DVDまとめてレビュー☆ホラーナイト「トロールハンター」「アザーズ」「シャイニング」他

カナダのぷちホームステイから帰国した息子が、やたらホラーを見たいと言い出した。
今まで比較的社会派映画を好んでいたのに?
いったいホームステイで何を学んできたのやら??


しかーし!ホラーなら望むところよ。
家族みんなでワイワイと、息子がどっさり借りてきたDVDで今週はホラーナイトウィーク☆

画像「トロール・ハンター」(2012年)ノルウェー
★★★★
大学の研究グループの3人が、ノルウェーに住む伝説の生き物を極秘に退治している男性を追うドキュメンタリーを撮影していた。
トロールの真の姿を目撃してから、学生たちもトロール退治を手伝うようになるが・・・・


ずっとmigちゃんにオススメしてもらっていた作品。
これ面白いわ~ホント。
途中から交代したカメラマンが、BBCで撮影していたというだけあって、画像がそこからBBC風になっているのもウケた~♪
ラストにノルウェー首相が登場。ノルウェーの山の晩夏~秋の景色が懐かしい。
画像
先日お会いした巨樹研究家の杉原梨江子さんより、ノルウェー旅行中、森を散歩して出くわしたトロールの写真をいただいたyo!
糸巻きをしているようだったと。


画像「アザーズ」(2001年)アメリカ・フランス・スペイン
★★★★★
古いお屋敷にひっそりと暮らす母(ニコール・キッドマン)と光アレルギーの子供2人。
子供が時々見かけるという怪しい気配に怯えながら暮らしていたが・・・・

もう何度も観ているけど傑作なので息子にオススメした作品。
最初には気が付かなかった細かいディテールなどを、2度3度見て確認できるのもいいところ☆



画像「縞模様のパジャマの少年」(2008年)イギリス・アメリカ
★★★★★

ナチス将校である父親(デヴィッド・シューリス)の昇進に伴って、ベルリンから引っ越してきた一家。
8歳のブルーノは退屈な毎日を送っているうちに、行ってはいけない有刺鉄線を張り巡らした農場で、同じ年の縞模様のパジャマを着た少年と友達になるが・・・


ホラーのジャンルではないけど、オススメ傑作選として。(以前のレビューはこちら)
前回見たときより、実際にアウシュビッツを訪れたあとで見た今回のほうが、より一層胸が締め付けられる想いが強い。
映画の救われないラストは多くの人が敬遠したがるけど、あのアウシュビッツを見てハッピーエンドを安易に望む気にはとうていなれない。


画像「REC2」(2009年)スペイン
★★
伝染病に冒されたとあるアパートへ、ワクチン製造のために汚染された血液を採集しにきた博士と消防士が、ゾンビに襲われていく。

「REC」が面白かったという息子が続きを見たいということで。
ほとんど息子がやっているゾンビをやっつけるゲームそのものだったので、家族みんなで突っ込みを入れたり、なぜか異様な盛り上がりで大笑いしながら鑑賞。
冒頭とラストがあれば十分な映画。



画像「遊星からの物体X ファーストコンタクト」(2011年)アメリカ
★★★★

南極大陸で世紀の大発見をした博士は、氷ごと掘り出してその謎の生物を調べるべく、ノルウェーチームとコロンビア大学の考古生物学者ケイト(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)と共に生き物の組織を取り出す。
しかし皆が浮かれている間に、その生き物は溶け出した氷から飛び出し・・・・


突出したグロさの造形で迫り来るエイリアンは、他のどんなエイリアンものの映画も追随を許さない発想で圧巻。
細胞ごと再現するエイリアンが、いったい仲間の誰に変装しているのか、心理的な怖さもハンパない緊張感を生む。
前回のレビュー「遊星からの物体 ファーストコンタクト」ハンパない!



画像「永遠のこどもたち」(2007年)
★★★★★

かつて過ごした孤児院を買い取り、障害を持つ子供のホームを作ろうと奔走するラウラは、養子でHIVの幼い息子シモンが時々見えないお友達と遊ぶのが気になっていた。
しかし入所希望者のパーティーを開いている間、シモンは忽然と姿を消してしまい・・・・


切ないスペインのホラーの真骨頂。
怖さもハンパないけど、切なさが勝って、思わずまた見てしまう。極上の愛の物語。
どうせ布をすっぽり被せるなら、どうしてもっとカワイイのにしないのー?(涙)とねえね。




画像「シャイニング」(1980年)
★★★★★

冬季は閉鎖される由緒ある山のホテルの管理人をすることになった一家3人。
霊感の強い息子はホテルで起きる惨事が脳裏をよぎり、時々おかしな現象に悩まされていた。
静かなホテルで小説を書けると意気揚々の夫(ジャック・ニコルソン)は、次第に様子がおかしくなっていき・・・・


どのホラーベスト10でもほぼ1位といえば「シャイニング」
誰もがトラウマ映画になること間違いなし。
わっと脅かしたり残酷だったりしないのに、ここまで怖がらせるなんて、さすがスタンリー・キューブリック。


いやはや、ずいぶん沢山ホラーを見たし、そろそろおやすみなシャイニング。






"DVDまとめてレビュー☆ホラーナイト「トロールハンター」「アザーズ」「シャイニング」他" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント