「ウィンド・リバー」☆凍て付くもの哀しさ

ただただ静かに立ちはだかる広大で荒涼とした大自然が、その過酷な地に追いやられたネイティブアメリカンの苦悩を静かに物語る。
そしてその結末は映画「ボーダライン」のラストと同様、事件は解決するのに、胸に深く突き刺さったくさびを抜くことはない。


画像
「ウィンド・リバー」 公式サイト

<ストーリー>

地元のハンターのコリー(ジェレミー・レナー)はインディアン居留地のウィンド・リバーで若い娘の遺体を発見する。
やっと到着したFBIの新人捜査官ジェーン(エリザベス・オルセン)は、レイプされ裸足で逃げ出したものの寒さで肺が破裂したことが死因では応援を要請できないと苦慮していた。
娘も同様に亡くしたコリーに協力を求め、ネイティブアメリカン居留区の捜査はしない州警察に代わり、部族警察長のベン(グレアム・グリーン)と3人で犯人を追い詰めるのだが・・・


「ボーダーライン」の脚本のテイラー・シェリダンが監督。
なるほど~好きだわこの人の作品。

画像
マイナス30度にもなる過酷な地にネイティブアメリカンは追いやられた

荒涼とした景色は晴れていれば青空と美しい白銀の世界だけれど、変わりやすい天候はすぐに吹雪へと姿を変える。
まさかそういった地ではマスクもせずに外を走っただけで肺が破裂するなんて!!

そう言えばノルウェーでもマイナス10度くらいになると息をするだけで鼻の中がパリパリと凍ったものだった。
そして冷気に慣れさせるために、ママはカフェでもベビーはムートンの毛皮に包んでバギーに載せて外に出しておいたのを思い出す。
肺を赤ちゃんの時から鍛えないと生き抜けないのだ。


画像
二人の悲哀とかすかな希望が、より一層もの哀しさを増す

最後のテロップには「数ある失踪者の統計にネイティブ・アメリカンの女性のデータは存在しない。実際の失踪者の人数は不明である」とある。
果たして州警察の権限が及ばない自治区であることは自由なのか?逆に自由を与えることで国の保障を与えない理由にしているのか?

地の果てとも言えるような過酷な土地に追いやられたネイティブアメリカンが住むウィンド・リバーには、FBIですら新米捜査官を派遣する程度に軽視されている事がうかがえる。
画像
とにかくキャスティングが素晴らしい

娘を無残な姿で失った父親を、終始渋い顔でジェレミー・レナーが好演。とにかく見事!
FBIのエリザベス・オルセンもナイスキャスティング♪美人過ぎない、やり手感薄いけどバカっぽくない彼女で大正解~~と心の中で拍手しちゃった☆
敵と対峙してトンデモナイ撃ち合いになった時も、アベンジャーズの特殊能力出せばいいじゃん!みたいなことは一切思い出さないくらいの自然演技ですっかりのめり込んでしまったwa☆

画像
冒頭の不穏な音楽から、エンディングのもの哀しく静かな曲まで、凍て付いた土地で生きる彼らの苦悩を見事に表現している

多くを語らないのに、次第に事件が解明されていく展開も秀逸。
しかし腕利きのハンターのコリーがつけた決着は、本来ならスッキリとするところだろうけれど、この作品はそれを許さない。

それは「その」事件の犯人を成敗したからといって、問題は何も解決されないからに違いない。
個人的に前を向いて行こうと決意する『希望』が垣間見える結末だとしても、すぐ横には寡黙で過酷な大自然と差別が相変わらず横たわっているのだ。



"「ウィンド・リバー」☆凍て付くもの哀しさ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント