「俺たちのラストステージ」☆愛に満ちて涙があふれる

コメディ映画によく使われる題名のイメージと、予測されるありきたりな副題「可笑しいのに、涙が止まらない」がなんとなく陳腐で、多少期待を薄目にして観に行ったのだけど、なんと!!これ本当に涙が止まらなかった!!


まだ白黒映画が全盛だった頃の、アメリカのコメディ界を席巻したお笑いコンピ「ローレル&ハーディ」が、紆余曲折あって晩年に再起をかけてイギリスを巡業した時の実話。

チャップリンとも組んだことがあるローレルだけに、お笑い的には古くて私には笑えるネタではないけれど、じわりじわりと泣けてきて最後まで涙が止まらないのは本当だったyo

画像
「俺たちのラストステージ」 公式サイト(4月19日公開)

<ストーリー>

白黒コメディ映画で大人気を博していたお笑いコンビのローレル(スティーブ・クーガン)とハーディ(ジョン・C.ライリー)は、ローレルが彼らを見出したローチ(ダニー・ヒューストン)と揉めたことで袂を分かつことになって久しかった。
晩年になり再び再起をかけてイギリスでの再出発を目論んだものの、お客はなかなか入らなかったが、若手並みの営業もこなしていくうちに、ついにはロンドンの劇場のチケットは完売した。
ロンドン公演の前にサヴォイホテルへ妻を呼んだ二人だったが、パーティで二人は大喧嘩になり…


画像
ストーリーとしてはお笑いのコンビを組んでいる人にとっては、あるある過ぎるお話でしょう

互いの意見が食い違い、そのことでコンビが解消したり、片方だけが売れたり、ネタを作るほうは大変でもう片方は遊んでばかりとか、片方だけがバチバチ叩かれたり痛い目にあったりとか(古いコメディはそんなのが多かったよね)

互いに不満を持っていても、それでも互いを必要とし大切に想うのは、どこか夫婦に似たところもあり…

画像
実際のふたり このたっぷりお肉のハーディそっくりに太ったジョン・C・ライリーは特殊メイクなのかな?

イギリス巡業の最初の方に登場する『駅の階段でやっと運び上げた木箱を下まで落としてしまう』のシーンはこちらの二人のコメディ映画「極楽ピアノ騒動」をリスペクトしたもの。

何でも破壊して、やたら痛い目に遭って最後に滅茶苦茶になるドタバタ喜劇。昔のお笑いのスタイルだったよね~
ちょっとドリフっぽいかんじ。

画像
ロンドンのサヴォイホテルへ妻を呼ぶ  あえてプライベートな部分を取材させるというのもプロモーションの一つだったのね。
今やパパラッチを追い払うのが当然…どころか、一般の人までSNSで拡散する時代になるんだから~~

ちなみにハーディの奥さん役は声が特徴的なシャーリー・ヘンダーソン。ハリポタでトイレに住んでいる嘆きのマートルの人!!この声~~っと思いながら観ていたけど、まさか年齢が私と変わらない人とは…
画像
夫の健康管理に厳しく、妻同士がバチバチ火花を散らせているのも、ひとえに夫を愛するがため…

水に落ちたり痛い目に遭ったりと言うネタを書くローレルに不満を持つハーディの妻。
妻が夫を大切に想う気持ち、コンビが相手を大切に想う気持ち、愛情を持っているからこそ封印してきた本音を初めてぶつけて、そこから生まれる真の友情・愛情にウルウルと涙が止まらない。

画像
玉の汗をかきながら演じる舞台に、思わず私も手に汗握り大きな拍手をしたくなった

そっと涙を拭きながら、「妻が管理しないとすぐ紅茶にシュガーを4つも入れちゃって、だから倒れちゃうんだよね…」と内心思っていた私。
まさに愛が溢れる愛おしい映画だった。



"「俺たちのラストステージ」☆愛に満ちて涙があふれる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント