「タイタンの戦い」 ラスボスはクラーケン

これって、ゲーム?
捕らえられた姫を助ける為に、勇者が立ち上がり、幾多の敵を倒したり、味方につけたり、魔法の剣をGETして、いざラスボスとの戦いが・・・・・
これから3Dゲームの時代がやってくる。
さぞ、3Dでゲームしたら迫力だろうな~と思わせる、まるで宣伝のような映画で・・・・




画像
 「タイタンの戦い」 公式サイト



<ストーリー>

古代ギリシャ世代、人間たちは慢心し、神への敬意を無くしていた。
怒った神々の王・ゼウス(リーアム・ニーソン)は人間たちに今こそ神の力を見せ付ける時だと、冥界の王・ハデス(レイフ・ファインズ)にそそのかされ、人間に恐怖心を植えつけよと、ハデスに命じる。

ゼウスと人間の子である半神ペルセウス(サム・ワーシントン)は、育ての親をハデスに殺され、人間の味方につく。
ハデスは、アルゴス国の王女・アンドロメダ(アレクサ・ダヴァロス)を生贄に捧げねば、アルゴス国をクラーケンに襲わせると人間に告げる。
アルゴスを救う為に、ペルセウスは立ち上がるのだが・・・・




画像
ゼウスは意外に絶倫




ギリシャ神話とかには、全く疎いわたし。
ゼウスについてちょっとだけ調べてみた。

ゼウスはローマ神話では、オリュンポスの神々の家族および人類の両方の守護神・支配神であり、神々と人間たちの父と考えられた。

父クロノスと母レアーの末の子で、ハーデスとポセイドンの弟。
正妻は姉妹であるヘーラーであるが、姉をはじめとする女神や、多くの人間の女性とも交わり、子をもうけたといわれる。





どんだけ、絶倫!?




もう、ゼウスと取り巻きの十二神が出てくるあたりから、シャットダウンしてしまった私。

人間の祈り方が足りんから、人間を滅ぼすとな?
人間の王が慢心していると、その王妃を×××しちゃうって?

神って何なの?
慕ってくれなきゃ、暴れちゃうって・・・・・ただの我がままな暴君じゃん・・・・






画像
メデューサは、とにかくすごい


メデューサと言えば、どの話に出てきても、最強キャラ。
ただ目が合って石になっちゃうだけでも、相当な恐怖なのに、その上、すごいスピードでシュルシュル追いかけてくる。
こわーっ!!


しかしシャー言ってない時のメデューサは、結構美人♪



メデューサと対する時のシーンがじーんとくる。
「私の尊敬する人は、育ての親ただ一人だった。・・・・・・・・・・・・・・しかし今は4人いる。」


しかし胸に迫るペルセウスの言葉に感動する暇もなく、みんなやられちゃうって、あんまりだわーっ!



画像
美しきアルゴス国王女 アンドロメダ  美しいだけじゃなくて、聡明☆


アンドロメダをいけにえに所望した冥界の王ハデス。
映画では二人の弟ゼウスとポセイドンに騙されて、冥界の王にさせられたと言っていたけど、実際ギリシャ神話ではくじ引きだったとか。





ハデス くじ運 悪っ!!




画像
ラスボスのクラーケン


一つ目の3姉妹の造形といい、クラーケンといい、「ヘルボーイ」を思い出させるクリーチャーたちが、どうしても体質に合わない私。




その逆に、ペルセウスのサム・ワーシントンの格好いいこと♪
鍛え上げられた肉体に、戦士の衣装がバッチリ☆

クリーチャーとの戦いも、黒いペガサスも、最新技術にただただ驚くばかり☆
3Dで観たら、相当な迫力だったと思われ・・・・



内容はリメイクだし、ストレートすぎて子供だましに過ぎないけれど、とにかく迫力満点の映像☆
いけにえなんて、巨大イカのクラーケンに食べられて、終わりなんじゃ?いけにえの意味って?なんて、考えずに迫力だけを楽しもう。







"「タイタンの戦い」 ラスボスはクラーケン" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント