「インフェルノ」☆ホラー+アクション+謎解きゲーム

映画の公開前に、「トム・ハンクスが主演なら事件はもう半分以上解決したようなもの。」と思っていたのは大間違いだった。
一番のどんでん返しは最後までほとんどラングドン教授の活躍がない事(笑)

しかもラングドン教授の知力だけが頼りの謎解きミステリー映画のシリーズと思っていたら、今回はホラー&アクション映画だったとは・・・・


画像
「インフェルノ」 公式サイト

<ストーリー>

何者かに襲われ病院に担ぎ込まれたラングドン教授は、悪夢にうなされていた。
何かを注射され、肌がただれた彼は記憶も無くし、フィレンツェで起きたことを覚えていなかったが、病院で更に暗殺されそうになり、女医のシエナ(フェリシティ・ジョーンズ)に助けられる。
上着に入っていた容器にはダンテの地獄絵を映し出すポインターが隠されていて・・・


導入部分のホラーちっくな演出は、ちょっとしつこく謎めいているわりに、教授の妄想でしかなくて、そのわりにやたらそれを引っ張るので、肝心の犯人に近づいてからが駆け足になってしまい、頭を整理するのが追い付かなくなってしまったyo
これは原作を読みたくなるわねぇ~

画像
ポケットのポインターは、ダンテの「神局 地獄篇(インフェルノ)」」を映し出す

細かい絵の中に文字が隠されている。
今までのラングドンシリーズならではの、歴史と美術を知ってこその知的な謎解きゲーム。
でも流石に解いていく過程での答えが、「ふむふむ・・・」と納得できるところに収まらないせいか、何となくスッキリ感がない。
それもこれも最後のどんでん返しの為なんだけど・・・

画像
人類を半分にして地球を救おうとする天才億万長者 天才は紙一重!

100年後に人類が滅亡するとみるか、100年は持つとみるか・・・・
このところどの映画も、天才による過激思想で地球が滅亡に追い込まれる話が多いne

私個人としては絶滅も運命と思っているのだけれど・・・・

画像
展示品のデスマスクに隠された暗号は・・・・

あらら、世界的な美術品にマジックインキで書いちゃってる?
これまでのシリーズでは決して傷つけることが無かった美術品が、今回は見事に破壊されたりして、ちょっと痛ましい。
特にヴェッキオ宮殿(だったかな?)の天井が~~ぁ。

画像
今回、大活躍のシエナ役フェリシティ・ジョーンズは、さすがオックスフォード大学出身の才女!フランス語もイタリア語も堪能

今回は天才がパートナーだけに、ラングドン教授がダメダメに見えちゃう。
後半の怒涛の展開に、シエナが教授をどうしようとしていたのか、後で冷静に考えると見えにくくなっているのが残念なところ。

画像
よく考えたらこのシリーズは観光案内映画だった

所詮、私の知識では追い付かないところで謎が解決していくので、映画鑑賞のあと原作を読みそしてもう一度映画を観るのがパターンだったwa

そんな解決したけど良く判らないのがこのシリーズの特徴でもあり、私の好きなところ。
取りあえずはイタリアのフィレンツェとヴェニスとイスタンブールの名所を巡って、懐かしく旅先の想い出に浸れたことで大満足☆

さて、原作を買いに行くとしますか・・・・・・




"「インフェルノ」☆ホラー+アクション+謎解きゲーム" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント