「ミッションインポッシブル/フォールアウト」☆原点回帰

往年のスパイ映画に原点回帰した単純明快カーアクションに、追って追われてが手に汗握るアクション超大作と呼ぶに相応しい作品♪
悪い人の名前を混同して、途中?になるものの、どれが本物でどれが偽物か、誰が味方で誰が敵か判らなくなってしまうのはスパイ映画ならでは。
ただ、平たく言うとトムちんのアクション発表会と言えなくもないような?(笑)

画像
「ミッションインポッシブル・フォールアウト」公式サイト

<ストーリー>

CIAから依頼を受けテロリストからプルトニウム回収うを画策したものの、敵に奪われてしまったイーサンは、お目付け役のCIAエージェントのウォーカー(ヘンリー・カヴィル)と共に、誰も顔を知らないシンジケート組織の幹部ラークに成りすまし、武器商人のホワイト・ウィドウ(バネッサ・カービー)と接触を計る。
自ら捕まえたレーンをCIAの護送中奪還する羽目になったイーサンは、かつての仲間イルサと対峙することになってしまい…


画像
パリのど真ん中で細い路地や車でいっぱいの凱旋門巨大ラウンドアバウトを逆走するところなんて、もういったいどうやって撮影したんだか!!?

スパイの綿密な計算よりも、どちらかというと行き当たりばったり計画が多く、激しいカーアクション、バトルアクション、話題のヘリアクションとトムのアクション魂を存分に魅せる展開になっている。

前作でCIAから離脱して秘密組織IMFとして活動することになったせい?冒頭のミッションを連絡する方法もどこかクラシックなのがまた良い☆
だけど組織力と共にスパイ能力も凡ミスが目立って…助手席に奪還したレーンを乗せて逃げるとかどうなん?

画像
前作から引き続き続投のイルサ(レベッカ・ファーガソン)は、続投だけに何かあると思ったけど、そんなにまで想い合ってったっけ??

「スパイ大作戦」や「007」と違って純粋に妻だけを愛し、女性とすぐにベッドインしないからこそ人気シリーズになったわけで、そこがトム・クルーズ作品らしさでもあるのだと思うけど、そんなにプラトニックなものを「人生で愛した女は2人だけ」って言いきるって(笑)

画像
実際にトム・クルーズが骨折したシーンは、知っているだけに周囲からも「はうっ!!」と思わず声が漏れる

最大の魅力はトム・クルーズ自らスタントをする事だから、『アクションものはCGやスタントマンで補っているし、善人は必ず助かるから逆に安心して観れる』を大きく覆して、本気でひやひやしてしまうのがこのシリーズの特徴。
特に今回のヒヤヒヤ率は激しく、観ているこちらも力入りまくり!!

骨折したあとも走ったと言っていたけど、この後のシーンのオリンピック選手並みの速さで屋根の上を疾走するところは、まさか骨折したままではないよね?

画像
愛した妻ジュリアと意外な所で再会

苦渋の決断で死別した(ことにした)二人だったけど、てっきり遠くで想い合っていると信じていただけに、ジュリアに新しいパートナーがいてちょっぴりショック…でも良い人がお相手で良かったね☆
イーサンもとたんにイルサといい感じに…(笑)

画像
お願い!合成だと言って!
と思わず手を合わせたくなるような、断崖絶壁のシーン。
トムちんの事だから本当に彼のスタントなのでしょう(ひえ~~っ)岩に挟まって転落していくところは、実写ならではの迫力☆


回を追うごとにアクションがド派手になっていき、トム・クルーズの命の危機が映画の評価の大半を担って行っているとはいえ、本物のアクションであることがどれだけ重要であるかを再認識できる作品。
ハラハラドキドキで内容はほとんど覚えてないけど(爆)、全身に力が入り過ぎて最後はグッタリ疲れるほど楽しめちゃったのだった♪



"「ミッションインポッシブル/フォールアウト」☆原点回帰" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント