「オペラ座の怪人」豪華絢爛~舞台そのまま

8月末にロンドンのミュージカルを鑑賞する予定なので、予習もかねてDVD鑑賞。
重厚で、豪華絢爛、舞台をそのまま観ているようで、まさに圧巻!
それにもまして、ファントム演じるジェラルド・バトラーの、なんとセクシーなこと!!



画像



冒頭の、朽ち果てたオペラ座でファントムの遺品をオークションにかけているモノクロのシーンから、あの有名な音楽と共に、シャンデリアが天井高く吊り上げられ、みるみるうちに色鮮やかな世界へと蘇っていくところは、息を呑むような演出だ。
これはちょっとタイタニックにも似ているけど、50年後のほうがモノクロというところが、実に面白い。


<ストーリー>

19世紀のオペラ座。
地下の洞窟に潜んでいると言われる‘怪人‘ファントム(ジェラルド・バトラー)に支配された、オペラ座は、その影に怯えながらも連日華やかなショーが行われていた。

傲慢な歌姫が怪人によって引き起こされた事故により交代を余儀なくされ、代役として若き新人クリスティーヌ(エミー・ロッサム)が選ばれた。
幼き頃から歌の師としてレッスンを受けていた『謎の天使』の声に導かれ、彼女はすばらしい人気プリマへと成長するが、天使の正体でもあるファントムは、クリスティーヌを我が物にしようと、地下の洞窟へ招待する。

新しく変わった若き実業家の支配人ラウル(パトリkック・ウィルソン)は、彼女が幼馴染だと気が付き、二人はすぐに恋に落ちる。

しかし、ファントムが次々に恐ろしい手を使って、二人を引き裂こうとする。
ついに、仮面の下を見てしまったクリスティーヌは・・・・・





画像
華やかな舞台は、そのまんまミュージカルを観ているよう
他の場面もほぼ、ずっと歌っている。
なるほど、舞台の作り手であるアンドリュー・ロイド・ウェバー自身のプロデュースにより映画化されただけのことはある。

というより、全編ミュージカルなら舞台で観ればいいのに・・・と思ってしまう私は、やっぱりへそ曲がり?



画像
憧れの『声の天使』に会えた嬉しさで、洞窟深くいざなわれるけど・・・・
影からいつも見ていて、彼女のために何でもするけど、手段を選ばず、次々人を殺したり、恋をするとジャマをするなんて、今で言うと‘ストーカー‘?


私は以前本も読んだことがあるけど、その時の印象は、ファントムがとにかくずっと影からクリスティーヌを見守っていて、歯がゆいくらいだった記憶がある・・・・
そして、恋に落ちていくクリスティーヌを、罵倒しながらも耐えて耐えて・・・・というイメージがあったのだけど・・・

映画は、かなり強引で積極的。
パーティーにも仮面をつけて堂々と登場するので、ちょっとイメージが違ってびっくりした。


画像
しかし、そのお姿は、なんともセクシーで凛々しい♪♪
凛とした立ち姿は、男は背筋で決まる?となんとなく思ってしまうほど。


さすがバトラー様♪



画像
地下の洞窟は、クリスティーヌの等身大フィギアがあったりと、普通の人ならドン引きのストーカーぶりなのだけど、お馴染みロウソクいっぱいの、その妖艶な雰囲気に、こうして船に乗ってくると、思わずうっとりとしてしまうのも分かる。



クライマックスでクリスティーヌが舞台上でファントムの仮面を剥ぎ取ってしまうシーンは、その前にラウルと目配せしているようだったので、ファントムを罠にはめたと考えると、本当に辛い。

「醜いのはあなたの顔ではないわ。その心が醜く歪んでしまったのよ。」と言うクリスティーヌだけど、結局仮面をはいでから、その気持ちが変わっていったようで、そりゃ、ファントムも辛さ爆発だよね~


私としては、ファントムを子供の時に助けてから、ずっと手助けしてきた女性が気になる。
彼女こそ、ファントムの醜い顔を見ても、ちゃんと人間として接してきた、唯一の人物なのではないかしら。





最後のクリスティーヌの墓に、バラを供えてくれたのは、いったい誰だったのか?
(年齢的に、ファントムではないはずで・・・)
謎とともに余韻を残して映画は終わったのだった。




"「オペラ座の怪人」豪華絢爛~舞台そのまま" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント