「キングスマン」☆マナーが人を育てる

いやー、面白かった♪さすが「キック・アス」のマシュー・ボーン監督、アイデアが斬新!
下ネタやおやじギャグに頼らなくても、大真面目なスパイ映画も、ここまで面白くできるんだから~~



英国紳士といえば貴族や上流階級、少なくともスーツを着たビジネスマン、もしくは映画や小説の話だと一般的には思われているのではないかしら?
実際私もイギリスに夫の駐在で住むまではそう思っていた。
しかーし!
労働者階級やその下の下層階級、街のギャングは別として、バファリンの成分が優しさでできているように、イギリス人男性のそのほとんどが紳士で出来ているのは間違いない☆

画像
「キングスマン」 公式サイト

<ストーリー>

高級スーツ店「キングスマン」の裏に隠された秘密基地で、スパイ組織の一員として活躍するハリー(コリン・ファース)は、命を落とした仲間の代わりに、チンピラのエグジー(タロン・エガートン)をスカウトする。
エグジーは数々の試練を乗り越え、スパイの試験にあと一息で合格するところまできていた。

そんな時、IT長者のヴァレンタイン(サミュエルLジャクソン)によって、多くの科学者たちが拉致される事件が起き、彼が事件を起こそうとする教会のミサに潜入したハリーは・・・・・


画像
ロンドンのサヴィル・ロウには、このようなスーツ店、Yシャツ店、ガウン専門店、傘ステッキ店、髭剃り用品店が並んでいる。
日本の「背広」はこのサヴィル・ロウからきているそう。

高級スーツ店の「キングスマン」はいざ知らず、いかにもな店構えで高級そうに見えるけれど、案外オーダーのYシャツも想像するよりは高くないのyo

画像映画でもアスコット競馬に行くために、ヴァレンタインがスーツを仕立てに来るけれど、実際いちいち競馬に行くためにモーニングにアスコットタイ、それにシルクハットという正装で行かなければならない。
パパンはアスコット競馬に接待で行くときに(→「ロンドン☆ロイヤルアスコット競馬体験」)やっぱりサヴィル・ロウのスーツ店でモーニングをレンタル。
レンタルとはいえ、ちゃんとサイズを計ってセミオーダー方式なの。
でもどうみてもみっきーまうす?みつきだけに・・・(爆)

画像
パブに入り浸るチンピラに、「マナーが人を育てるのだ」と諭す(笑)ハリー

何だか不思議・・・・
ハリウッド映画もさんざん見てきて、スーツを着てない人たちも十分カッコイイと思っていたのに、この映画ではスーツじゃない人=ギャングと言う図になっていて、しかもアメリカのチンピラに比べて、ずーっとダサい気がするのは何故?
ちなみにイギリスではパブは朝から開いていて、普通にランチを食べるけど当たり前のようにビール(ギネス!)も飲む。

画像
訳あって思い入れのあるエグジーを新人スパイに推薦するハリーが、スパイ用具一式をプレゼント
傘に銃が仕込んであるなんて嘘?いやいや、英国のステッキも傘もめっちゃ重いからね、あれ、絶対銃が仕込んであるよ。

隠し部屋にスパイ用品、ボンド的カーの数々に、劇中のエグジーならずとも、男の子なら(≧▽≦)となるはず。
これはまさに女子でいうシンデレラ物語みたいなものね?
このワクワク感は、冒頭の爆発して飛散するガレキがタイトルロゴへ変化するところから、既に始まっている♪

画像
アメリカン代表はIT長者のヴァレンタイン、ラフな出で立ちが、英国の景色の中では奇妙に浮いて見える

環境保護のために寄付などもしてきた成金セレブのヴァレンタインが、地球を思うがために行きついた先は・・・・
確かに人口増え過ぎとか、ちょっと納得しちゃう部分もあったり(私も頭バクハツしちゃう~~汗)
それにしても人類が凶暴になる電波が本当に出ているのでは?と思うような事件が最近多いよね。

画像
「キングスマン」の指揮者ア-サー(マイケル・ケイン)は過酷な試験を課してくる

実は郊外のお屋敷が組織のアジトだったり、お屋敷までカプセル状の電車で高速移動するなど、いかにも英国らしさが満載。(ロンドンの地下鉄はトンネルと電車の隙間がギリギリで、まさにそのもの!)

最近の007やMIシリーズもだんだんと世界へ飛び出していっているけれど、この映画は逆に英国の中へ入っていくところが見もの。
リアルでシリアスなスパイ映画とも、アクション満載スリリングでセクシーなスパイ映画とも、下ネタパロディのおふざけスパイ映画とも違う、新機軸を打ち出した『意外性』に長けたマシュー・ボーン監督の手腕に拍手。

画像
まさかあのコリン・ファースがアクション?そしてシリーズものにするのかと思ったらまさか?

この『まさか』がこの映画のポイント。
見事な教会での超激しいコリン・ファースのアクションシーンも、鍛えられたスタントマンたちによるまさかの1テイク撮りなのだとか。(このシーンはまさか過ぎてちょっと受け入れられないけど)


ラストの美味しい王女との『まさか』は、エグジーがマナーを習得して人として成長したからこそのご褒美?
このスカンジナビアの王女は、多分スポーツトレーナーだった一般人のダニエルと結婚したスウェーデンの女王がモデルかな?彼は一生懸命マナーを習得して、王様に結婚を認めてもらったのだそう。



街でもバス停でも、自分が前に居るのに後ろにいる私に「どうぞ』と言って、ドアを押さえて先に通してくれる若者が普通に居る英国。
お店で愛想がいいのだけが『おもてなし』じゃないよね!ガンバレ日本!!


"「キングスマン」☆マナーが人を育てる" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント