「THE JUON / 呪怨」世界で一番怖い映画

見ようかどうしようか、直前まで悩んでいた。
「まあ、怖かったら途中でやめたらいいし~」・・・・・・・・・・・って、最後まで見ちゃったよぉー
イギリスtv1で夜放映された映画「THE JUON」
どうせハリウッド版リメイクで、原作よりすごいのってないから、きっと怖くないよ・・・・・
と思ったのは大間違いだった。



画像
 「THE JUON / 呪怨」公式サイト


実は、スプラッターと人形ものと鏡もの(?)以外は、ホラーでもなんでもOKな私。
その私が、最も怖くて、二度と見ない!と決めた映画が、この映画の原作「呪怨」なのだ。

日本家屋に、押入れに、お風呂に・・・・それになんと言っても四つん這いと、映画「リング」も平気だった私にとって、怖いアイテム満載のこの映画。
ゼッタイ見ないと決めたのに、結局「呪怨2」も見ちゃった私だけど、ハリウッド版リメイクだし、きっと怖くないよ☆と、たかをくくってしまった事を今更後悔しても遅いのだ・・・


<ストーリー>

東京の大学で福祉を勉強している留学生のカレン(サラ・ミシェル・ゲラー)は、同じ大学のダグ(ジェイソン・ベア)と一緒に日本の暮らしを楽しんでいた。

ある日授業の一環として、日本へ赴任してきたマシュー(ウィリアム・マボーザー)と妻のジェニファー(クレア・デュバル)の住む古い日本家屋へ、軽度の痴呆のある母親エマの様子を看るために派遣されたカレンは、ゴミの散乱した中で、天井を見上げたまま放心状態のエマを発見する。

戸惑いながらも介護をはじめたカレンは、2階で不気味な物音がすることに気が付き、封印された押入れを開けると、そこには少年(尾関優弥)が座っていた。

通報で駆けつけた中川刑事(石橋凌)は、天井裏にマシューと妻の死体を発見するが・・・・




画像
事件の鍵をにぎる大学教授に、ビル・ブルマン


ああああ・・・・・怖かった・・・・
(↑伽那子の声で)



内容は、日本の「呪怨」と、ほぼ一緒。
さすが、製作のホラーの巨匠「サム・ライミ」が、監督 清水崇 に自由に作らせたというだけあって、怖い。
やっぱり、この怖さは日本人の感覚でないと、出ないわけよ。

原作では、事件のあった日本家屋を、安値で日本人に売り抜ける不動産屋がいて、知らずに住んだ家族が酷い目に遭うわけだけど、その知らずに住むのが今回外人一家だったという、なんと舞台も日本で、家も同じ家なのだから、ビックリ。

人物を変えて焼き直し・・・・・ってことは、これぞリメイクなのかな?




画像
マシューの妹 何も悪いことしてないのに、巻き添え~


事務所で怖い思いをして、急いで家に帰ってくる。
ドアのチャイムを鳴らす人がいるので、覗き窓から見ると、兄のマシューだった。
「やだー、びっくりしたわ、兄さんじゃないの」(多分)と言いながら開けると、そこには誰もいなくて・・・・・

のところで、パパンが帰宅。
ものすごいタイミングで、ベルを鳴らすの、やめてーっ!!!!




画像
彼女のために、謎の日本家屋へ様子を見に行くダグ
だから、夜行くのやめなさいよーぉ



外人家族が痴呆の母親を連れて海外赴任するなんて、まず有り得ないけど、言葉も食べ物も分からない赴任先で、戸惑う妻のジェニファーをみて、そうでしょー、海外赴任って大変なのよ・・・と、妙なところに反応してしまった私。


細かいところはともかく、俊雄と伽那子のゴールデンコンビは、とにかく最凶!!!
思い出すだけでも、胃のあたりが重たくなってしまうくらい。

「そんなに怖いなら、見なきゃいいのに・・・・」とパパン。       まったくです。






一番怖かったのは、あまりの怖さに寝る前に目覚ましをかけておくのを忘れちゃったこと。
なんとか、ギリギリ起きられたけど・・・・












"「THE JUON / 呪怨」世界で一番怖い映画" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント