「危険なメソッド」暗闇のメソッド

静かな会議室で説明をする、静かな書斎で意見を交し合う、とうとうと喋る人の話を聞く・・・・・
面白い話ならいざしらず、解り辛い用語が飛び交う話し合いの場面が続くとすぐにウトウトしてしまう。
これが私の『暗闇のメソッド』(爆)



画像
「危険なメソッド」(公式サイト)

<ストーリー>

1904年、若き精神科医ユング(マイケル・フォスベンダー)は高名な精神分析医フロイト(ヴィゴ・モーテンセン)の提唱する治療法を試すことにした。
患者は美しい女性ザビーナ(キーラ・ナイトレイ)。
治療は彼女のトラウマの原因をつきとめ効果が表れるが、二人は一線を越え愛人関係となってしまう。

その後ウィーンのフロイトを訪ねたユングは意気投合し、「自分の後継者は君だ」とまで言われるのだが・・・・・



画像
迫真の演技で患者になりきるキーラに女優賞を是非☆しゃくれまくり~

トラウマに苦しむ患者、大胆に胸ポロリも辞さないマゾヒズムなシーンと様々な表情をみせてくれるキーラが凄い☆
ただし後半は急激に治癒(?)して、何事も無かったかのように振舞っているのが、実際患者ってそんなものなのかを知らないのでちょっと?

しかもトラウマが父親から受けた性的虐待なのかと思ったら、そうではなく、厳しすぎるしつけ(暴力)からのマゾヒズムからのトラウマだった。
となると、その自らの性癖を容認することで病気が治癒したってことになるのかな。
それにしても病気が完治すると、病状の片鱗も残さず治るものなのだろうか?(凄く知りたい~)

画像
豪邸に住み、待望の男の子の赤ちゃんももうけた貞淑な妻(サラ・ガドン)は、愛人の存在に気付いていた

美しい妻と沢山の子供を持っていて、なお愛人との関係に溺れてしまうユング。
人間の奥底に潜む感情を専門分野にしているユングが、自らの分析と、身近にいる妻の心理を理解していないというのがなんとも哀しい。

その時代には普通なのかもしれないけど、お金持ちの妻として生きるのも辛いのね。
二人の距離が食卓での距離と比例していくところが絶妙。


画像
フロイトとユングは蜜月を過ごした・・・・・

二人の関係を知らなかったので調べてみると、『意気投合した二人は数年間のあいだ蜜月を過ごした。』となっている。
いくら研究テーマで意気投合し、議論を交わすのが楽しくて(現実に10時間続けて討論し続けたらしい)「気が合った」としても、資料に『蜜月を過ごす』とあるのがどういう意味を指すのか、映画鑑賞後ちょっと気になりだした私。

映画では自分の研究を支持する若き研究者にフロイトが絶大な信頼を置いたけれど、育ちがお坊ちゃまで実は無神経なユングの方は、根本でフロイトを尊敬していなかったようにも見えた。
実際各自研究している事が、必ずしも全て一致するという方が有り得ないわけで、方向性の違いを指摘されたフロイトが、ユングに絶縁を継げて部屋に飾ってある彼の写真をそっと箱に収めるあたりは、もしかしたら別の感情もあったのかな?と思っちゃった。

それにしても二人の討論中にまたまたウト・・・としてしまった私。
映画館で会議や話し合いのシーンがあると、たちまち眠くなるのが私のメソッド(方式)だったのね(汗)

画像
「私を罰して・・・・」Mの人はいいけど、Sじゃない人は女性のお尻を叩いて楽しいのかな?

Mじゃない人はエッチなビデオで無い限り、叩かれているうちにMになっていくというのはまず有り得ないとして、Sじゃない人は叩いているうちにSになるのかしら・・・?

倒錯した愛人関係を続けているうちに、ユング自らが精神的な暗部に落ちていくのに対して、しゃっきりと治癒していくザビーナ。ミイラ取りがミイラになるってかんじかな?


画像
奔放な友人オット-・グロス(ヴァンサン・カッセル)にかき回されて、再びザビーナを求め・・・・

一度はフロイトに言われてザビーナのことを諦めたユングが、「自らを分析できてない」とオットーに言われてから自分の無意識に目覚めてしまったのか・・・
食欲にしても性欲にしても、自分の深層心理に忠実に行動する事が、果たして幸せなのか不幸なのか?




ザビーナが治癒して立派な精神科医となったのち、再会したユングの寂しげな肩が、それが決して幸せとはいえないと答えを出しているように思えた。









"「危険なメソッド」暗闇のメソッド" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント