しゃくれベイル「フォードvsフェラーリ」☆主演男優賞ノミネートも納得

それって面白いの?とママ友にいぶかしがられただけでなく、パパンにまで同じ質問をされたけど正直面白い。
物語としては速い車を生み出すために情熱を費やす男たちと、熱い友情、企業戦略の実態・・・と想像の域を出ないのだけれども、クリスチャン・ベイルの演技が見事に光っている。
そのうえ題名は「フォードvsフェラーリ」といいつつフェラーリ側はほぼ描かれてはいない。
とはいえ何しろ映画で使われているのはコレクターから集めた本物のフォードやフェラーリがずらり。車好きの男性でなくともワクワクしてしまうのだ。

「フォードvsフェラーリ」公式サイト(1月10日公開)
フォードポスター.jpg
人気レーサーを引退し気鋭のカーデザイナーで実績を上げるシェルビー(マット・デイモン)は、自動車メーカーのフォード社からル・マン24時間耐久レースでフェラーリに勝つ車を作るように依頼を受ける。
生活に行き詰っていた敏腕レーサーのケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)とタッグを組み、フォード社では絶対不可能と言われた最速の車の制作に乗り出すが・・・

Clipboard01888666.jpg
これがやたらしゃくれているのである。
最後までそのことに気付かず、「あれ?クリスチャン・ベイルってこんな顔だったかしら・・・?」と思いながら観ていた私。
つまりそのくらい自然体なのだ。日に焼けて油まみれの無鉄砲な車バカをごく自然にその顔つき仕草だけで、映画では描かれていない彼の生い立ち・人生までも表現しきっている。これぞカメレオン俳優クリスチャン・ベイルの真骨頂!
痩せて太ってまた痩せて再び太って・・・を繰り返してきた彼だけれど、痩せるとか太るとか禿げるとかしなくても、こうして全く別人になれる彼は、やはりゴールデングローブ主演男優賞ノミネートも納得の俳優なのだ☆
フォードレース.jpg
互いにリスペクトし合いつつも、大企業フォードにおもねる形でしかこのプロジェクトを続けられない苦い現実を突きつけられるが、彼らの目標「世界最速の車を作る」に向けて、失望することなく立ち向かっていく姿は男気マックスで胸が熱い☆
Clipboard01665444.jpg
極限まで車高の低いフォードGT40で疾走するレーサー目線のレースが激ヤバい!!
普通カーチェイスものの映画は寝てしまう私なのだけれど、一瞬のスキがクラッシュに繋がる緊張感を観客はそのまま味わうことになって、寝られる余地無しなのだ!!
フォード親子.jpg
家族思いのマイルズは息子に物凄く良い言葉を残す。
好きな事にだけ打ち込んで結果も出し、愛する息子に尊敬され、さらに心に響く教えを残す・・・これって全男性のあこがれでは??

事実を物語にすると平坦な印象で終わってしまう事が多いけれど、この映画は物作りの現場で大企業の経営陣と戦う姿や、マクラーレンは聞いたことあるけどケン・マイルズって知らなかったわ・・・の事実を知ることにもなり大変興味深い。
しかしそれよりも何よりも、車がカッコイイ!!この程度の表現しか出来ないのに、試写会観に行ってゴメンナサイというくらい。
クールでセクシーな車のボディラインに惚れ惚れして、ああ、車種が判ったらどんなにか良かったかとつくづく思う私なのだった。

"しゃくれベイル「フォードvsフェラーリ」☆主演男優賞ノミネートも納得" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント