マーティン・スコセッシ×ロバート・デニーロを見る「タクシー・ドライバー」「キング・オブ・コメディ」

衝撃的だった映画「ジョーカー」が、多くのシーンでマーティン・スコセッシ監督の「タクシー・ドライバー」や「キング・オブ・コメディ」へのオマージュを感じさせると言う多くの人のレビューを見て、両作品を一気に鑑賞。
なるほど!確かに両作品の主役を演じていたデニーロが、「ジョーカー」にも逆の立場の役柄で出演していたり、類似点もいっぱいあって色々な発見があったyo

「タクシー・ドライバー」(1976年)
タクシードライバー (字幕版)
タクシードライバー (字幕版)
NYのタクシー運転手26歳のトラビス(ロバート・デニーロ)は、選挙運動の助手をしているベッツィ(シビル・シェパード)に一目ぼれしデートに誘うも、いきなりポルノ映画に連れて行って怒らせてしまう。
何度誘っても無視されたトラビスは、身体を鍛え拳銃を入手する。
選挙戦での暗殺行為が失敗し、夜の街で出会った12歳の娼婦アイリス(ジョディ・フォスター)が働く売春宿へ駆けつけたトラビスは元締めの男たちを撃ち殺す。しかしアイリスの両親からは感謝され新聞にも英雄として報道される。

夜のゆらゆらするタクシーからの景色が続く画面で、何度見ても睡魔と戦う羽目になってしまう(笑)
名作の呼び声が高いけれど、初デートでHな映画に連れていくとか、振られたら拳銃を買ってテロ行為を計画するとか、その辺りの気持ちには全く寄り添えなくて今一つ世間の評価ほどは高くない私。
でもラストのシーンは一回り大きくなった男トラビスにぐっとくるのだ。


「キング・オブ・コメディ」(1983年)
The King of Comedy (字幕版)
The King of Comedy (字幕版)
コメディアンを目指すルパートは人気コメディアンのジェリーに接触を図るが、なかなか相手にしてもらえない。
熱狂的ファンの女性と手を組んでジェリーを誘拐し、番組出演を承諾させる。
番組では人気を博し無事放送されるが、その場で逮捕される。その後獄中で執筆した本が大人気で遂に不動の人気コメディアンとなる。

同じデニーロとは思えないほど、しっかりコメディアンになり切っている!

確かに映画「ジョーカー」に類似点もある。
特にジョーカーが捉えられた医療刑務所(?)の廊下を右へ左へと逃げていくまさにラストシーンは、ルパートがジェリーの事務所で警備員に追いかけ回されるシーンと全く一緒。
人気番組に出演する夢や妄想に支配されている感じや、最後にメディアや一般市民により英雄として持てはやされる様になる映画の終着点は3作品とも同じだ。

ただ、脳に疾患のあるアーサー(ジョーカー)に対して、ルパートはラストの番組放送までは誰もが『彼は頭がイカレテいる』と思わせておいて、実はよく練習も勉強もしていて実力も才能もある人物だったというところが大きく違う点。

加えて上の2つの作品は男を挙げるのが本当の目的で、『イカれた』行為に走る無鉄砲さを描いていて犯罪そのものには興味を持っていない。
対して「ジョーカー」のアーサーは抗う事の出来ない大きな力に翻弄され『致し方なく犯罪に手を染め』たらいつしか目的が「犯罪」となっていく・・・
いずれにしても『承認欲求』を満たした先が上の2作品と「ジョーカー」では正反対だったことが良くわかり、「ジョーカー」で私が流した涙の訳が判ったような気がしたのだった。




"マーティン・スコセッシ×ロバート・デニーロを見る「タクシー・ドライバー」「キング・オブ・コメディ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント