「47RONIN」☆ハリウッドデビューは大成功

待ちに待った映画「47RONIN」
すっかり観るのが出遅れちゃったけど、2年半も待ったのだからこのくらいはいいよね?
柴崎コウ、赤西仁と一緒にハリウッドデビューした同級生の『おにい』の雄姿を見なくてはっ!!



話はかれこれ2年半前。
ロンドン在住の時に、日本人学校の前で配られたチラシがはじまりだった、「ハリウッド映画に出よう!」の企画。
私も村人役での衣装合わせまで話が進んだのが、残念ながら本帰国の引越しで忙しくなってしまい断念。
でも息子の同級生のお兄ちゃんが、堂々 村人→エリート侍→四十七士と順調に重要な役柄をゲットして、ついにハリウッド銀幕に参加できたのだ!これは何としても観なくては~~っ
これまでの経緯はこちら↓
ハリウッド体験☆エキストラ登録
ハリウッド体験☆キャスト発表 その後
ハリウッド体験☆クランクアップ
ハリウッド体験☆47RONIN裏話
ハリウッド体験☆「47RONIN」裏話パート2

画像
「47 RONIN」公式サイト

<ストーリー>

鎖国時代、徳川綱吉将軍に仕える赤穂の領主 浅野内匠頭(田中は、密かにその領土を狙っていた吉良上野介の企みによって、将軍をお迎えしている最中に、吉良の側室で魔女のミヅキ(菊池凜子)によって妖術をかけられ、吉良に切りかかってしまい、将軍より切腹を申し渡される。
領地を追われた大石内蔵助(真田広之)は、幼いころ浅野に助けられて娘のミカと共に育った異端児のカイ(キアヌ・リーブス)を探し出し、仇討ちをすべく、刀を探して旅をするのだが・・・・


画像
天狗に育てられた過去があるカイは、拾ってくれた浅野に忠義を感じて、生涯仕えると決意しているが・・・・

忠臣蔵でハーフの侍ってどうよ?と最初は思っていたけど、このとんでもニッポン具合は、菊池凜子が魔女という話をオーディション募集のときから知っていたので、まあまあの想定内。

カイがハーフであることが逆にこの話がファンタジーであることを強調していて、CG多用の摩訶不思議な生き物&中国風着物、真っ赤な鎧などを『あり』な世界にしてくれたんじゃないかな?


画像
大石役の真田広之は、英語が堪能・殺陣も見事なだけではない、エキストラの人たちにもユーモアを交えてリラックスさせてくれたりと、心遣いがすばらしかったそう

3Dで観たことが災い(!)して、主役以外が結構ぼやけるし、画面が暗くなってしまって、私の第一の目的『おにいを探す』のが、なかなかに難しい。
目を皿のようにしてい観るけど、赤い鎧のエリート侍の中では、人数が多すぎて見つけられなかった~


画像
柴崎コウは見事な美しさと、堂々とした演技で、これからのハリウッド進出に大きく期待がもてる

大画面に超アップでも十分に美しいコウちゃんは、これからもハリウッドでどんどん活躍してほしい!
英語もちゃんと話せていたし、ハリウッド先輩の菊池凜子に負けてないんじゃないかしら。

息子の仲良しの同級生の妹ちゃん(当時11歳)にエキストラのオファーが来ていたのだけど、もしかしたらコウちゃん演じるミカの子供時代だったのかも!・・・・・と思うと、かえすがえすも撮影に参加できなかったのが残念。


画像
同級生のSくんは浅野パレスの子供たちという役でのオファーだったので、このシーンだったのかな?

かみしもの試着までしたSくん。
でも映画を観るとかみしもなんて着ている子供、出てきてないよね?
結局はカットされたか、このたくさんの人の中のひとりだったのかも。
しかし13歳の足の速い男の子を探している・・・・という話だったけど、結局そんなシーンなかったし。

試着の時バカ殿メイクで泣いて帰った女性がいたらしいけど、剣術大会の時に確かにそんな顔の女性がミカの後ろに立っていたなぁ~(苦笑)それにしても、ミカの着物がマフラーみたいになっているのだけは、気になる・・・
画像
映画では一瞬だったけど、予告編で観られるこのシーンの左端、頭巾の青年が『おにい』

ついに発見!
演技テストを経て四十七士に昇格した『おにい』
ママに確認したところ、「そうそう!森のシーンで頭巾をかぶっているのがおにいだよー!」

画像
血判書のシーンでは、大石とキアヌと『おにい』だけが撮影したから使われるかも・・・♪と期待していたけど、残念ながらカット

まさか血判書を書くのが雪の積もる森の中だったとは・・・・(笑)

画像
のちに募集していた琵琶法師は、映画では天狗と言われているこの人たちのことだったのね・・・・

琵琶の演奏シーンが無かったという事は、結局琵琶を弾ける人が居なかったのかな。
しかし何で天狗ってことにした??

画像
真田さんと違ってあまりエキストラたちと絡まなかったらしいけど、休憩中は熱心に英語のレッスンをしていた赤西くん

ほかのエキストラと同等の扱いだったという『おにい』情報だったけど、結構活躍していたね。
弓を射る姿も、さすがカッコイイし、英語も留学経験が生きてなかなか流暢☆

画像
クランクアップから2年も経って、なかなか公開されないと思ったら、監督がCGに懲りすぎたのだそう

監督を変えるという噂まで出ていたほど、予算をオーバーしてCGに注ぎ込み過ぎて、なかなか仕上がらなかったらしいこの映画。
私が日本に帰国してからも、クランクアップしたはずなのに撮影のオファーがきていたくらいで、映画の世界はホント大変なのね。


画像
キアヌの殺陣もなかなか上手

それでも、奇想天外な忠臣蔵ならぬ、47人の浪人の物語は、途中肝心な赤穂浪士の武士道精神はどこいった?なシーンもあるけど、ハリウッドらしい見事なエンタメ作品はこうして話を膨らませて作るのだなぁと案外感心させられたりもするのだった。



"「47RONIN」☆ハリウッドデビューは大成功" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント