試写会「リチャード・ジュエル」メディアリンチは他人事ではない!☆イーストウッド監督の底力

年明けてから最初の試写会は今度90歳になるクリント・イーストウッド監督の「リチャード・ジュエル」
題名としては地味なので危うくスルーするところだったけれど、これは今こそ見るべき秀作なのである。

「リチャード・ジュエル」 公式サイト(1月17日公開)
リチャードポスター.jpg
正義感が強すぎる心優しいリチャードは母と二人暮らし。
保安官をクビになりライヴ会場の警備員をしている時、ベンチの下に怪しいリュックを見つけいち早く観客を非難させ、被害者は出たものの多くの命を救い一躍ヒーローになった。
しかし数日後、FBIが自作自演の犯人としてリチャードを調べているという情報が洩れ、彼は一気に爆弾犯にされてしまう。
はみ出し者の弁護士ワトソンに助けを求め二人はFBIを相手に戦いを挑んでいくのだが・・・

リチャードライブ.jpg
真面目で正義感が強すぎてちょっとやりすぎちゃう感じのリチャードを、事務所の備品係の時代から描くことで良く表している。
スニッカーズ補充の為とはいえ(笑)人のデスクの引き出しを勝手に開けるのはどうよ?と思わないでもないけど、いつも周囲に目を配っていて素晴らしい働きぶりだからこそ、警備員としても仕事を全うできたのだ!
リチャード母.jpg
ヒーローから爆弾犯へ、一気に奈落の底へ落とされる。
息子を想う母親にキャシー・ベイツ。
かなり早い段階から会場はすすり泣きがあちこちで聞こえてきたけれど、最後の記者会見のシーンはもう落涙!!ぽたぽた涙が落ちてしまったけどハンカチ準備しておいたので大丈夫♪
リチャードFBI.jpg
FBIはアトランタオリンピックの年なので事態を早く収束させようと、犯人でっち上げに必死・・・ってそんな事ホントにあるのね??
ずさんな捜査に呆れ返るけど、それよりもリチャードの生真面目さで思わず笑っちゃうシーンが多々あって、この重たくムカつく話をホッとさせてくれるのだ。

とにかくリチャードの人間が出来ているというか、温厚な性格が立派!
日本人の私たちにはピンとこないけど、実に忠実にご本人の喋り方や仕草を再現しているのだそう。
リチャード弁護士.jpg
破天荒な弁護士だけが、いつも彼を支えてくれる。無謀だからこそリチャードを救えたとも言える。
実話物とは言え最後はスカッとさせてくれる。と、同時にあれだけ犯人扱いしておいて、訂正記事はほんの小さくしか載らないという、別の意味でモヤモヤは尽きない。


今回は豪華な登壇者が!右から阿部祐二さん、デーブ・スペクターさん、長野智子さん、下村健一さん。このあと客席にカメラとライトで照らされてビックリしたら、私の斜め後ろに河野義之さんが座っていらして壇上へ。(松本サリン事件で犯人扱いされた方)
Clipboard01555522.jpg
デーブさんが「この映画NYで観ましたが、字幕が無くて判らなかった・・・」とジョークを飛ばしたりもあったけど、メディアの有り方ついて考えたりとかつてない有意義なトークで、試写会の登壇者はこうあるべき!とつくづく思ったのだった。
河野さんはこの映画のモデル、リチャードご本人と当時対談したことがあったそう。
下村氏もリチャードは今でも毎年密かに現場に行って一輪の薔薇を手向け、自分がもう少し早く爆弾に気付いていたら亡くならなくて済んだのかも・・・と自戒の念を込めて祈っているのだと話していた。
Clipboard01774422.jpg
この映画のテーマとなっているのは、スクープを取らんとするメディアによる無責任な取材で人権を奪うメディアリンチ。
本来無関係であるはずなのに、憶測でしかないメディアに踊らされる人々による誹謗中傷。

この映画は実話なのだけれど、今の様にSNSがなかった1996年ですら、いとも簡単に全米から犯人扱いされてしまった事を考えると、あっという間に拡散されてしまう今の時代、SNSリンチに遭うこともSNSリンチする側になることも自分と無関係ではないのだと思うと恐ろしい。
今一度、安易に「いいね!」を押すことにどんな意味があるのか、どういう事になるのか?情報のソースがどこにあるのか改めて考え直すべきだろう。

"試写会「リチャード・ジュエル」メディアリンチは他人事ではない!☆イーストウッド監督の底力" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント