アウシュビッツへの道☆絶滅収容所ビルケナウ

かつてポーランド王国だったころの首都クラコフから、列車で1時間半。
オシフィエンチムの静かな村にある、世界一有名な場所、アウシュビッツ
この第一収容所から、さらに3Kmほど離れたところあるブジェジンカ村にあるのが、収容所2号ビルケナウである。
映画「シンドラーのリスト」にも登場するこの収容所は、まさに「絶滅収容所」と呼ばれる場所だった。(写真はクリックで大きくなります)
最後の1枚だけ(池の写真の下)衝撃的な写真を載せています。ご注意ください。


画像
撮影に使われた、ビルケナウのSS中央衛兵所の監視塔 


アウシュビッツからビルケナウには連絡バスがある。
時間がないのでタクシーで移動。

「最初に塔の上に上って、全体を見渡しなさい。」タクシーの人に教えられた通りにまず塔に上って
・・・・・・・・・・・・・・絶句した。




画像画像
透明写真.png





広い・・・・・途方もなく広い、広すぎるっ!!!

150万人の人が貨車に詰め込まれて、この「死の門」をくぐった。生きて戻ったのはそのうち1割。(左)
塔より右手を見る。当時のままの木造のバラックが並んでいるが、広すぎて端まで見えない。(右)
左手も同じようにバラックが並んでいる。





私の目が悪いだけじゃない。
広すぎてこの収容所の端は、遥かかなたで、到底見えないのだ。

これが体感するってこと。
今までアウシュビッツの博物館って、広島や長崎の原爆資料館みたいなところ?と思っていた私。

違う。

資料なのではない。
ある部分は復元されてはいるけど、ほとんどはそのまま、収容所が全くそのまま残されているという事だったのだ。
私の言う「体験しないと解らないこと」とは、この広さのことなのだ。

画像
「死の門」をくぐった貨物列車は、3本の引込み線を入っていく(監視塔の「死の門」から続く線路の、右側の広大な敷地に木造バラックが続き、左側の広大な敷地ににレンガ棟バラックが並んでいる)
線路に沿って歩く人たちが、あんなに小さい・・・・


画像
1週間も食料無しで詰め込まれて来た貨車をようやく降りると、待っていたのは収容所。
ここで家族と引き離され、男性と女・子供に分けて並ばされる。
次に軍医によって、仕分けが行われた。


画像
線路の左側には、レンガ棟が延々と続く (女性・子供用)

画像画像
透明写真.png
トイレ専用バラック(左)
痩せすぎてトイレの穴に落ちる人がいたと聞いていたけど、とても落ちるような大きさの穴には感じなかった。
想像を絶する痩せ方だったということか。

レンガ棟の3段ベットには1段に8人。(右)
目が慣れるまで、中は真っ暗にかんじるほど暗かった。

画像
線路の右側は木造バラック (健康そうで働けると判断された男性用)
湿地帯に基礎工事無しに建てられたので、床は土泥がむき出し。

各棟には囚人頭がいて(主にドイツ人囚人)厳しく管理された。
リンゴを拾う、仕事中に排泄する、仕事の能率が悪いというだけで虐待が加えられ、懲罰房に入れられた。
懲罰では食事が減らされ、重労働を課せられた。




バラックは、あまりにも整然と並んでいた。

収容所のバラックというと、なんとなく雑然としたイメージを持っていたけど、全く違う。
神経質なまでにキチンとまっすぐ、整然と、そして果てしなく続いているバラックの列を想像してほしい。(300棟あった)
1つのバラックに1000人ほどが収容され、11時間労働の前後に点呼が行われる。(1人でも脱走など欠落者がいると何時間でも立たされた。最長19時間)
この機械的に整然とした様が、なんとも空恐ろしい。
画像
木造バラックのベッド、中央に暖房用煙突が奥まで続いている
薄い縞模様のパジャマ一枚でさぞ寒かったろうと思っていたので、暖房設備があって、ちょっとだけ安心した。



画像画像画像
透明写真.png
煙突だけが残っている、SSによって破壊されたバラックがいくつも並ぶ(中)
縞模様のパジャマの少年たち(右・解放後の写真)
働き手となる14歳以上の子供と生体実験用の子供以外は、まっすぐガス室へ送られた。



金髪碧眼の子供は、ゲルマン化としてドイツ語を習わせてドイツ人として教育されたので助かった。

それ以外の女性と子供は、一人170マルクで、ドイツの製薬会社が購入。(解剖練習用の遺体も)
チフスや結核を発症させて、試薬実験などを行っていた。
150人の女性を注文したが、弱ってしまったので、再度発注したという記録があるらしい。
画像
なんて酷いドイツ人!!と思いがちだが、日本も満州で行っていた人体実験の結果を、アメリカが戦犯に問わないという約束でデータを入手し、その試薬結果を元に今の薬や医療が格段に進歩したという事実を心に留めておきたい。

このほか、ユダヤ人絶滅に向けての断種実験、不妊治療も行われていた。
実験が行われるまで、子供たち(特に双子)はお菓子などをもらえたので、「おじさん、おじさん」と慕っていたという。


画像
線路の終点 平和の像が置かれていた


終点の先で、流れ作業で効率的に受け入れが行われた。
登録・脱衣ホール→衣料品預託場(実際は没収)→散髪→シャワー→囚人服受け渡しもしくはガス室行き(約70%)
画像
きちんと整備された汚水処理場
実質5年間の収容所だったが、この立派な汚水処理場が、ドイツ人の几帳面さを垣間見るようで、また恐ろしくなった。
画像

画像画像
透明写真.png
撤退するSS隊員によって、犯罪の跡を消すために爆破されたガス室跡(左)
収容所は林に囲まれている。(右)木々を揺らすほどの風が吹いていた。



第一収容所のアウシュビッツでも、広い大地に吹き抜ける風が強く、口の中が砂でジャリジャリになってしまった。
寒い・・・・・・真冬はさぞ寒かったことだろう。
ビルケナウの方が、よく手入れされた芝生が広がっているので砂埃は立たないが、、ほとんどのバラックが破壊されているため、よほど風が吹き抜けても良さそうなのだけど・・・・・・・
風がない。
そういえば、暖かいと感じるほど風が凪いでいた。


画像
2000人が一度にガス室で殺され、1日に350人の死体が焼却され、その灰がこの池にまかれたり、肥料にされた。

アウシュビッツの展示には、入所の際に撮影された収容者の写真が沢山かけてある。
その入所日と没年数の間がほんの数ヶ月しかないものがほとんどだった。
「おまえたちに出口は1つしかない。焼却炉の煙突だ。」と言われて過ごした数ヶ月は、長かったのか短かったのか・・・・・・


焼却炉で作業が間に合わなくなると、林の向こうで野焼きをした。

画像
収容者が命がけで盗撮した野焼きの様子


このレポートでは、できるだけ多くの人に読んで欲しいので、見ていて辛い写真などは載せないつもりだった。
しかし、この写真に全てが凝縮されているように思ったので、見て欲しい。

システマチックに作られた収容所。
些細なことで懲罰を受ける状況、山積みの死体を昇降機で運搬する作業に、もう人間の心は無い。






アウシュビッツのチケット売り場の売店で、菓子パンをかじったあとは、飲まず食わずの1日。
口はジャリジャリ、足はよれよれ・・・・
この正しい見学方法で、子供たちに少しでも伝えることができたかな。


参考資料  「アウシュビッツ博物館案内」 中谷 剛 著(アウシュビッツを日本語で案内するために、オシフィエンチムに在住している)

この歴史を伝えるべくポーランドに住む中谷氏に感謝するとともに、アウシュビッツで命を落とした多くの人のご冥福をお祈りします。

"アウシュビッツへの道☆絶滅収容所ビルケナウ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント