「ファーザー」アカデミー賞主演男優賞受賞☆アンソニー・ホプキンスの名演技

主演男優賞を受賞しただけにアンソニー・ホプキンスの演技は実に素晴らしく、それに引けを取らないほどのオリビア・コールマンの名演技が涙を誘う。
そして斬新な認知症患者目線の映像と展開によって、こちらまで見事に混乱させられてしまうのだ。我々は主人公アンソニー(アンソニー・ホプキンス)同様そこに真実を見つけ出そうとするけど、答えはほぼ無い。
何とも胸が苦しくなる映画だ。

「ファーザー」アカデミー賞主演男優賞受賞作品
ファーザーポスター.jpg
娘のアン(オリビア・コールマン)が買い物から帰ってくると、世話をしてくれていたアンジェラを辞めさせたことを叱責された。
彼女は恋人のいるパリへ行くから年老いた父を一人にするのが心配だと言う。
ある日パリにいるはずのアンの夫がリビングにいたが、帰ってきたアンは自分の知らない女性だった。
別の日にアンは新しいヘルパーを連れてきたが、長い事会っていないアンの妹に似ているので上機嫌になり、タップダンスをしてみせると大笑いするので気分を慨してしまう。
ふと夜中に目を覚まして廊下に出ると、そこは見たこともない病院のドアが並んでいて・・・

ファーザー男.jpg
冒頭登場するアンはパリに行くと言っていたのに、次には夫とアンの家に居て二人は何やら自分を老人ホームに入れようと画策しているようだし、かと思うと別の男がアンの夫を名乗り、現れたアンは別の女性・・・と、見ているこちらがアンソニーと一緒に混乱していく。
さて、この中に真実があるのね?と思って見るがどんどん判らなくなってしまう。つまりこれこそが認知症の方の目線だということ。
ファーザーアンソニー.jpg
普段からクラシックを好んで聞いたりするアンソニーはかなり財産も教養もある人物だったことが判る。
その分プライドも高く、物忘れがひどくて時計を度々失くすのをヘルパーが盗ったと言って突然激高したりするのは、アンソニーのみならず一般的に認知症の症状の典型的なものの1つだけれど、それ以外の症状はあまり酷く描かれていないのが、ある意味この映画のミソと言える。
認知症の症状に関しては枚挙にいとまがないけれど、それを語っても意味がないし、逆に本人は完全にしっかりしていると思っている感覚が大切なのだ。
ファーザータップ.jpg
妹の方を可愛がっていたとお気に入りのヘルパーに話す父に、ぐっと涙をこらえるアンの姿が痛ましい。
この涙は結婚もせず父を支えてきた自分に対しての涙か、はたまた妹の過去を思っての事か・・・?
ファーザー家.jpg
似たような間取りで似たようなドアが並んでいるリビングや広々とした玄関ホールが度々登場するけど、よーく見るとちょっとずつ違っている。これもまた細かい演出な訳だけど、そもそも外国の家はどれも似ていて日本人は余計気付きにくいかも・・・?
自宅にいると思ったのに?娘の家に越してきたと思ったのに?ここはいったい・・・?この感覚が映画の最も大切な部分となっている。

ヒューマンドラマでありながら感動的涙のハッピーエンドにはなっていない、静かに胸に深く刺さる映画となっている。
今年のアカデミー賞ノミネート作品はそのほとんどがこのタイプの終わり方で、非常にハリウッドも成熟してきていると感じた。

"「ファーザー」アカデミー賞主演男優賞受賞☆アンソニー・ホプキンスの名演技" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント