「愛と誠」総天然色

こ~れ~はぁ面白い☆
絶妙な笑わせ加減が実に見事!
1974年の西城秀樹&早乙女愛主演の「愛と誠」は見たことないけど、これをリメイクしたというよりは完全にパロッている。。
とうより、今現在その「愛と誠」を見たら誰もが突っ込みを入れてしまう部分を、劇中で役者にやらせてしまったというかんじだ。


映画は70年代の昭和のセピア色。

純愛と言う名の一方的初恋を押し付けてくる早乙女愛しかり、「君の為なら死ねる」と公言する岩清水くんしかり、敵対する不良グループのボスや異彩を放つ安藤サクラ演じるスケバンガムコ、そして早乙女家の両親までも・・・
妻夫木聡演じる誠意外は、全てのキャストが天然、つまり総天然なのだっ

画像
「愛と誠」 公式サイト(6月16日公開)


<ストーリー>

幼い頃別荘の蓼科でスキーで事故に遭った愛を助けて、額に醜い傷を負った誠(加藤清史郎)に、愛(武井咲)は東京で再会する。
彼(妻夫木聡)は手のつけられないような不良少年となっていたが、早乙女家の財力で彼を愛の通う名門青葉台学園へ編入させる。
そこでもいきなり教師をなぐる誠に、愛は『愛する力』で立ち直らせようとするのだが・・・・



画像
天然お嬢様キャラがぴったり

いきなり始まる乱闘シーンミュージカルは、『新宿の目』の前で。
ミュージカル苦手な私がいっぺんで好きになったyo
歌は勿論、西城秀樹の「激しい恋」♪やめろっといわれてもぉ~

パパイア鈴木の振り付けダンスは、なかなかに楽しい。が、踊りは皆あまり上手くない。(そこがまた面白いのだけど)
しかし超お嬢様愛はなぜ、そんな不良の吹き溜まりにいたのかな?


画像
ほぼ主役級の岩清水くん(斉藤工)は、名言いっぱい美味しい役どころ

空回りするほど一方的な愛で一途な早乙女愛に、負けないほどの一途な愛を貫く学年トップの秀才岩清水くんが、これがまたイイ!!
特に教室での熱唱「空に太陽があるかぎり」♪あ~いしてぇ~るぅ~とてもぉ~はきちんとオチがある。


天然な人が大真面目にやればやるほど面白い、このスタンスを崩すさず、全ての登場人物の笑わそうとしない天然のボケに、唯一まともな妻夫木くんが突っ込みを入れる。
さらに彼が入れないツッコミを観客に入れさせる、この余白がまた嬉しい☆


画像
誠のために慣れないアルバイトもする愛だったが・・・・

怪しげな『純 喫茶』でアルバイトする愛。
全身金色の男女が怪しく踊る店は、どうみても純粋な喫茶店には見えないんだけど、こういう店が昭和にはあったのかしら・・・・

歌も風景も私の世代には懐かしいものばかりだけど、若い人たちはどんな風に見るのかな。
でも知らない世界でも、充分に楽しめるように作られているyo


画像
勝手に不良の巣窟 花園実業に転校してしまった誠の前に、絶対勝てない権太(伊原剛志)が立ちはだかる


花園実業は三池監督の「クローズZERO」を思い起こさせる荒れ果てた高校。
年齢的にも無理ギリギリな妻夫木くんを更に上回る、伊原剛志が歌うのは何故か「オオカミ少年ケンのテーマ」

登場人物は全員各自1曲歌うのだが、それがいちち3番まで。
3番まで歌うんかいっ!とツッコミ入れているうちはいいけど、全員だとさすがに長いよー

激しい乱闘シーンと共にやや長いなぁと感じるこの映画唯一の欠点かな。



画像
落ちぶれた女をやらせたら右に出るものが居ない余 貴美子は、誠の母親


これが思いがけず泣いてしまうシーン。
流れ落ちる涙を拭くものは用意するべし。



画像
不良をやるには甘いマスク

歌もさすがに西城秀樹のような迫力がないけど、他に誰?と言われると・・・・

子どもの頃を演じた加藤清史郎くん、頑張ってワルをやっていて彼のアニメパートもカッコイイんだけど、やはり子どもに殴るシーンはやらせて欲しくなかった。
それこそ雪山のシーンを実写で、殴るシーンはアニメでやって欲しかったわ。
特に清史郎くんに不良の役は似合わない。




最近頑張っている邦画。
その中でもこの映画は、本当の意味で楽しめる映画に仕上がっていて、久々爆笑できた~♪
心置きなく皆で笑おう。





あの頃映画 「愛と誠」 [DVD]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
2012-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あの頃映画 「愛と誠」 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



愛と誠 情熱の嵐編 (講談社プラチナコミックス)
講談社
2012-05-30
ながやす 巧

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 愛と誠 情熱の嵐編 (講談社プラチナコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラック
フォーライフミュージックエンタテインメント
2012-06-06
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"「愛と誠」総天然色" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント