「ヒメアノ~ル」☆最後に大粒の涙一つ

ざわざわしてみぞおちの辺りがぎゅーっとなって、不穏なドキドキが見終ってからも止まらない。
映画としての完成度がこの上もなく高い映画。
予告編の期待度をはるか超えて、そして最後に一粒の涙がポロリ。


これは秀逸!!今年の日本映画はかなり良いのでは??!


画像
「ヒメアノ~ル」 公式サイト

<ストーリー>

毎日何も起こらないことに焦りを感じてただ、ダラダラと毎日を過ごしていた岡田(濱田岳)は、同じ職場の先輩(ムロツヨシ)から恋のキューピットを頼まれる。
カフェの人気店員ユカ(佐津川愛美)は実は岡田に一目ぼれ。
先輩に内緒で付き合おうとするが・・・・

一方、カフェに足しげく通う森田(森田剛)はユカをストーキングしていたのだが、実は彼は・・・・


画像
味のある役者だけを使ったこの映画。
先輩が「キモイ」ということを除けば、予告編の前半のように、最初はクスクス笑いが溢れるほのぼの映画なのだ。

ただしそのキモイ先輩が、岡田の抜け駆けを知ってショックを受け、部屋にチェーンソーを置いていることが判ったあたりから物語は見事に一変する。

その『ほのぼの』な前半1/3が過ぎたあたりで、ようやくオープニング。
暢気なテレビドラマ風の映像が、ここでいきなり映画調に変わり、少々ざわざわとしつつも静かに上り詰めていたジェットコースターが、ここから一気に降下し、それはラストまで容赦なく失踪し続けることになる。

画像
実は森田は原作ではこんな魚顔

原作は「ヒミズ」の古谷実。
あの話も容赦なく若者が虐げられ、その精神的残酷さは得も言われぬものだった。
何しろ『落ち込んでいるときに絶対見てはいけない?鬱(うつ)漫画まとめ』
で「ヒミズ」も「ヒメアノール」も入っているって、古谷実っていったい・・・・

画像
先輩とのやりとりは、なさそうでありそうで・・・・

どこにでもありそうな退屈だけど平和な日常がいかに幸せだったか、この時二人はまだ気が付かない。
キモイ先輩と、未だ童貞の岡田、カワイイけど実はビッチなユカとのあるあるネタが笑える。・・・・うちは良かった。

画像
内緒で付き合っちゃえ~~~(≧▽≦)

そりゃこんなかわいい子に言い寄られたら、先輩のこと裏切って付き合っちゃうよね。
キモイ先輩はちょっと危ない雰囲気も醸し出しているけれど、実はそんなの序の口だった・・・

画像
森田役の森田くんが凄い!!
原作では完全な「快楽殺人者」として描かれている森田らしいけど、映画ではその過去が少しずつ解ってくるほどに、別の意味で胸がわし掴みにされていく。

「アノール」とはトカゲのこと。つまり「ヒメトカゲ」
猛禽類のエサとなる小さなトカゲのことで、捕食されるもの(=社会的弱者)ということなのかな。


原作とは違うアプローチなのだとしたら、脚本は見事。
思いがけないラストに思わず大粒の涙が1粒だけこぼれた。






"「ヒメアノ~ル」☆最後に大粒の涙一つ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント