「女王陛下のお気に入り」映画ゆかりの地をたずねて☆祝!主演女優賞

まさに本日、アカデミー賞主演女優賞を獲得したオリヴィア・コールマン。
確かに醜女(しこめ)をここまで思い切って出来る女優がはたして他にいる??!「バイス」のクリスチャン・ベイルも20Kg増やして頑張ったけど…(≧▽≦)


ポスターが地味だしと思っていたら、こんなに面白い作品だったとは…
画像
「女王陛下のお気に入り」 公式サイト

<ストーリー>

アン女王(オリヴィア・コールマン)の幼馴染のレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)は、痛風で気まぐれ・決断力と学のない女王に替わってイギリス国内の全てを掌握し、絶大な権力を握っていた。
そこへ没落貴族のアビゲイル(エマ・ストーン)が従姉妹のサラを頼ってやって来た。
元貴族でも女中の下働きから始めることになったアビゲイルは、サラに取り入り次第にアン女王にも気に入られていき…


画像
夫婦仲が良く17回も妊娠して、全て流産・死産・幼少期に子を失くしたのも史実のとおりだそう
ウイスキーが好きで実際に太っていて、亡くなった時は棺桶が正方形だったとか…

幼馴染のサラが全て権力を握っていたのも史実の通り。二人の女性と本当に愛憎劇があったかは別として、この驚くべきドラマは全て実話に基づいているというのにまず驚き、300年前のこととはいえ王室の恥部をここまで赤裸々に描いているとういうのも驚き☆

画像
「ウォーム・ボディーズ」の白塗りゾンビメイクもびっくり、ニコラス・ホルトの化粧に「この映画はコメディ?」って思っちゃうけど、当時はそれこそ大真面目に男性は化粧をしてカツラを被っていたわけで…

今でも裁判の時には皆こんなカツラをつけている英国。この映画がコメディだったら、英国自体がコメディってことになっちゃうne
特に苦笑したのは裸でカツラだけは着けてフルーツ投げをして遊ぶ男たちのシーン。民に税を倍額払えといいながら、宮殿ではこんなことをしていたのかと思うと情けなくて…

それより気になったのは、貴族がふざけて投げ合うフルーツやウサギのフンで床が汚れる事!
実はこの映画は15世紀に建てられた本物の宮殿でロケしているのだ。
画像
エマ・ストーンのやんちゃな演技は見もの!彼女の高慢でない自然体の演技がこの役にピッタリ~
思わずラスト近くまでアビゲイルの応援をしながら観てしまうのだけど、実は物凄い野心家な事が発覚するラストは『本当の愛情って?』と考えさせられてしまう。
実際サラの歯に衣着せぬ発言は女王にとって厳しいものだったかもしれないけれど、アビゲイルが権力を乗っ取ったあとに、どんどん痛風が悪化していくアン女王の姿を見ると、実はサラは母親のように厳しいけれど本当に彼女の為を想っての事だと気付くのだ。
画像
さて、ロケが行われたのはハットフィールドハウス 公式HP(2011年撮影)➡ロンドン観光地めぐり☆映画撮影はハットフィールドハウス
15世紀に建てられた宮殿で最近では「パディントン」や「トランスフォーマー最後の騎士王」など多くの映画が撮影されたらしい。
私がロンドンに住んでいた時に見たお邸の中では群を抜いてゴージャスな宮殿で私にとってもお気に入り♪手前のメイズも素晴らしい!
画像
画像
女王の部屋は額が沢山飾られている部屋が使われた(室内は撮影禁止だったのでHPから拝借)
画像
画像
舞踏会や夕食会のシーンなどで使われた部屋。
サラが楽しそうに踊っているところを見つめるアン王女の目に涙がジワリと滲んで、そこに華やかな舞踏会の様子が映っているシーンは秀逸!思わず私も泣きそうに…
画像
画像
アビゲイルが度々本を読んでいたサラの寝室
流石に図書室が寝室っていうのは、やや不自然かな。
画像
画像
特徴的な暖炉がとっても優美☆
サラ役のレイチェル・ワイズは聡明で時に厳しく、時に優しく母親・父親そして恋人となってアンを導く役柄にぴったり!最後の国を追われる時まで、凛として貴族然としている姿に感服してしまったwa
画像
画像
劇中何度も行き来する天井が金色の大広間!ここまでゴージャスな宮殿は他には無いyo
表の廊下の他に真っ暗な裏の廊下を通って隠し扉から室内へ入るのも、バッキンガム宮殿でも見られる本当の話。

画像
身体まで張ってのし上がっていく女を怖いと見るか?貴族でも没落したら女中か娼婦の道しかないと思ったら、何だってするよね?


ワガママ放題に見える女王の不安・懇願・甘え・決意・失望・苦痛を瞳だけで表現するオリヴィア・コールマンの圧巻の演技はとにかく見事。おススメです☆

#女王陛下のお気に入り

"「女王陛下のお気に入り」映画ゆかりの地をたずねて☆祝!主演女優賞" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント