「ジェイソン・ボーン」☆ジェイソン・boring

ボーンシリーズは大好きなので、待ち望んでいたしとっても楽しみにしていた作品。
007のアクションが派手になっていったのも、街中を縦横無尽に走り回るこのボーンシリーズが大きく影響したのではと私的には思っているんだけど・・・・


それが何故??
確かにラスベガスのカーアクションはド派手で、過去どんなスパイ映画よりも凄かったけれど、久しぶりにアクション映画で眠気と戦う羽目になるとは・・・・


画像
「ジェイソン・ボーン」 公式サイト

<ストーリー>

アイスランドでCIAの秘密情報がハッキングされた。
CIAでは即座に犯人である元CIAニッキー(ジュリア・スタイルズ)の動向を追うが、彼女が接触を図ったのは、姿を消していたはずのジェイソンボーン(マット・デイモン)だった。
CIAの極秘プロジェクトとボーンの過去の秘密を伝えてこと切れたニッキーに託されたチップを基に、ボーンはCIAに戦いを挑んでいくのだが・・・・


画像
さすがに年を取ってきたけれど、しっかり鍛えていて、まだまだいけそうなマット・デイモン!

ファイターを一発で仕留めるところは、さすが「ウェポン」殺人兵器!?
ボーンの凄さを見せつけてくれて掴みはOKね☆

画像
今回の敵は(も)CIA

CIAは元職員を消す仕事のために、沢山のスパイの命を落としたりしていて、そんな暇あったらもっと重要な任務がありそうだけど・・・・?

過去作品に比べて前半部分は動きが少なく、ほぼCIA本部のコンピューターの前に居るだけ。
手ぶれするカメラで臨場感を出すのはいいけど、結果的にはただ歩いているだけで、今、誰がどこに向かって歩いているのか、何をこれからしようとしているのか、解っているのは監督だけなんじゃ?と思ってしまう。

結局は手ぶれカメラでの揺れ動く画面に、眼がクラクラして何度も意識が飛びそうに。私だけでなく周囲の男性もよくあくびをしていたyo
それでいつものように、いざお楽しみのカーアクション!という時には眠気MAXになっちゃうのだ。

画像
今まで敵対していたはずの二人??
実は・・・・の二人の関係が明かされるのかと期待していたら、それはなく・・・・

そう言えばアイスランドのレイキャビックの秘密のパソコンルーム(?)で、ニッキーが火をつけたときに、何故か「停電??」「火事かしら??」とざわめく声の中に日本語が混じっていたのが、ちょっと嬉しかったwa
日本人アイスランドまで行って何やってるのかしらね・・・・(笑)

画像
アクションが少ない分、リアリティー重視で?

情報提供の件で、CIAと対立する巨大なITの会社(グーグル?)のトップ。
個人情報を提供して世界監視システムを構築しようとしている・・・・・・・これを防ぐ為に、まさかこんなにも派手に撃ち合ったり命を賭してまで情報を盗もうとしていたの??

現実世界ではどうなのかな?スパイさん御苦労さま☆
画像
ラスベガスでの壮大なアクションは、口あんぐり~~

カジノに突っ込むシーンも、装甲車でのド派手カーチェイスも迫力満点♪
ああまでして何を守ったのかは、最後に冷静になって見ると、?が出ちゃうのだけれども、新章スタート!という触れ込みなのにあのラストは、まだまだ敵はCIAにありってことなのかな~~☆





"「ジェイソン・ボーン」☆ジェイソン・boring" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント