「ルーム」☆嗚咽せずにはいられない

これは暗くした部屋で独りで見たい映画だ。
何しろうっかり声を上げて泣いてしまうから。



画像
「ルーム」 公式サイト

<ストーリー>

唯一天窓から見える空だけが、全ての世界だったジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、5歳の誕生日をママ(ブリー・ラーソン)と祝っていた。
時々やってくるオールドニック(ショーン・ブリジャーズ)を間近で見ようと、寝床のタンスから出てきたところを見とがめられ、「触らないで!」と叫んだママはオールドニックに首を絞められてしまう。
なすすべもない事を悟る二人だったが、死んだことにしてカーペットに包まって脱出する計画を練るが・・・


画像
狭苦しい部屋ではあるけれど、二人は仲睦まじく暮らしている

はじめはごくありふれた親子の会話、遊び、ちょっと拗ねたりワガママを言ったりと普通の5歳児のように無邪気なジャックの生活が、まるで監禁されていることすら忘れるほど平和的に描かれていく。
ここで、ママが過酷な監禁生活の苦痛を出来る限り取り除いてジャックを育てようと苦心してきた深い愛情を知ることが出来る。

画像
唯一の外との関わりは、天窓から見える空と映りの悪いテレビだけ

冒頭のアントマンもびっくりのアップを多用した映像は、まさにジャックの目線であり、ジャックの5年間生きてきた全て、そのものを表している。

画像
少しでも反抗すると虐待されたり、寒いのに電気を切られてしまうなどの制裁を加えられる

タイムリーと言うべきではないけれど、ごく最近脱出に成功した中3少女の監禁事件など、こんな事件が世の中にごろごろあるのだとしたら、本当に恐ろしい事。
原作と脚本が女性作家だからこそ描けた母性愛に満ちた作品に仕上がっているけれど、男性はもし違う目線でこの映画を観ているとしたら・・・と考えたら思わず身震いしてしまう。

画像
ミッションインポッシブル以上にドキドキした脱出シーン

脱出を思い立ってから、自分たち以外のテレビに映っている人も、実際に存在するリアルな人だと、少しずつ教育していくシーンは、情報を完全にシャットアウトされた状態で育つという事が、どんなことなのか、ちょっと想像した程度では考えも及ばない世界なのだと教えてくれる。

画像
脱出後、病院に両親が来てくれるが、既に二人は離婚していて・・・・

この映画ではスリリングな脱出シーンも、憎い犯人逮捕も実はさらりとした扱いで、本当のテーマは、脱出後の二人の立ち直っていく様にある。

強い愛情でジャックを守らんとするばかりに、ずっと気が張っていたママのジョイが、自分の部屋で我に返った時に改めて蘇ってきた絶望、恐怖、喪失・・・・それらに打ち勝てなくなった時に、彼女を救ったのが愛しいジャックだったラストシーンで、私はこの映画で3度目の嗚咽を漏らすことになった。

画像
原作&脚本のエマ・ドナヒューの「部屋」の元になったのは、オーストリアの実際の事件エリザベート・フリッツル事件
実の父に地下牢で24年間も監禁され、7人も子供を産まされていたエリザベートの事件を知ると、現実は小説より過酷であると思い知らされてしまう。

更にこの映画では虐待の部分があまり過剰に表現されていなかったことに胸を撫で下ろす私。
勿論、それらがあっただろうからこそ従順になるしかなかったわけだけれども、そういった部分よりも、脱出後に僅かずつでも再生してくこの親子に希望を見出せるつくりになっていたことが、何よりもこの映画の素晴らしいところなのではないだろうか。


"「ルーム」☆嗚咽せずにはいられない" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント