「アイアンマン」アメコミでも意外な持ち味

アメコミヒーローが目白押しなわけで。
その中でも、普通の人間がヒーロースーツを着て戦うなど、全く意外性のないテーマで、どこまで面白く見せられるのか??
到底太刀打ちできないのでは?・・・・・と思ったら、結構面白い~~
悪を倒すのが目的ではない。
テーマはもっと深いところにあった。


画像
 「アイアンマン」 公式サイト

<ストーリー>

子供の頃から超天才のトニー・スターク(ロバート・ダウニーJR)は、自ら開発した兵器で財をなす、超セレブだ。
プレーボーイで、手に入らないものは、何もない。

アフガニスタンで兵器のデモンストレーションをした後、テロ集団に拉致された。
機械を埋め込まれて一命を取り留めたスタークは、新型兵器を開発するよう迫られる。

そこで見たのは、自分が開発した兵器ばかり。
平和のためにと開発したはずの兵器が、テロ集団の手に渡っていると知ったスタークは、廃材からこっそりとあるものを作っていた・・・・・



廃材から無敵のヒーロースーツを作れるほどの天才が、自分が平和のために兵器を作っていると思っている時点で、バカである。

そんな主人公が、自分のバカさ加減に気が付き、軍事企業から手を引いて、本当の平和のために立ち上がっていくという単純なストーリーなので、子供にも充分理解できるし、グロいシーンもエロいシーンもないので、ここは是非 世界平和のためにも子供に見せておこう。


画像

友人でありビジネス・パートナーの、合衆国政府軍事アドバイザー ローディ空軍中佐(テレンス・ハワード)
空飛ぶ怪しい物体を、空軍の攻撃から守ってくれる。
って、個人的な事情で、未確認のヒーローロボットに味方していいものか・・・・?


ヒーロースーツを製作していく過程はなかなか面白い。
試作品を自在に操れるようになるまで、超高級車を次々とぶっ壊して(壊れちゃう)いっても平気なのは、さすがセレブ~♪
役員を解任されても、ここまでセレブだと資金の心配はいらないってことなのね?



画像

あまり美人ではない秘書は、お約束通り、段々と美しくなっていく。
とはいえ、最初からすごい美人でもないのに、ちゃんと綺麗になっていくあたりは、なかなかのものだ。
しかも、秘書らしい凛々しさは失っていない。


加えて、社長と社長を慕う秘書との、なりそうでならない恋愛のボーダーラインを、超えそうで超えないところが、今までのすぐにラブシーンにもって行くハリウッド映画にはなかった繊細さがあって、評価したい。





しかし、どうなんだろう?
結局スーツは、敵に類似品でさらに巨大なロボットスーツを開発させ、激しい戦闘となった。

力を力で抑え込もうとするあたりは、結局はアメコミの限界なのでは?




これからもアメリカの考え方の根本を変えていかなくては、平和はなくならないということか・・・・・
それとも暗にその辺りを示唆しているとすれば、アメコミも捨てた物ではないのかも。





"「アイアンマン」アメコミでも意外な持ち味" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント