2009年度年間ベスト5

みなさん、明けましておめでとうございます!
私のようないい加減なブロガーのたわごとに、いつもお付き合いいただきまして、ありがとうございます。
新しくお知り合いになれたブロガーの皆さん、また、お目にかかることの出来た方たち~と、本当にいい人たちに巡り合えて、幸せな一年でした。
昨年は、ロンドンで思うように映画も観られなかった私ですが、DVDのレビューも含め、これからも細々と書いていくつもりですので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。



さて!、毎年やってないので、するつもりがなかったベスト10
映画もあまり数多く観ることができなかったので、初回から手を抜いて、ベスト5で




1位
画像
 「スラムドッグ$ミリオネア
文句なく第一位!!
英語で観たけど、何の問題もなく感動しまくった作品。
というより、途中まで英語じゃなかったことにも気が付かなくくらいだったし。

子供達の笑顔に癒された~




2位
画像
 「縞模様のパジャマの少年
1滴の血も流れないのに、ものすごく残酷な戦争映画。
ナチス側から描いているところに、大きな意味があると思う。
白黒をつけない、戦争を反対するテーマに共感した。





3位
画像
 「GOEMON
前作の失敗を引きずったまま見たせいか、その映像美と発想のすばらしさに、度肝を抜かれた映画。
キャストを最大限に生かしているような、キャストに過度のメイクをさせて誰だかわかんなくしちゃっているような、そういうぶっ飛んだ感覚と、異次元空間の見事さに圧倒された。





4位
画像
 「X-メン、ウルヴァリンZERO
英語で観たせいか、余り深く考えずに素直に楽しめた作品。
エンターテイメントとしては、ヒュー様を存分に堪能できて、しかもほかのキャラにも新発見があって面白かった♪





5位
画像
 「チェンジリング」
息子を持つ母としては、胸が痛くなってしまうような目を背けたくなる結末。
そんな苦悩の母を、実に見事に演じたアンジーに喝采!
なぜか、まだレビューを書いてなかったけど、衝撃は今でも忘れないよ。






番外
画像
 「ドリアングレイ
なーんで、これがまだ日本公開されてないんだろう??
カズピアン王子のけつあごベン・バーンズが、怪しい流し目で悩殺してくれる、とろけるような映画でありながら、結末は強烈!
これは、必見!!




ワースト1
画像
 「ドラゴンボールEVOLUTION」
飛行機で観たけど、巻戻しても何度も同じ箇所で眠ってしまい、気が付くと解決している謎の映画。
あまりのことにレビューを書く気にもなれなかった。
亀仙人はともかく、漫画に思い入れのある人も、漫画を知らない人も、一様にがっかりする作品。





以上、昨年のベスト&ワースト映画でした☆

今年は、ロンドンに帰ったら、すぐに「シャーロックホームズ」だ!!
何本観られるか判らないけど、今年も一年、またよろしくお願いいたします~☆






"2009年度年間ベスト5" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント