ロンドン観光地めぐり☆コッツウォルズ地方①

13世紀~16世紀にかけて、羊毛で発展した村々が、今なお昔ならではの町並みを保って、イングランドの美しい田園風景をみせてくれるところ。
ロンドンからも車でスムーズにいけば2時間の日帰り圏内。
今年もここは、はずせないよね~ということで、両親を連れて小旅行へ。



画像
昨年も来たブロードウエイ・・・・・・って、イギリスなのにー??




コッツウォルズ地方には、ヘンリー8世の最後の妻キャサリン・バーが埋葬されているスードリー城(『ロンドン博物館めぐり☆スードリー城』)のある、ウィンチクームを含めて、いくつもの小さな村が点在する。

そのどれもが、この地方特有のハチミツ色のライムストーンで造られ、産業革命で羊毛業が廃れたことによって、その姿を変えずに今まで保存されてきた、歴史の生き証人のような村なのだ。

私のオススメ映画『ホットファズ~俺たちスーパーポリスメン』でも、皮肉たっぷりに登場するこの地域の村々は、イギリス一美しい町の称号を貰う為に、村をあげて取り組んでいるらしい。

看板も無い、ネオンも勿論無い、レンガも屋根も窓ガラスも修理するなら決められた素材で、ゴミなんか当然無い、花を育て、塀にスプレーするやつは許さない!(多分)という徹底振りで守られてきた村なのだ。





画像
泊まったブロードウエイホテル
コッツウォルズ地方に点在する村を、いくつも回るなら、可愛いホテルに1泊したい。
でも、部屋数の小さなホテルしかないので、どこも早めの予約が必要☆
本当は、ブロードウエイは昨年行ったので(ロンドン小旅行編③)、よその村で泊まりたかったんだけど、どこもいっぱいだった。


フロントの人とレストランのウエイターが一緒なので、食事時は忙しくて人手がない。
でも三つ☆ホテルとはいえ、気持ちのよい対応をしてくれて、アットホームな雰囲気がとってもあったかい~♪



画像画像

















ホテルの中庭と、部屋。
赤いお部屋には赤い服のくまたん☆
青いお部屋には、青い服のくまたんが、お出迎え♪




画像
村の中心部には、たいていこのようなポールが立っている。
ここで昔、羊毛の取引が行われた。


画像
500Mも歩かないうちに大通り(といっても、道はこれだけ)はおしまい
通りの両側には、可愛らしい小物や、お土産、アンティークのショップが並んでいる。
スーパーは八百屋の脇から小道を入った裏手にある。


画像
観光客はこれから~というのに、5時でさっさと店を閉めて出てくる店のマダム
このお店が目当てで来たのにーっ!!(涙)


昨年行ったときの店内は、こんなかんじ♪
画像
ちょっとお高めだけど、センスのいい雑貨で溢れているよ☆


薄いピンクのコーナーや、淡いブルーのコーナーなんかがあって、本当にメルヘンの世界!
絶対行くべし☆




"ロンドン観光地めぐり☆コッツウォルズ地方①" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント