「潜水服は蝶の夢を見る」試写会

フランス映画だ。
これぞフランス映画!といってもいい。
ハリウッド映画のように、お涙頂戴しない。
ハリウッド映画のように、ハッピーエンドにしない。
切なく、そして切ない、ひたすら切ないフランス映画だ。


画像

 「潜水服は蝶の夢を見る」公式サイト


<ストーリー>

ELLEの敏腕編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は、病室で目覚める。
医者は一方的に話すばかりで、こちらの話を聞いてくれない。
ようやく自分が脳梗塞で倒れて、全身麻痺になったことを知る。
動くのは左目だけ。
意識ははっきりしているのに、瞬きすることしかできない。

瞬きだけでコミュニケーションを取る方法を教えてくれた、美しい言語療法士アンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)に、彼が最初に伝えた言葉は、「死にたい」だった・・・・・

昔の編集長としての輝かしい実績、別居中の子供たちとのひと時、浮気相手の女・・・・
様々な思い出と共に、想像は妄想となり、潜水服を着たような重たい体から、蝶のように自由に飛び立つのだった。

懇親的に尽くしてくれるアンリエットと、別れた妻セリーヌ・デスムーラン(エマニュエル・セニエ)と子供たち。
以前はこんなことが、うっとうしかったが、少しずつ生きる力を取りも戻し、瞬きだけで自伝を書くことを思いつく。
途方もない時間をかけて、一語一語瞬きだけで伝えていく作業が始まった。



画像

プレーボーイを豪語する父も、今は自力で階段も上り下りできないほど、年を取った。
髭剃りをしてあげながら、つかの間の親孝行。
よもや、自分が父よりも先に逝ってしまうとは、この時は思いもよらなかった。


画像
女大好きは父譲り。
美しい言語療法士と生牡蠣を食べるシーンはエロティック。
レストランから海で抱き合う二人。妄想するときの自分は、蝶のように自由だ。

こんな体になっても、すぐにエッチなことを考えるのは、フランス人だから?
なんとなく女漁りをしている彼を見ていて、サルコジ大統領を思い浮かべてしまった。
体が動かないので、見える場所が決まってしまうが、どうしてもスカートがひらひらする腿のあたりを見てしまうジャン=ドミニク。


使うカードは、普通のアルファベットととは違う。
頻繁に登場する頻度の高いアルファベットから並べてある。
これを、「E(アー)S(エス)A(エー)R(アル)・・・・・」と読んでいき、伝えたい言葉のアルファベットのところへきたら瞬きする。
気の遠くなるような作業だ。

そしてイエスなら瞬き1回、ノーなら瞬き2回。


画像

動くのは、左目だけ。
右目は見えるのに、まぶたが動かないのを理由に、縫ってしまう。
光の透けて見えるまぶたの向こうに、自分のまぶたを縫い付ける医師の姿が見える。

上のまぶたと、下のまぶたが、糸で縫われていく。
糸が見える・・・・
医師が見える・・・・・
「やめてくれーっ!」という言葉は、叫びたくても声にならない。


浮気をして女のもとへ行ってしまった夫だが、こんな体になってから、妻は再び看護に通い始める。
こうなってやっと、自分のもとへ帰ってきてくれた・・・・そんな想いで懇親的に介護していたに違いないが、ある日、病室に引いた電話にかかってきたのは、倒れてから一度も見舞いに来ない夫の愛人からだった。

「前のあなたでないと、会いたくない。」
という女に、夫からのメッセージを伝える妻。
教えられたとおり、「E・S・A・R・・・・」とカードを1字ずつ読み上げながら、彼のメッセージをメモする。
最後まで聞かないうちに、その言葉を理解し、電話の向こうに伝える妻。



「きみのことを愛しているよ。」




こんな辛いことってあるだろうか?
離婚したのに、子供と共にもとの夫を支えていこうとしている妻。
それなのに、愛人に愛のメッセージを伝えさせる元夫。

映画は、しかしこの後妻が辛くて泣いたりするシーンはない。

観客を泣かせない。
ただただ切ないばかりなのだ。



全編、ジャン=ドミニクの視点で描かれている。
なので、最初は画面がグラグラして、視点もぼやけて、車酔いのような気分になる。

話が3分の1ほどきたところで、ようやく彼の姿が現れる。
以前男前で、ブイブイいわせていたプレーボーイが、ギョロッと見開かれた瞳と、ダランと曲がった唇からヨダレをたらしている姿は、同じ人物とは思えないほど。
迫真の演技だ。


そうして、彼の視点からみた、終末のとき。
人間死ぬ時って、こんなかんじなんだろうか・・・・・・???


潜水服を着たような重たい体で、最後まで命を全うしたジャン=ドミニク。
切なくて・・・切なくて・・・・






"「潜水服は蝶の夢を見る」試写会" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント