「あん」☆行間の美

あえて言葉にしない。
なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・
想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。



画像
「あん」 公式サイト

<ストーリー>

「どら春」の雇われ店長をやっている千太郎(永瀬正敏)は、突然やってきて雇ってくれと言うおばあさんに困惑していた。
その日のうちにタッパーに入れた自作のあんを持って再訪した徳江(樹木希林)のあんがあまりに美味しくて、あん作りを任せることになると、瞬く間に評判を呼び行列の店になった。
しか彼女がしハンセン病患者だったことが噂になり、客は一気に去って行く。
全てを察した彼女は姿を消すのだが・・・・


画像
東京にもこんなに美しい自然がいっぱいあったのね

撮影の仕方によって・・・・・いや、正しい心の有りようで見ると、東京にも自然がいっぱいあって、世の中はこんなにも美しくきらめいているのだと気付かされる。

この映画の大きなテーマとなっている。
言葉ではなく、映像でその『心の叫びを』その『秘めた思いをその『こみ上げる感情を』表せる。
河瀨直美監督、見事としか言いようがない。

画像
勿論、役者陣も全て見事

樹木希林は、ほぼアドリブに近いのかな?
自然体すぎるほどの演技で、ぐいぐいっと観客を惹きつけていく。勿論、寡黙なのに体全体で語っている永瀬正敏も秀逸☆

あずきを煮ているシーンでは、後ろの席のおばあちゃん3人組が「ん~~、ん~~~~っ、うゎ~おいしそう~♪ねー?」とお茶の間鑑賞状態だったので、やや気持ちをそがれたのだけが残念(苦笑)

画像
どら焼きのカワを焼くのも上手

綺麗な焼き目をつけて、上手くひっくり返す手つきは、本職の人のよう。
どら焼き食べたくなっちゃった♪

画像
やや棒読みの女子中学生たちも、自然体。

ふとしたきっかけで店番もするようになった徳江。
女子学生の素朴な質問に・・・・・
素直なことが時として残酷だったりもするけれど、一番残酷なのは心無い噂。そして思い通りにならない人生。

画像
家庭に問題をかかえるワカナ(内田伽羅)は、樹木希林の孫=もっくんの娘

実は原宿駅前のサンスイミングで同じ頃スクールに通っていたうちの息子。
時々もっくんが伽羅ちゃんを連れてきていたそう。
私は会ったことなかったけど。

画像
ハンセン病施設へ徳江に逢いに行くと・・・・

東村山にある全生園が、まさにその施設。
緑豊かな場所・・・と言えば聞こえがいいが、深い林の奥に作られているとも言える。

徳江はここの食堂であんを作っていた。
あん作りをする場所があるのに、あえて千太郎の懐へ飛び込んで行った徳江。ここに胸が熱くなる『想い』がある。

画像
重たいテーマなのに、美しく清らかで、最後は心が軽くなる

心が煮詰まって焦げ付きそうな、全ての年代の人に観て欲しい。
ロングランでも、さすがに間もなく終映だから、今すぐに☆


"「あん」☆行間の美" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント