「劇場」最後の号泣シーンまでムカつくけど我慢の甲斐あり

1作目でも主人公はどこまでも「クソ」だった。
「クソ」なダメ男を描かせたら、小説家又吉氏はある意味右に出るものが居ないのではないかしら。
「劇場」(7月17日公開)公式サイト
劇場.jpg
店でコーヒーを飲むお金すらない永田(山崎賢人)は偶然出会った沙希(松岡茉優)をナンパしてご馳走になる。
二人はいつしか惹かれあうようになり、永は沙希のアパートに転がり込むが、前衛過ぎる永の劇団は酷評ばかりで劇団員は解散寸前だった。
沙希のバイト代と実家からの食糧で食いつなぐ二人だったが、遂に沙希は夢だった女優の道も服飾系の大学も諦め、昼夜問わず働くようになる。
そんな沙希に優しい言葉すらかけずに、自己嫌悪と自己顕示欲にさいなまされた永は沙希のアパートを出て一人で暮らすうちに・・・

劇場珈琲.jpg
とにかく松岡茉優の演技が自然体で見事。
青森から出てきたばかりの、ちょっとぽわぽわとしてあざとくない程度にブリッこな沙希から10年後27歳になって毎夜酒に溺れるようになった沙希まで、ほとんど沙希の家の中という限定された空間でもここまで自然体なのにきちんと違いを出しているところがまず見事!

もう一つ素晴らしい所は二人のラブシーンが1回も無かったこと。本来ならベタベタのラブシーンがあっても良さそうな物語に、手をつなぐことも恥ずかしい永くんの不器用な愛が見事に描かれている。
劇場仲間.jpg
対してイケメン山崎賢人はほぼホームレス状態の風貌で、恐れずに(?)とにかくムカつくダメ男を好演している。
そんな彼に共感できるところは1ミリもなく、こういう男性を支えたいと思う健気な沙希の気持ちにも全く共感できなかった私。
いやはや、何が嫌いってこういう男が大嫌いなのだ。
そして「とかく芸術家ってこうだよね♥」と奔放で身勝手なアーティストを支える私ってステキな『自分に酔っている』女性も苦手。愛妻家の芸術家だっていくらでもいるでしょう?

ところが、原作者又吉直樹と行定監督、演者の山崎賢人のインタビューを見るとどうも多くの男性が「これは俺だ」と思うらしい。
そして実際下北沢あたりにはそういった人物がゴロゴロいるのだそう。

劇場 椅子.jpg
互いに心の支えであったのに、その一言が言えずに・・・

事実、沙希は10年間を無駄に永くんに捧げていただけではなく、地方から出てきたばかりの彼女にとって彼が救いであったのは事実。
ほんの少し自分の気持ちに素直になれていたら・・・と永の無駄に高いプライドと他人に嫉妬してしまう小さな自分に気付いてしまう恐怖と抗う気持ちに、少しずつ永に寄り添い始める自分が居る。

80%永のクソっぷりを見続けて、ひたすらムカつく思いに耐えていると、ラストに待っている思いがけない演出方法にたちまち号泣の私。
小説を読むように一人称で語る主人公は、作者又吉氏本人でもあり、彼の憧れ、いや全ての男性憧れの姿なのかも。


映画館公開と同時にamazonプライム配信という斬新な方法を選んだ本作。
今の時代に即した映画公開方法は正解ね☆


"「劇場」最後の号泣シーンまでムカつくけど我慢の甲斐あり" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント