「マリリン7日間の恋」ゆかりの地をたずねて

「試写会に行く前にこのDVDを見ておくといいよ」とmigちゃんに薦められて借りて見たのが、マリリンモンロー主演「王子と踊り子」。
そういえば、マリリン・モンローの映画を見たのは初めて☆




そして、その衝撃!
天才的な大女優の魅力に、すっかり魅せられてしまった。
そんなマリリン・モンローをミシェル・ウィリアムズが熱演。かなりいい線いっているけど、やっぱり本物のマリリンは唯一無二なのね☆
画像
「マリリン7日間の恋」公式サイト


<ストーリー>

1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)がイギリスにやってきた。
しかし監督でもあり主演の名優ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)の高圧的で見下すような態度に、マリリンは次第に追い詰められ、精神的なバランスを崩していく。
唯一心を許すことができた第3助手のコリン(エディ・レッドメイン)は、次第に二人の距離を縮めていくが・・・・


画像
同行した夫も手を焼くマリリン はじめは大々的な宣伝も成功しうまくいくかにみえたが・・・・

ローレンス・オリヴィエの妻はヴィヴィアン・リー(ジュリア・オーモンド)だったのね!
確かに大御所が揃っていると、緊張もするでしょう。
繊細で生まれたばかりの小鹿のように、震えるマリリンをミシェルがなかなかに好演。
アカデミー女優賞にノミネートされたのもわかるわ。


画像
演技に自信の無いマリリンは、ポーラに演技指導を頼んでいたが・・・

マリリンの精神状態を良く知るポーラは、始終付き添って励ましたり、演技指導に力を入れたり。
これがまた、監督でもあるオリヴィエの反感を買ってしまう。

画像
マリリンが控え室で泣いているのを目撃してから、彼女に次第に寄り添っていくコリン

そばかすいっぱいのイギリス青年らしさが、ぴったりのエディ。
マリリンが30歳、コリンが23歳と言う設定なので、丁度いいのかもだけど、もう少し童顔の俳優でもよかったかな。

というのも、マリリンの魅力に翻弄されていく様や別れの辛さとか、もう少しディープに演じるのでなければ、本当に幼い印象の青年のほうが、周りがヒヤヒヤするかんじが出て良かったと思うのだ。

画像画像
















唯一マリリンとコリンを応援してくれる大女優(ジュディ・デンチ)には、心からほっとさせられる
コリンが告白するルーシー(エマ・ワトソン)は、オーラを消して普通の女の子を演じている。勿体無いけど、エマ・ワトソンらしい選択って気がする~

画像
監督兼主演のオリヴィエは、白塗りがちょっと笑える

当時は白塗りが普通だったのか、カメラ映りのために化粧をしていたってことなのか?

監督の苛立ちが、マリリンの一見ワガママに見える振る舞いに対しての事のように思えるが、実はマリリンの誰もが持ちうる事のできない天性の素材に嫉妬していたのではないだろうか。
それは劇中でも最後のほうに吐露している。


今回DVDを先に見ていたので、それがよーく判った。
「王子と踊り子」の王子(実は大公つまり16歳の王子の摂政)役のオリヴィエは、劇中でも43歳の設定。
自分を大公殿下と呼ばないと機嫌を悪くするような堅物のおじさんは、マリリンとの恋のお相手にはやや不釣合いに感じた。
実際、最後のほうまで恋のお相手の王子はいつ出てくるの?って思いながら見ていた私(笑)

画像画像













このDVDを見て、完全にオリヴィエがマリリンに食われていると感じたのは私だけではないらしい。

食われているというより、どんなに大御所俳優であっても旬を過ぎると輝きがくすむように、彼も自分を主演にした監督作品を宣伝するために、マリリンの力を借りていたのではないかと思うのだ。
マリリンの魅力の前に、そんな自分が悔しかったのではないだろうか?

画像
「王子と踊り子」のシーンが出てくると、また楽しい

試写会に行くその日にDVDを見ていたので、より一層楽しめた~☆
ミシェル・ウィリアムズのマリリンも相当にナイスバディだし、演技かなりも頑張っているのだけれど、マリリンの巨乳といったら!
彼女の肉感的なスタイルとその爆発的にはじける魅力は、最早追随を許さないのだと実感。
結構むっちりとして、お腹も出てるんだよね~とちょっとだけ安心したりして



さて、今回「マリリン7日間の恋」の撮影を行ったのは、Pinewood Studios。
そのほか登場したのは下のようなところ☆

画像マリリンとコリンが恋の逃避行をするところで登場するのは本物のウィンザー城

しかしウィンザー城の中のシーンは、ロンドン郊外にあるハットフィールドハウスだ。
ロンドン観光地めぐり☆映画撮影はハットフィールドハウス 参照

画像画像












写真は公式サイトより拝借。
「トゥームレイダー」のララ・クロフトが住むお屋敷にも使われたハットフィールドの図書館は、二人が資料を見せてもらうシーンに登場。
「リバティ-ン」でも使われたロングギャラリーは、金の天井がまぶしい。
↓このギャラリーの窓から見える景色は、ハットフィールド正面の水曜しか公開されないイーストメイズだ。
画像
ちなみにメイズの向こうに見える門から馬で走りこんできたのは、お馴染み「スピーリーホロウ」のジョニー♪
画像

二人が池(川?)で泳ぐところでチラリと出るのは、ケント州にあるSaltwood Castle。


そのほか学生たちに取り囲まれるのは、そのままイートン校。
(イートン校とソルトウッドキャッスルは訪問できず)

画像
撮影場所は不明だけど、紅葉しかけた季節に池で泳ぐなんて、役者さんも大変~~



思わせぶりなマリリンの行動が、深みにはまっていく男性を傷つけてしまう事は、NYからの付き人ミルトン・グリーン(ドミニク・クーパー)を見てもわかる。
しかしマリリンに罪は無い。
彼女は素直に安らげる場所を探していただけなのだから。




マリリン初級者にとっては、彼女の苦悩を知るには、なかなかいいチャンス。
でも60年経ってもマリリンほどのオーラを放つ女優は出てきてないということを実感するには、やっぱり本人の作品を見るのがベストね。


"「マリリン7日間の恋」ゆかりの地をたずねて" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント