「わが母の記」究極の私小説

文豪井上靖が書いた自伝的小説「わが母の記~花の下・月の光・雪の面~」が原作。
実際に井上靖の自宅で撮影されたこともあって、普段は知る事のない昭和の文豪の生活を垣間見られるだけでなく、文豪が臆面も無くさらす本質的な弱さを垣間見る事のできる作品だ。



とにかく映像が美しい。
とにかく役者がすばらしい。

画像
「わが母の記」 公式サイト

<ストーリー>

作家の伊上洪作(役所広司)は、とにかく厳格な父親だった。その上心配性で、常に3人の娘たち(ミムラ・菊池亜希子・宮崎あおい)を必要以上に気にかけていた。
伊豆に住む父(三国連太郎)が亡くなってから、母(樹木希林)の記憶が薄れていき始め、面倒を見る妹夫婦(キムラ緑子)も手を焼くようになってきた。
幼少期に母に捨てられたと思い込んできた洪作だったが、徘徊する母の真実の想いは・・・・・


画像
妹ふたりは父の台湾駐在で大変な思いをしているので、行かなかった兄さんはラッキーだったというのだが・・・

台湾で苦労していたことを聞いても、自分だけ日本に置き去りにされて、祖父のめかけの家で肩身の狭い思いをして暮らしと思い込んで根に持っている洪作は、意固地になるばかり。

母、樹木希林の若い時を、お馴染み娘のややこさんが演じている。(専門職?)



画像
父親に反発する末娘(宮崎あおい)は、おばあちゃんにはやさしい

さすがセーラー服も違和感のない宮崎あおいは、唯一学生から大人の女性まで演じられる数少ない女優だ。



画像
厳格な父親像は、昭和のお父さんそのもの。

厳しすぎて、お手伝いさんから書生さん、妻、娘たち全員がピリピリしている様子は、文豪の家ならではなのかもしれないけど、『厳格な父親像』に慣れてないと、ちょっと厳しすぎるのもねぇと思ってしまう。

でも、ラストのほうで実は妻は、『夫の母に対する思い込みと想いの強さは理解済み』というのが判明して、ははん、妻は夫にかしずいているように見えて、実はしっかり手のひらで転がしていたのだとちょっとホッとしたりして。


画像
ブーブーくん(運転手 兼 書生さん)の役は、ももえちゃんと三浦友和の息子

あまりオーラを感じない青年は三浦貴大。
これからの彼の将来がやや心配になる。


画像
介護の大変さがしみじみ・・・・

文豪の家では、お手伝いさんもいるし、書生さんも居るし、この程度では介護が大変とは言わせないよ、とつい思ってしまうけど、映画のテーマはそこではないので。
一人母との想いの行き違いに苦悩する洪作が、母がボケて初めて知る真実に涙するシーンは、号泣。


なのに、洪作があわてて照れ隠しに顔を洗ってしまうと、こちらまで感動の涙が治まっちゃった。
すごく感動物語なのに、『溢れる涙が止まらない』かんじにならなかったのは、そのせいかな?







"「わが母の記」究極の私小説" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント