」「裏窓」☆ヒッチコック祭り

なかなか身動きの取れなかった春休み。 NYから泊まりに来た友人を囲んで、ノルウェーの時の友達との20年ぶりの再会を楽しんだレストランも、息子&ママ友たちで行った怒涛のディズニーシーも、連日のバタバタでうっかりデジカメを忘れる大失態・・・・ ブログに載せる写真がないから、仕方なくDVDを見る事にしたyo 先日観た「ヒッチ…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

「ダイハード /ラスト・ディ」親子の絆

すこぶる評判がイマイチだった「ダイハード /ラスト・ディ」 でも大好きなブルース様だから、観ないとね☆ 観終わって「あれ?どこがラストデイ?」と思ったけど、案外親子の絆にウルウルしちゃう、私的にはツボな映画だった 「ダイハード/ラスト・ディ」公式サイト <ストーリー> モスクワで裁判にかけられる息子ジャック…
トラックバック:26
コメント:16

続きを読むread more

DVDまとめてレビュー 「おとなのけんか」「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「トータル・リコール」

グルメ記事にあまり反応してもらえないので、このあたりでDVDレビューを。 「おとなのけんか」 ☆☆☆ 「大人の良識」を気取って平静を装っていた二組の夫婦が、言わなくてもいい帰り際の『一言』から次第にエスカレートしていく絶妙な本音バトルと、エンディングのよぉ~く見ないと気が付かない程度に見せる『とっくに仲直り…
トラックバック:6
コメント:10

続きを読むread more

「ted」エロキュート♪

映画通ならより楽しめる。 映画のパロディなどが盛りだくさんで、大物俳優もチラリと出てくるのに、もうエロくまの魅力には誰も勝てない。 下品でしょうもない話が満載だけど、ホロリとさせてもくれる。 思わず自分のぬいぐるみに願いをかけちゃうね☆ よく考えると動くぬいぐるみのクマが出なかったら、ただのよくあるラブコメなんだ…
トラックバック:47
コメント:26

続きを読むread more

髑髏城の七人 ワカドクロ」ゲキ×シネの勢い

私の今年初の映画となったのは、劇団☆新幹線のゲキ×シネシリーズ10作目「髑髏城の七人」。 観劇が趣味のtomocoさんに誘っていただいて、2週間に及ぶ引きこもり生活から抜け出し、豪雪の渋谷へ出かけてみた☆ 実は劇団☆新幹線でなくても舞台はあまり観てなかった私。 だって高いんだもん~~ でもこのゲキ×シネならリーズナブ…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~」夢の中へ

フランス映画らしいシュールな笑いと映像表現に、叶わなかった愛に生きる切ない物語。 平穏な日々からは芸術は生まれない? バイオリン弾きの叶わぬ夢の中へ、私も一緒に引っ張り込まれて・・・・・ そりゃ少ない会話に美しい音楽、パジャマ着てベッドに入ったら寝ちゃうでしょう?(爆) 「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、…
トラックバック:7
コメント:14

続きを読むread more

「桃(タオ)さんのしあわせ」

ヴェネチア国際映画祭で主演女優賞を受賞したメイドの桃(タオ)さん役のディニー・イップ。 アンディ・ラウが企画に賛同してノーギャラで主役を演じたという、本作のプロデューサーのエッセイのようなこの映画は、実話が基になっているだけにドキュメンタリーのようでもある。 それは同時に、私たちが間もなく経験する介護の話であり、私たちが将来直面する…
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more

「ダークナイト・ライジング」誰の中にもいる

楽しみにしていた「ダークナイト・ライジング」 プレミアでの大事件の時は、屋久島に旅行中だったので何も知らなかった私。 中盤までのあまり何も起きない展開に、「予告編で観た大爆発早く起きろー」って思いながら観ている自分がちょっと怖かったりして。 「ダークナイト ライジング」公式サイト <あらすじ> ジョ…
トラックバック:41
コメント:30

続きを読むread more

「ダークシャドウ」白塗りジョニーとジャパンプレミア

やっぱりステキ!!ジョニーのお洒落センスはぴか一だよね☆ 「ダークシャドウ」ジャパンプレミアの今回は、胸元も大きく開いてとってもセクシーなジョニー様☆ 相変わらずお洒落度ハンパないwa。ドン小西が5つ☆をつけていたけど、当然でしょう? それにしても冷たい風が吹くヒルズで風邪を引かなかったかな・・・ 「ダークシャド…
トラックバック:50
コメント:46

続きを読むread more

「テルマエ・ロマエ」濃い顔族

漫画「テルマエ・ロマエ」が原作のこの映画。 漫画の主人公といえば、目が大きく日本人なのに金髪でお目めパッチリだったりするけど、なんと!この原作の主人公より遥かに目が大きい俳優陣は、1000人ものイタリア人エキストラの中にいて全く違和感なし!って、もうそれだけで充分爆笑なのだ☆ イタリア最大の撮影所チネチッタの、人気ドラマ…
トラックバック:39
コメント:30

続きを読むread more

「タイタンの逆襲」危ないっ!!

爆風も砂埃も火の粉も降り注ぐ、無数の岩が飛んでくるっ! 思わず頭をよけそうになる3Dの迫力は、技術の明らかな向上を感じずにはいられない。 しかーし! 危ないのはそれだけではなかった~~ 「長ぐつをはいたネコ」では案外3Dもいいもんだと思い始めた私も、戦いシーンの連続で、結局気を失い・・・ 3Dだからなのか、戦いシー…
トラックバック:37
コメント:28

続きを読むread more

「ドライヴ(Drive)」甘くてクール

最近活躍の目立つライアン・ゴズリング。 彼の運転する車で音楽をかけながら気まずい空間を体験したという監督が、彼のためにあて書きしたというだけあって、ライアン・ゴズリングの寡黙さあっての甘くてクールな作品だ。 同じたれ目のライアンでも、レイノルズではなくこちらはゴズリング。 寡黙でやさしい彼のイメージ通りの主人公が、まさかの…
トラックバック:43
コメント:26

続きを読むread more

「第9軍団のワシ」イケメン映画

モデルや男性ストリッパーの経験を持つチャニング・テイタムが見事な筋肉美を披露! イケメンの美しい腹筋と、ハッピーエンドがお好きな人は是非☆ ま、腹筋が見えるのはちょっとだけなんだけどね。 「第九軍団のワシ」 公式サイト 原作は歴史小説の第一人者、 イギリス人小説家ローズマリー・サトクリフの「第九軍団のワシ」。 …
トラックバック:10
コメント:8

続きを読むread more

「テイク・シェルター」備えあれば憂いなし

24日公開の映画「テイク・シェルター」 小さい劇場とはいえ、本日公開初日映画も多い中、満員という人気ぶり☆ サイコ(心理)スリラーで、世界で30もの映画賞を取っているなんて聞いたら期待しすぎちゃうよね? で、心理スリラーの何たるかが、私 判らなくなっちゃったyo 「テイク・シェルター」公式サイト …
トラックバック:10
コメント:6

続きを読むread more

わたしとトロール

本日より公開のノルウェー映画「トロール・ハンター」 極北の地、ノルウェーが注目される機会なんて珍しい~♪ でも、映画はレイトショーしかないみたい。それでは観に行けないよぉう。 (横浜では昼間もやっているみたい。でも横浜まで行けないなぁ・・・・) この「トロール・ハンター」は、トロールを追跡する様子を撮影したモキュメンタリ…
トラックバック:16
コメント:20

続きを読むread more

「トゥームレイダー」(2001)ゆかりの地をたずねて

ロンドンでは既に公開されている映画「2012」 惑星直列によって、地球が滅亡する話らしいが、その惑星直列を題材にしていた映画が、既にあったのだ。 マヤ暦では、2012年の12月21日にえらいことになる地球が、人気ゲームを題材にした「トゥームレイダー」でも世界の危機に直面するわけだけど・・・・・ 2012年3月 追記部分は赤文字。 …
トラックバック:13
コメント:24

続きを読むread more

「ドラゴンタトゥーの女」予習せよ

オリジナル「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」を見ている人ならともかく、原作も未読な人は、公式サイトでしっかり人物相関図を頭に入れて観ることをオススメ。 できれば家系図も書いてみよう~ ドラゴンタトゥーシリーズ初体験の私、期待以上に楽しめたyo☆ 「ドラゴンタトゥーの女」 公式サイト 冒頭からスタイリッシュな映像…
トラックバック:53
コメント:38

続きを読むread more

「TIME/タイム」☆アメリカ版ねずみ小僧

奇抜なアイデアで発想が最先端なのに、どこか物語りは古典的。 この頃、このタイプの映画が多いような気がするのは何故? わくわくするようなSFの世界もアイデア止まりで、胸に響く何かが足りない・・・ 「TIME/タイム」 公式サイト <ストーリー> 科学技術の進化により老化は完全に無くなり、全ての人間の成長は…
トラックバック:39
コメント:26

続きを読むread more

「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1」ヴァンパイアよりモンスター

そろそろどうでもよくなってきた感のあるトワイライトシリーズ。 今回の目玉は、ヴァンパイアよりモンスターなべラ! まだ人間なのにー? 結婚したら人間やめてヴァンパイアになると決意しているのは知っているし・・・・ トワイライトファンならいよいよのラブシーンも、それ以外の人にはただのラブシーンで、最大の特徴だった胸キュンシ…
トラックバック:21
コメント:18

続きを読むread more

「デビルズ・ダブルーある影武者の物語ー」映画以上の真実

正直観終った時は、『これは誇張した物語だろう、この映画を公開してイラクの人怒らなかったのかな?』と思っていた。 しかし帰って公式サイトを調べてビックリ! 「(脚本化を)渋々諦めなざるをえなかった、映画に適さない部分もあった」と、モデルとなった本人の手記で語られるくらい、現実はもっと悲惨だったという・・・・・ 「デビルズ…
トラックバック:17
コメント:20

続きを読むread more

「探偵はBARにいる」やわらかいハードボイルド

学生時代、ススキノの飲み屋に新聞配達のバイトをしていたパパン。 きっとススキノが舞台で懐かしいよ?と、最近めっきり私の映画に誰も付き合ってくれないので、こんな誘い文句で連れ出してみた。 そしてあの校舎は、本当に北大の理学部なんだそうな。 「探偵はBARにいる」公式サイト <ストーリー> ススキノ…
トラックバック:38
コメント:26

続きを読むread more