「寄生獣」☆漫画実写化の成功例

漫画原作を実写化すると、「まあまあ」とかは存在せず、「超いい♪!」か「駄作」のどちらかになってしまうのが常。
この映画は、その中でも歴史に残るよい出来栄えなんじゃないかな。


原作漫画を全巻持っているねえねと、珍しく公開日初日に観てきたyo
実は持っているだけで読んだことなかったねえねと、前日にアニメを9話fuluで一気見。
少なくとも映画はアニメより3倍以上は面白い~☆


画像
「寄生獣」 公式サイト

<ストーリー>

母(余貴美子)と暮らす泉 新一(染谷将太)は、幼馴染の里美(橋本 愛)と一緒に美術部で活動する高校生。
ある日突然手の中に入り込んだ生き物が右手に寄生してしまう。
それは人間を食料とする新種の生き物で、人間の脳を食らって、その身体をのっとってしまう知的生命体だった。
知性をどんどんつけていく寄生生物にミギーと名前を付け、次第に友情が芽生えていくが、学校ではパラサイトされた教師が赴任してきて、新一の存在を知られてしまう・・・・


この日、劇場では予告が始まる前から、2~3歳くらいのかなり小さなお子さんが号泣中。
今からこれで、この映画を観れるの???と不安に思っていると、男性が何やら話しかけて、その母子は映画館を出て行ってしまった。
満員の劇場で2シートも取って観に来たからには、相当なファンなのかもだけど、映画開始3分で起きるパパがママをぱっくりで、こりゃもっと子供泣くでしょう?
子供が中学生以上になるまで東映まんがまつりかドラえもんかコナン以外の映画を観れなかった私としては、可哀そうだねあぁーとも思ったけど、この映画を子供に見せるってほぼ虐待に近いよ?トラウマになっちゃっうでしょ。

画像
ある朝目覚めると、手の感覚がおかしくなって・・・

とにかく染谷翔太が素晴らしい!!
彼はどの映画に出ても、その演技力は目を見張るものがあるけれど、ここでもCG加工する前の何もないところでやっている演技が、ここまで完成度高いとは・・・

そのほか、どのキャストもみなさん素晴らしい。
特に私が感動したのは、母役の余貴美子。
原作やアニメと設定の違う『母子家庭』で息子と仲良しな優しい眼差しから一転、寄生されてしまい豹変していく様子が母子の愛情を見事に表現していて切ない。

画像
阿部サダヲが声をやっているミギーは、なんとも愛らしい

キャラクターがCGによって嘘くさかったり違和感あったりすると、この物語が台無しになっちゃうけど、そんなことは一切ない。
様々な形に変化するミギーは、実は阿部サダヲがモーションキャプチャーで演じている。
口だけ実写なキモカワ生物が、とっても愛らしいけど、きちんとしててふざけ過ぎないのも良い。

画像
赴任してきた教師(深津絵里)は、パラサイトされていた

瞬きをせずに演じるのはさぞ大変だったことでしょう。
新一は次第にミギーが全身に回って行って、寄生生物に近づいていってしまうと感じたとき、「涙が出ないんだ」と言うけれど、教師役の深津さん、目をずっと開けすぎていて涙目になっちゃってた・・・・

画像
幼馴染の里美役の愛ちゃんは、キャラ設定は原作漫画にちかいらしい

付き合いが長いけどだんだん恋心が芽生えてきている思春期の高校生を、ごく自然体で演じていて好感度大。
アニメの新一のヘタレ感といい、変に頬を赤らめるJK設定に不満があったので、映画の二人のほうがずっと良かった。

画像
ぎこちない笑顔が不気味な高校生の島田は東出昌大

同級生かぁーと思いつつ。
せめてひとつ先輩なら違和感なかったのに。

校舎での島田とのバトルで、3階から新一が飛び降りるシーンは、ワイヤーで吊るして本当に飛び降りたらしい。
それってほとんど芸人さんのバツゲームだねぇ。

不気味生命体は「遊星からの物体X」っぽかったり、食べ散らかした遺体も出てきて結構グロイけど、物語はきちんとしていてとても面白い☆必見!



エンディングのあとに後編の予告がある。
4月まで待ち遠しいわ!それまでに原作読んでおこう~♪


"「寄生獣」☆漫画実写化の成功例" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント