「ソウルステーション パンデミック」☆新感染シリーズのエピソードゼロはやるせなさMAX

先日見て面白かったヨン・サンホ監督の映画「新感染 ファイナル・ステージ」☆ウェットなバイオハザード×マッドマックスの「新感染」シリーズは実は3部作。

2016年の「新感染 ファイナルエクスプレス」が相当面白かったけど(レビューは書いてない)、そのエピソードゼロ的作品はアニメだったと最近聞いてamazonプライムで早速見てくることに☆

「ソウルステーション パンデミック」
ソウルST地下鉄.jpg
ソウル駅地下街に暮らすホームレスの男性は、首から血を流して苦しんでいる兄を助けようとあちこちに助けを求めるが取り合ってもらえない。遂に死んでしまったと駅員控室へ駆け込むが死体は跡形も無かった。
木賃宿に恋人キウン暮らすヘスンは宿代を工面するために売春を強要され喧嘩になり部屋を飛び出す。すさまじい勢いで増殖するゾンビに遭遇し、ホームレスの男性と共に逃げ惑う。
一方ヘスンの父親と合流したキウンは必至でヘスンを探すのだが・・・

ソウルSt警察.jpg
ゾンビ映画には似つかわしくないほど、冒頭出てくるホームレス男性も主役のヘスンものったりしている。
暑さと空腹のためなのか動きが緩慢、喋りもゆっくりで最早、韓国の底辺に生きる人間はつまりゾンビなのだと言わんばかり。
そのため少々イラッとしなくもないけれど、私は映画サイトで低い評価ほど悪くないと・・・いやむしろこの監督の感性好きだわ~と思ってしまうほどラストは絶品だった!
ソウルST父.jpg
完全なるヒモ男のキウンが超ムカつく。
元々お金を稼ぐ女性の間男になるのなら判るけど、風俗から逃げてきた女性を助けるふりをして結局彼女に身体で稼がせるとか、あまりに酷すぎて、中盤から合流するヘスンの父親に早く会わせてあげたいと心から願ってしまう。しかしなんと!!という驚きの展開が見事。
ソウルSTぶらさがり.jpg
バリケードを組んでいたデモ隊を一掃すべく出動した軍隊は、彼らがゾンビに襲われて逃げ惑っているとは知らず容赦なく撃ち落とす。

ゾンビが増殖するのは最初がホームレス、次が集会を開いている若者たち・・・と、「ウイルス」が広まって行くのはこのように弱者からなのかも。
私好みの救いのないラストは韓国映画ならではだけど、ある意味最悪のどんでん返しの中のどんでん返しでスカッと出来るのは間違いなし☆


"「ソウルステーション パンデミック」☆新感染シリーズのエピソードゼロはやるせなさMAX" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント