新作「ペットセメタリー」(2019)☆ホラー色強めでカムバック

長い事ホラーの傑作は「ペットセメタリー」だと思っていた。
家族を愛する切なさMAXの胸を打つストーリーは、ただ怖がらせるだけのホラーとは一線を画して、私の中で長い期間唯一無二の愛すべきホラーとなったのだった。

そして駄作だった「ペットセメタリー2」の存在を全く知らないまま、「ペットセメタリー2019」が公開される。
Clipboard017676767.jpg
「ペットセメタリー 2019」 公式サイト(1月17日 公開)

<ストーリー>

新天地を求めて田舎に越してきたルイス(ジェイソン・クラーク)一家。
ある日飼い猫のチャーチルがトラックに轢かれてしまうが、娘のエリーの為に向かいに住む気の良い老人ジャド(ジョン・リスゴー)の言うままペットの墓地の更に向こうにある先住民の呪われた土に猫を埋めると、翌日猫が凶暴な姿に変貌して戻ってくる。
エリーが誕生日パーティーではしゃいでいると、家の前を通るタンクローリーに巻き込まれ死亡してしまう。
葬儀の後、妻レイチェルと息子を実家に帰し、ルイスはエリーを墓から掘り起こすのだが・・・


Clipboard018877112.jpg
冒頭から結構なホラー色強くスタートする
そもそもルイス役のジェイソン・クラークがホラー顔だ。この風貌でしかも随所にホラーテイストを散りばめているので、最初からビクビクする羽目になる。
Clipboard0100008890.jpgお向さんのジャドは呪われた墓地に埋めるとどうなるか知っているのに、何故ルイスにその存在を教えたか今回も謎

1983年版も小説に忠実だったけれど、今回は自殺しちゃうお手伝いさんのパートは無く、その分妻レイチェルの身体不自由だった姉とのエピソードが繰り返し登場する。
これはレイチェルの深層心理を強調してのこととしても、私個人としては奇形として不自由な姿で生まれた姉を化け物の様に描いている点で、不愉快極まりない。

Clipboard01089900788.jpg
1983年版では下の息子がトラックに轢かれるのだけれど、今回はお姉ちゃん。ポスターで判ると思うのでネタバレしちゃうけど、この改変が吉と出るのか凶と出るのかは微妙なところ。
愛らしい顔のエリーが次第に…Clipboard01887000.jpg
良く見るとこの子もホラーテイストの顔立ち(笑)最初は結構可愛かったのに!!なかなか絶妙な変貌ぶりと演技に大きな拍手~!

わりとスティーブン・キング原作に忠実に作られたんじゃないかなと言う印象。例えば彼のどの小説を読んでも感じる『60年代70年代に当たり前のように公然と表していた差別的な気分』を隠さず描いている。
それでも「ペットセメタリー」が大好きだったのは、そこに抗いきれない家族への愛があったヵら。
なのに・・・私の好きな「ペット・セメタリー」じゃなくなってる!!

それはまるで今回の監督が1983年版の映画を禁断の土地に埋めしまって、それが凶暴になって帰ってきたかのようで・・・



"新作「ペットセメタリー」(2019)☆ホラー色強めでカムバック" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント