「テルマエ・ロマエ」濃い顔族

漫画「テルマエ・ロマエ」が原作のこの映画。
漫画の主人公といえば、目が大きく日本人なのに金髪でお目めパッチリだったりするけど、なんと!この原作の主人公より遥かに目が大きい俳優陣は、1000人ものイタリア人エキストラの中にいて全く違和感なし!って、もうそれだけで充分爆笑なのだ☆



イタリア最大の撮影所チネチッタの、人気ドラマのオープンセットをちゃっかり借りちゃうところもすごいけど、この映画のためにイタリアにいる間にソフトバンクのCMも撮影しちゃったのかな?という上戸彩もすごい~


画像
「テルマエ・ロマエ」 公式サイト


<ストーリー>

古代ローマの浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、最近の派手で落ち着かないローマ風呂に辟易としていたが、斬新なアイデアが足りないと解雇されてしまう。
風呂に潜りながら新しいアイデアを練っているうちに、吸い込まれた排水溝から現代の日本へタイムスリップしてしまったルシウス。
そこには見たこともない「平たい顔族」と見たこともない浴場、飲み物などがあり・・・・・



画像
ルシウスは銭湯の富士山もケロヨンと書かれた洗面器も、涼しい扇風機もフルーツ牛乳にすら驚いて・・・・・


さすが阿部ちゃん。
台詞は『頭の中の考え』なので、演技は黙ってしている筈なのだけど、これがさすがに上手い!
いちいち驚くけど、オーバーリアクションは無し。
この毅然としたローマ人ぶりが、まさにぴったりなのだ。

しかし、湯船の底から上がった時の目の赤さが、過酷な撮影を物語っていて、つくづく役者さんて大変ねぇ~と思わずにいられない。


画像
少年を愛人として大切にしているハドリアヌス帝(市村正親)は、無類の風呂好き



見事に顔の濃い役者さんを集めたこと!
唯一親友のマルクス(勝矢)が、どう見ても平たい顔族なんだけど~~?

市村氏はカツラ(?)、アントニヌス(宍戸開)はパンチパーマ以外は、みなさん地毛で違和感無し。
しかも舞台俳優ならではの重厚な(大げさな)演技が、ハドリアヌスに正にぴったり☆


画像
何度も目も前に現れるルシウスに、漫画家志望の真美(上戸彩)は翻弄され・・・・・・

浴槽とトイレのショールムに現れるルシウスに、真美もビックリ!
トイレットペーパー(パピルス)が用を足している時に勉強する巻物と思ったり、ウォシュレットに感動したり・・・・
巨大な一枚板の鏡に感動するけど、是非ガラスにも驚いてほしかったなぁ。




画像
漫画家の夢を諦め実家の温泉宿を手伝う真美の取り巻きは、いつもじいさんばかり


人のいいじいさんばかり、随分たくさんいるなー?と思ったら、ラストの砂風呂用の小屋造りに人数が必要だったのね。
しかし肉体労働を課すには、ちょっとヨボヨボすぎて可哀相・・・・



画像
ぶっ飛んだ漫画家の衣装より、ローマの女性の服装が似合う上戸彩chan


ラストはベタに恋愛物にもっていくのかと思いきや、「諦めずに前に進んでいこう」という成長物語になっていて高感度UP

タイムスリップの瞬間に現れるオペラ歌手や、水洗トイレのように流されていくシーンがあえて人形っていうのも、いかにも漫画が題材をフルに活用していて楽しい♪
おふざけしすぎず大真面目が可笑しい、GW家族で見るのにぴったりの映画だ。
ちなみに私は満員電車波の混雑の新宿ピカデリーで一人で観たけど(苦笑)

劇場ではこの映画のために描き下ろされたヤマザキマリのテルマエ・ロマエ特別編の小冊子がもらえたyo
阿部ちゃんがそっくり!なんとルシウスと阿部ちゃんが大接近!!





"「テルマエ・ロマエ」濃い顔族" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント