「キングスマン ゴールデンサークル」☆英国の誇りと米国の宝

新年一発目に相応しく爽快でとにかく面白い映画!
やっぱりキングスマンシリーズにハズレなし☆


ただし復活したコリン・ファースも立派に成長したエグジーも、期待度満点だったチャニング・テイタムも、あまりにあっさりした活躍しかしなかった分、代わりに主役を喰ったのはなんとエルトン・ジョン!!


画像
「キングスマン ゴールデンサークル」 公式HP

<ストーリー>

ハリー(コリン・ファース)を失ったエグジー(タロン・エガートン)はキングスマンとして立派に成長し、スウェーデン王女(ハンナ・アルストン)のファミリーとの会食も順調だった。
そんな時、かつてキングスマンの試験に不合格になって恨みを抱いていたチャーリー(エドワード・ホルクロフト)が彼らを襲撃、キングスマンの本部は壊滅した。
生き残ったエグジーとマーリン(マーク・ストロング)は規約に従い、アメリカの「ステイツマン」を訪ね、彼らと協力してベトナムの秘密基地で病原菌を潜ませた麻薬を世界中に売りさばく悪の組織、ゴールデンサークルの悪だくみを阻止すべく潜入するのだが…


画像
高級車にサヴィル・ロウの高級テイラーで高級スーツと何もかもウットリ

今回も英国らしさはたっぷり魅せてくれる。
超高級な雰囲気のレストランで超高級なカトラリーを使って、超高級なドレスやスーツを着て、超マズイ物を食べる英国人のプライドが心地よい程に凝縮されている☆
でも今回は最初の方で木っ端微塵になってしまうけど(≧▽≦)

画像
アメリカではステイツマンが待っていた~~それにしてもチャニングがあっさりだったのは次回へのプロローグってことかな?

前作「キングスマン」でも端々に登場する英国VSアメリカ。
ウイスキーでもスコッチでもどっちでもいいじゃんと思えることを、同じ英語を喋るのに常に張り合ってる二国を茶化せるのがこのシリーズの最大の魅力とも言える。

画像
通称ウィスキー(ペドロ・パスカル)の見事な投げ縄と早撃ちもアメリカの誇り

雪山のシーンは王道スパイ映画の007を彷彿とさせる。
今回一番アクションの見せ場が多かったウイスキーはレーザー投げ縄が意外に凄い武器!

画像
敵のボスキャラのポピーをジュリアン・ムーアが好演

失態を侵すと巨大ミンチ機でバーガーのパテにしてしまうサイコなポピーがつくるバーガーも、一時期何が入っているか判らないと揶揄された安いバーガーの自虐ネタ??
「はい、召し上がれ」と差し出されたシーンはさすがにウエッと…

画像
アメリカの誇りポップカルチャーを再現した秘密基地は、ITロボットとの融合でまさにアメリカン!!
画像
復活を遂げたハリーのポンコツぶりも面白かった♪
前回のキングスマンで50を過ぎてから相当なトレーニングでアクションを頑張り過ぎて、もう年齢的にさすがに疲れちゃったのかな?と思えるほど、今回のハリーは精彩を欠いたアクション。
でも理由のあるポンコツぶりだったから、次回作ではまた華麗なアクションも見せてくれるかも??

今までエグジーの父親役だったハリーに代わり、父となってくれたマーリンのシーンでは涙!
♪カントリーロードがいつまでも耳に残る…

画像
そんなあれやこれやを完全に喰ってしまったエルトン・ジョン

どこからどうみてもそっくりさんがやってるんだよね??と何度も自分を信じ込ませようとする私。
彼が自ら楽し気に演じる自虐ネタにも度胆を抜かれてしまったyo

何しろ今回のテーマは麻薬。
前回は人口増加を地球の為に減らそうとする善き(?)団体が敵、そして今回は麻薬を撲滅ではなく麻薬を使う人間を撲滅する団体がゴールデンサークルなわけ。

アメリカの宝エルトン・ジョンもスウェーデン王女までもが麻薬の毒牙にかかっている自虐ネタもさることながら、何か考えさせられるテーマを盛り込んでいるのはさすがキングスマンシリーズ☆
どうやら次回作もこれなら期待ができそう~♪



"「キングスマン ゴールデンサークル」☆英国の誇りと米国の宝" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント