「L change the WorLd」やっぱり松ケン!

思えばデスノ前編で、プレミア試写会に行った時に、「へー、松山ケンイチのファンクラブって、こんなにいるんだぁ~」などとぼんやりと思っていたのが、今や自分がすっかりその虜に・・・

デスノ関係のブログ(DEATH NOTEーアニメと実写映画後編 )と( 「デスノート後編」試写会&舞台挨拶 )ブログはこちら

画像

「L change the WorLd」 公式サイト


当然のことながら「DEATH NOTE」前後編を観ていないと、分からない。
それどころか・・・・・


ええーっ!!タイ人だったってこと!?



BOYに名前を授けるLとの別れのシーンなどは、コミックとアニメを見た人だけへのプレゼント。
前後編を観ていようと、にわかデスノファンには、実は分からないシーンが隠されているのだった。
むむむ・・・監督はかなりのオタクとみた。
(っていうか、なんで今まで名前がなかったわけ?)

<ストーリー>

命をかけてキラ(藤原竜也)との戦いを終結させたL(松山ケンイチ)は、残りの時間を惜しむようにFBIの難事件を次々と解決に導いていた。
そんなLのもとに、爆発で壊滅したタイのチェンマイの村の、たった一人の生き残りの少年BOY(福田響志)が、ワタリ(藤村俊二)のメッセージと共に送られてきた。

全てのことは計算で解決できてしまうLにも、この無口な少年の意外な行動に戸惑うばかりだ。
そんな時、もう一人ワタリを頼って少女(福田麻由子)が尋ねてきた。
彼女は、細菌研究所で壮絶な死を遂げた父から預かった物を、ワタリへ届けるべく逃げて来たのだった。

銃を持って押し入ってきた世界組織のテロ集団。
狭い部屋の中で全ての事件を解決してきたLにとって、子供たちを体を張って守っていくのは、初めての経験だ。
巨大組織による世界崩壊を阻止するべく、立ち向かっていくL。
果たして世界は救えるのか・・・・?



画像


悪の組織のリーダー(高島政伸)は、恐ろしい細菌兵器を使って、大儲けをたくらんでいた。
今まで研究を共にしてきた教授を、彼のいいなりになって、いきなり足蹴にする研究員たち。
・・・・・・・・なんで?
特に女性研究員(佐藤めぐみ)の豹変ぶりが怖い・・・・・


途中、ゾンビ映画?というかんじになる。
く・苦しみすぎでは・・・・鶴見辰吾さん?


画像


父から預かった細菌兵器を体に注射してしまう少女。
いつ発症するか不安な毎日だ。
数学の天才BOYによって、ワクチン製造のヒントを得られるが・・・・

ちなみにBOY役の福田響志クンは、DJ OZUMAのバックダンサーだったりするらしい。


前作で藤原竜也のキラをしのいで、大人気になったLだが、今回はLのメイクもおとなしめで、ちらりと松ケンがのぞいていたような。
体を張って子供たちと未来を守ろうとするLは、キラとの戦いを終えた後だけに、その思いが強いのは分かるけど、やっぱり走るLは見たくなかったなー
(すごく走りにくそうだった・・・)

途中ママチャリをパクって逃避行を続けるLたちと、ワクチンを開発するシーンでは、デスノ命のりょうたも、ちょっとだけ退屈に。

FBI捜査官の南原清隆は、ちょっとどうなの?
もう少しクールなかんじで入って、だんだんとLを元気つけるために面白くなっていく~という風になるべきでは?
初めから3枚目すぎるよね・・・・


それにつけても、各国語を流暢に話して、事件を次々と解決していくシーンは、格好良すぎ!!
英語よりフランス語のほうが、上手に聞こえたのは、私がフランス語を知らないから?

とにかく松ケンを充分堪能できた、至福の時でありました。






"「L change the WorLd」やっぱり松ケン!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント