ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「グリーン・ブック」☆笑って笑って泣く

<<   作成日時 : 2019/03/02 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 14

気持ちよく笑えて、気持ちよく泣ける。
差別を扱ってしっかりと問題提起もしている社会派ドラマでありながら、誰もがホッコリする物語に仕上がっている。これぞアカデミー賞作品賞!


画像
「グリーン・ブック」 公式サイト

<ストーリー>

高級クラブの用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、クラブが改装する2か月の間の仕事を探していた。そんな時、黒人天才ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)から運転手としてスカウトされる。
1960年代の差別が色濃く残る南部の演奏旅行へグリーン・ブックを頼りに旅立つふたり。
教養があり上品なドクと粗暴なトニーはぶつかってばかりいたが、行く先々で差別とトラブルに巻き込まれ助け合ううちに・・・


画像
実在の人物であるドン・シャーリーが南部で演奏を行った時のことを、用心棒を務めたトニーの次男が脚本に書いたのがこの作品。
9歳でレニングラード音楽院に研究対象として招待されるほどの天才ぶりだったらしい。

音源を探すと素晴らしいジャズの演奏が聴けるので、お話の中ではクラッシックだけで多くの人気ミュージシャン、ジャズすらも知らないように描かれていて(そこも面白かったけど)あれ?って思っちゃった。音楽院なら様々なジャンルの音楽を学びそうだけど…

画像
イタリア移民らしく、いつも大家族で陽気に笑い、食べ、家族を思い遣るトニー(ヴィゴ)

いやーしばらくポスターだけ見ていた時は、彼がヴィゴだと気付かなかった私。
それだけイタリア人になり切っていたし、貫禄もあって実に見事☆
「バイス」のクリスチャン・ベイル同様20キロ(はじめ11Kg、撮影中に食べ続けて9キロ)太ったのだとか。

画像
一番驚いたのはヴィゴが陽気に笑っていること!!
実はヴィゴの作品は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズと「偽りの人生」しか見た事なかった私。いつも苦虫を噛み潰したような顔してる(ファンの方ゴメンナサイ)と思っていただけに…(≧▽≦)

画像
いつも冷静沈着なドクとすぐカッとなるトニー でこぼこコンビがいつしか互いをリスペクトし・・・・

随所に笑えるシーンがあり、それが良くあるコメディのように下品で笑わせるぞと言う造りになってないので、皆声をあげて気持ちよく笑えるのも良い☆

そうして笑っているうちに後半では目が潤んで画面がにじんで見えなくなることもしばしば。
特にドクター・シャーリーが「黒人でもない白人でもない!!」と初めて激高し声を挙げるシーンは涙なくては観られない。

画像
カネギーホールの上の階って人が住めるのね?

実際は1年演奏旅行が続いて、もっともっとエピソードがあるのだそう。
脚本は事実を忠実に、トニーが存命の時に添削してもらった時は、「それ以上にもそれ以下にもしてはいけない。」と言われたのだそう。
結果的にはそれが成功だったのではないかしら☆
誰が見ても爽快でスッキリする映画。おススメ!!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グリーンブック
グリーンブック@よみうりホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2019/03/02 12:57
劇場鑑賞「グリーンブック」
レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201903020000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2019/03/02 14:00
『グリーンブック』 2019年2月14日 一ツ橋ホール
『グリーンブック』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2019/03/02 14:20
グリーンブック
人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。トニー役に「イースタン・プロミス」のビゴ・モーテンセン、ドクター・シャーリー役に「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。トニー・リップ(本名トニー・バレロンガ)の実の息子であるニック・バレロンガが製作・脚本を手がけ、父とドクター・シャーリーの友情の物語を映画化した。監督は、「メリーに首ったけ」など... ...続きを見る
映画に夢中
2019/03/03 20:30
「グリーンブック」:良きハリウッド映画の見本   #グリーンブック
映画『グリーンブック』は、まさにアカデミー作品賞だという風格と面白さ。笑えて、引 ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2019/03/03 22:54
グリーンブック
1962年、アメリカ。 ニューヨークの一流ナイトクラブ「コパカバーナ」で、用心棒を務める白人男性トニー・リップ。 店が一時休業となった時期、彼は黒人男性ピアニスト、ドクター・シャーリーのコンサートツアー運転手として雇われた。 黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、2人は人種差別の激しい南部へと向かうことに…。 実話から生まれた音楽ヒューマンドラマ。。 ...続きを見る
象のロケット
2019/03/04 01:17
グリーンブック
この映画は60年も昔の出来事なんだけど、現在と共通する普遍性を持っている。規則だからそれを絶対に曲げようとしない警官、習慣として定着しているから無理難題を押し通す人々。自分と違う肌・趣味嗜好の者を排除しようとする意識は、今も残っている。それらの思い込みから ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2019/03/05 06:45
映画「グリーンブック(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『グリーンブック(日本語字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら80点にします。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2019/03/06 16:39
映画「グリーンブック」
映画「グリーンブック」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2019/03/10 22:20
「グリーンブック」
心温まる良作。それは間違いない。ただ温まるだけでなく、笑いも痛みも伴って。題名の「グリーンブック」とは、人種差別が公然であった1960年代に、アメリカ本土を旅する黒人向けのガイドブックのこと。そこには黒人が宿泊できる…宿泊してもいいホテルが書かれている。本作では、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が、当時人種差別が最も激しかった南部にコンサートツアーに出る際に同行した運転手兼マネージャー役のトニー・バレロンガ=通称トニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)が携えたガイドブック... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2019/03/15 12:53
グリーンブック
Green Book 2018年/アメリカ (監)ピーター・ファレリー (演)ヴィゴ・モーテンセン マハーシャラ・アリ リンダ・ガーデリーン ☆☆☆★★★ ...続きを見る
ごみつ通信
2019/03/21 00:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ラストのドロレスのセリフがいいですよね。
男同士の友情を優しく見守る妻のステキさ。
きっとドロレスもトニーやドクと一緒に何本もケンタッキーフライドチキンを食べたことでしょうね。
にゃむばなな
URL
2019/03/02 00:29
にゃむばななさん☆
ドロレスが本当に素敵でしたね〜
夫のいない留守を守りファミリーの食を満たす料理に奮闘し、ちゃんと何もかも判っていて影ながら支えているところとか本当に良かったデス。これからイタリアの善きママンになっていきそう♪
ケンタッキーのケンタッキーも良かったです〜(爆)
ノルウェーまだ〜む
2019/03/02 09:59
まだ〜むさん、こんばんは。
私も今日、見てきました。すてきな作品でしたね。
マハーシャラもよかったですが、ヴィゴにはびっくりでした。
あのいつも渋くてかっこいいヴィゴが、でっぷり太ってまるで別人のようで...でも内面はとってもチャーミングでしたね。(^_-)-☆
セレンディピティ
URL
2019/03/02 23:05
セレンさん☆
ヴィゴも主演男優賞を獲ってもいいくらい見事な変身ぶりと演技でしたね☆実は私、初めてヴィゴが魅力的だと感じました。
勿論、細マッチョで渋いヴィゴもカッコイイのですが…
本当に役者さんは凄いです!!
ノルウェーまだ〜む
2019/03/02 23:46
こんにちは☆
とっても素敵な作品でしたね。
観終わった後の心地よい余韻が残りました。
作品賞をとっただけあるなーって
ヴィゴさんに主演男優賞上げたかったと思うくらい(ラミ応援派ですが)素晴らしい演技でした!!
yukarin
URL
2019/03/06 16:14
yukarinさん☆
私もヴィゴが主演男優賞を取ったような気がしてましたが、そうそう!ラミでしたよね〜yukarinさんが応援しまくるだけのことはあったし!!

ほんと、いつまでも「心地よい余韻」が続いて、誰が見ても気分が良い映画でしたね〜
ノルウェーまだ〜む
2019/03/06 16:39
こんにちは。
「デニーロ・アプローチ」とよく言っていたものですが、今回のヴィゴも正にそれでしたよね〜。
差別の構造だけでなく、複数の人間が接するとついつい出てきてしまう格差の問題もテーマになっていて、そこも凄いと思いました。
ここなつ
URL
2019/03/15 13:11
こんにちは。

私も数日前に見てきました!
記事にするのがちょっと後になりそうなので先におじゃまいたしました。

とっても気持ちよく見られる良作でしたよね。
ヴィゴは、いつものソリッドな雰囲気がなくて、ホント〜にだらしない体だったのが凄かった。

インテリで真面目なマハーシャラ・アリとのロードムービーになっていてとっても楽しめました。
軽快な内容ですが、重たいテーマもきちんと描かれていて良かったです。どなたにもお勧めの映画ですよね。
ごみつ
2019/03/15 14:57
ここなつさん☆
その通りですね〜
単純に人種差別として描かれるだけでなく、格差が生まれることによって居場所さえも失う悲哀がなんとも印象的でした。
それだけに心の拠り所を見つけたラストシーンは、見ている誰もが心から祝福したくなってしまうように作られていて本当に見事でした☆

デニーロアプローチ、今回は「バイス」のクリスチャンベイルや「女王陛下の〜」のオリヴィアもそうだったので、皮肉にもアプローチのなかったラミが主演男優賞というのも逆に面白かったですね。
ノルウェーまだ〜む
2019/03/15 16:03
ごみつさん☆
そうなんですよ〜
テーマは重たいのに、ロードムービーとしても楽しめ、笑いもあり、最後にすっきりと気持ちよく終われるところが素晴らしかったですよね☆

ヴィゴのおおらかで食道楽でだらしない体のイタリア人が見事でした!ある意味、人種を超えて演じられるって凄いですよね〜〜
今更ながらヴィゴに興味が沸いてきましたyo
ノルウェーまだ〜む
2019/03/15 16:08
個性的な間柄でしたが、アメリカンらしいトニーと、音楽の仕事を
通して、シャーリーは、アメリカンらしくなろうとしているように
思いました。花形職業なれど、考える事の多い、時に沈黙を守る
シャーリーと、豪快な幸せ者トニーは、本当に良い対比になって
居ると思いました。

国とか、大きな物語の愛はあれど、家族は基本なんだと思いました。

2019/03/30 19:40
隆さん☆
二人の性格や環境や様々なところが良い対比をなしていましたね。
そんな二人ですが、最終的には「基本は家族」という一点で共通していたのですね。
互いに家族のように想い合える間柄になれたラストシーンは本当にほっこりしました♪
ノルウェーまだ〜む
2019/03/30 22:50
長年トラックバックお世話になってましたが、ココログでもとうとう廃止になってしまいました〜 すいません
ヴィゴさんといえばロード・オブ・ザ・リングですが、それ以外だとイースタン・プロミスやはじまりへの旅などが印象的です。オールヌードなどあったので…
マハーシャラ・アリさんは最近大活躍ですねここ最近で声だけの作品も含めると3本出演作を拝見しました
SGA屋伍一
URL
2019/04/02 22:28
伍一くん☆
TB無くなっちゃったのですね〜もうほとんどの方のブログでTB無くなって、それと共にコメントを頂ける方も少なくなってしまいました(涙)
イースタンプロミスは見たことないのです。次に見てみようかな☆
マハーシャラさんは大活躍ですよね〜
これから追いかけるのに忙しくなりそうです。
ノルウェーまだ〜む
2019/04/03 00:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「グリーン・ブック」☆笑って笑って泣く ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる