「ミッドナイト・イン・パリ」隣の芝生

ウッディ・アレン監督作品は初体験。
「隣の芝は青い」という単純明快なテーマを、パリならではのノスタルジックでアーティスティックな世界と、ウィットに富んだ大人のジョークで包んだお洒落な作品。




画像
「ミッドナイト・イン・パリ」公式サイト



<ストーリー>

ハリウッドの人気脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、娯楽映画の脚本つくりに嫌気が差して、現在小説家を目指して執筆中。
婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)の父親の出張に便乗旅行で憧れのパリへやってきた。

そこへイネズの男友達ポール(マイケル・シーン)が現れ、何かと誘ってくる。
うっとうしくなったギルは夜中のパリを一人さまよううちに、ふと1920年代のパリへタイムスリップしてしまい・・・・



文化人なら楽しめる。
えせ教養人かどうかを試される、極上の大人の映画でもある。

画像
モネの蓮池をバックに愛を確かめ合ったのもはじめだけで・・・・・

婚約者と旅行に来ているのに、男友達のカップルとやたらと行動を共にしたがるって、結果は見えているよね。
『家族ぐるみの付き合い』もそう。
度が過ぎて仲良くしすぎるのは、やっぱり問題あるよね・・・・・身近に前例があるので詳しく書けないけど。


画像
箱入り娘なのは分かるけど、娘の婿になる人を馬鹿にしすぎ?

婚約者からも彼女の両親からも酷い扱いなので、ギルが何も持っていない情けない男に見えてしまう。
何の名声もなく小説家を目指しているわけではなく、ギルはちゃんと脚本家として大成してるのにね。

これではきっと結婚してもうまくいかないよねぇ~



画像
ガイドさんを信用しないウンチク垂れのポールの悪口を言ってスッキリしよう~♪



ヴェルサイユ宮殿、凱旋門、モンパルナス・・・・・と、パリの名所を余す所なく紹介してくれる。
ウッディ・アレン監督がパリをこよなく愛しているのがよく判る、最も美しいパリを映し出していて、本当に素敵☆

観光案内映画のようでいて「ツーリスト」のように失敗していないのは、パリという街自体が芸術的に成熟しているからか、はたまたここで教養を試されているからなのか・・・・・(笑)


画像
1920年代にタイムスリップし、出会ったピカソの愛人アドリアナ(マリオン・コティヤール)に目を奪われる

お互い恋人がありながら魅かれあう・・・・ってロマンチックなようで、随分な話ね。
結果的には、恋人と上手くいってなかったからってことで、良い選択ができたからいいけど。

ただし相手がマリオン・コティヤールじゃあ、誰もが恋しちゃうけどね☆


画像
「私はダリ!」って言いすぎ!

実際ガートルード(キャシー・ベイツ)はサロンをやっていて、様々な文化人が集まっていたらしいけど、やってくる人が全部有名人って、ちょっと不自然すぎ~
そのくせ、その『有名な文化人』を半分知らなかった私(汗)

それぞれがそっくりさんらしいけど、顔が分かるのはピカソとダリくらいかな。
ダリそっくりすぎて笑ったwa

画像
アンティークマーケットの女性(レア・セイドゥ)はいかにもパリジェンヌ

自然体が美しいパリジェンヌとは音楽の好みも一緒。
懐古趣味もその時代を懐かしむ程度にしておくのがいいんだね。


ギルは1920年代を愛し、1920年のアドリアナは1890年に憧れ、1890年のドガやゴーギャンは更に昔を懐かしんでいる。


画像
退屈な今より昔、退屈な彼氏より他人の彼氏、退屈な場所より憧れのパリ・・・・

無いものをねだるより、今ある幸せを見つけてみては?

さらりとした皮肉をこめたジョークが、大人の街パリに良く似合う。
ウッディ・アレンの世界にいつの間にか自然体で馴染んでいる、そんな自分も見つけたよ。





"「ミッドナイト・イン・パリ」隣の芝生" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント