「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」ゆるゆると心温まる

全編モノクロだしー、ゆるそうな映画だしー、こりゃ寝ちゃうかも?と思ったら大間違い。
ゆる~く笑える老おいた父と息子の心に沁みる作品は、今こそ是非とも観たい作品。


画像
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」公式サイト (2月28日公開)

<ストーリー>

高速道路を一人歩いていて警察に保護された老人ウディ(ブルース・ダーン)は、100万ドルの当選金を受け取りにモンタナ州からネブラスカへ向かうところだった。
それは詐欺だと説得するが、何度でも歩いて行こうとする大酒のみで頑固な父を、息子のディビット(ウィル・フォーテ)は仕方なく車に乗せる。
途中立ち寄ったウディの故郷で、賞金に群がる知人たちのトラブルに巻き込まれながら、両親の知らなかった過去を知ることになる。
そしてついにディビットは本当の賞金に気付くのだった・・・・



画像
父さんの入れ歯あったよーっ

何度阻止しても、額に7針も縫う怪我をしても、どうしても4州歩いてネブラスカまで行こうとする父。
頑固というと、すぐカッカとなって怒るイメージだけど、このお父さんはプチボケが入った、言葉少なでぬおーっとしていて穏やか、だけど決して言うとおりにしないタイプ。
意外に手ごわい。


画像
とりあえず、親族の集まる食事会で父を引き止めようとするが・・・・

兄も同席して父が賞金を鵜呑みにしているけど、実は詐欺なんだと説明するも、逆に一族の皆は大金が入るのを内緒にしようとしていると勘違い。
皆が老人の大金を狙って、あれこれと言い寄ってくる。

とんちんかんな言葉の行き違いが、ゆる~く笑える。

画像
のどかな田舎町の今年一番のニュース

前半はゆるゆるとした展開に、やや眠気もくるけど、大げさではない笑わそうとしてない彼らの表情と動きが大真面目なだけにかえって可笑しい。
日常にあるこれこそがユーモアというものなんじゃないかな。

画像
窮地には必ず機転のきく、しゃっきりした母は実はアバズレだった?

二人の故郷で知ることになる、両親の若かった頃のエピソード。
意外にアバズレだった母に、結局色仕掛けに弱い父・・・・

今まで『年老いた頑固な父』としてしか見てなかったのが、次第に彼らの魅力的な人生を知ることで、ぐっと父に気持ちが寄っていく。


画像
金目当てにたかってきた親戚も、いよいよ本当に詐欺だとわかると・・・・

手のひらを返したように父を馬鹿にし始める親戚や友人たち。
おお・・・なんて恐ろしや・・・

それでも一途に信じ続ける父に・・・
画像
何でそんなに賞金が欲しいの?と聞くと父は・・・・

この辺りからラストまでじんわりと涙。
ひょうひょうとしたウディじいさんと、あくまでも穏やかな息子が本当に愛おしく思えてくる。


はじめはモノクロで色味のなかった白黒の画面が、なぜだか最後には暖かい色合いに見えてくるから不思議。
はてさて、自分は子供にそして父親にどんなことができるかな?



"「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」ゆるゆると心温まる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント