ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」☆主人公の悲劇再び

<<   作成日時 : 2018/11/25 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 9

本当に久しぶりの映画。繁忙期を迎えて殺人的に忙しいバイトの合間を縫って行ってきたyo
周りのみんなは精神的にも肉邸的にも疲れている時はハッピーエンドの映画を観たいものだ、と口をそろえて言うけれど、私はこういうガッツリした作品の方を観たくなる。

「ボーダーライン」の続編らしさはしっかりと継続。
ほぼ車とヘリでの銃撃戦ばかりなのに、何故か飽きさせない緊張感みなぎる作品だ。

画像
「ボーダーライン ソルジャーズ・ディ」 公式サイト

<ストーリー>
アメリカで起きた自爆テロがメキシコ経由の移民に紛れて侵入していると睨む政府は、密入国ビジネスを展開する麻薬カルテルに抗争が起きるよう仕向ける作戦を練る。
CIAのマット(ジョシュ・ブローリン)はカルテルへの復讐に燃える元警官で今は暗殺者のアレハンドロ(ベニチオ・デル’トロ)と共に、任務へ向かう。
カルテルのボスの娘の誘拐に成功するも、意外な襲撃を受け自体は悪化。密入国の一団に紛れようとするのだが…


画像
とにかくCIAの襲撃シーンがカッコイイ!!
前作に続いて敏腕の精鋭部隊を集めている完璧な銃撃戦は、気持ちいいくらいで男子なら憧れること間違いなし。

街中や砂漠での車での誘拐ミッションや銃撃戦は超クールなんだけど、冷静に考えるとそんなシーンばっかりだったかも…

画像
憎き仇のカルテルのボスの娘を守りながら、いつしか二人の間に絆が生まれていく

カルテル王の弁護士を襲撃するときは、あまりにも狂気をはらんだデルトロの表情に驚愕する。
そんな彼が少女を見守る穏やかで優しい眼差しに、思わずギャップ萌え☆

画像
ヘリや装甲車も登場して銃撃戦が続くと、超カッコイイけど普段なら寝てしまう私も、あまりの緊張感に微塵も眠くならなかったyo
何に緊張するって、少女も乗ってるのにCIAはそれをクリーンにするというミッションを遂行しようとするのだ!
『クリーンにする』とか『一掃する』とか、『粛清する』とか『ポアする』とか、言い方は違えどやることは一緒だからね…

画像
ミッションが成功してハッピーエンド〜〜とならないのが『ボーダーライン』シリーズの特徴。
まさかの主人公に起きる不幸にお口あんぐり。

カルテルの一員として人生を踏み外し始めた少年に人を撃たせたり、カルテルの娘とはいえ一網打尽にせよと命が下るとか、そういう点でひでー話だな・・・・と思いつつ、これがアメリカの現実なのだとしたら、めちゃくちゃ怖い事だと思わざるを得ない。

せっかくチンピラの車から降りた少年は、てっきり助けに戻るのかと思ったらそうではなく、1年後には体中に刺青を入れてしっかりとカルテルの一員になっている。
彼はそれほど貧しくも無い中流家庭で、しかもちゃんと学校に通っていた子だったのに!
何が怖いって実はそれが一番怖い事なのかもしれない。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実をリアルに描き、アカデミー賞3部門にノミネートされた「ボーダーライン」の続編。前作から引き続きベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリンが出演するほか、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノバン、キャサリン・キーナーらが脇を固める。脚本は前作「ボーダーライン」と「最後の追跡」でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたテイラー・シェリダン。監督は前作のドゥニ・ビルヌーブから、イタリア人監督のステファノ・ソッリマにバトンタッチ。撮影は「オデッセイ」な... ...続きを見る
映画に夢中
2019/01/04 18:31
「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」
シカリオ デイ オブ ザ ソルダード原題である。暗殺者。兵士の1日。語感がカッコいい。麻薬カルテルの闇を追い掛けた前作「ボーダーライン」は凄い作品であった。救いがない。容赦がない。こちらも同様にかなり救いがなくて容赦がない。それも、今回はアメリカ合衆国とメキシコ連邦警察も絡んだ大きな組織ぐるみの容赦のなさだ。メキシコの麻薬カルテルに手を焼いていたアメリカ合衆国のCIAは、メキシコから密入国したテロリストがスーパーマーケットで自爆テロを行ったことをきっかけとして、新しい作戦を展開しようとしていた。... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2019/01/05 00:05
ボーダーライン
Sicario 2015年/アメリカ (監)ドゥニ・ヴィルヌーヴ (演)エミリー・ブラント ベニチオ・デル・トロ ジュシュ・ブローリン ☆☆☆☆ ...続きを見る
ごみつ通信
2019/01/25 02:06
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。 政府はメキシコとの国境地帯を仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れる任務を、CIA特別捜査官マットに命じる。 マットは、一匹狼のコロンビア人暗殺者アレハンドロに協力を要請し、麻薬王の娘イサベルを誘拐してカルテル同士の戦争を誘発しようと企てるが…。 クライム・アクション。 ...続きを見る
象のロケット
2019/01/27 00:03
センシ、シカリオしなさい! ステファノ・ソッリマ(テイラー・シェリダン) 『ボーダーライン:ソルジャ...
『メッセージ』や『ブレードランナー2049』のドゥニ・ビルヌーブ監督がベニチオ・ ...続きを見る
SGA屋物語紹介所
2019/02/05 22:40
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
TBはここにお願い致します。 ...続きを見る
銀幕大帝αTB受付
2019/04/10 15:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
またお忙しい日々をお過ごしなのね?
どうぞご自愛ください。
この映画、ちょっと気になっていたのですが…
まだ〜むさんの感想の最後の少年の件で、勇気が萎えました。
我々はつい母親目線で観てしまうので
こういうのが一番つらいですね。
zooey
URL
2018/11/26 09:03
zooeyさん☆
あらら、萎えてしまいましたか??でもこの最後は希望ももたらしてくれますよ。少年の未来がどうなるのか、見る側の想像でしかないのですが、私はきっと良き導きを与えてくれると思って良いラストなのだと感じました。
ノルウェーまだ〜む
2018/11/26 23:21
まだ〜むさん、お仕事お疲れ様です。
ボーダーラインの続編、前作が見応えあったので、私も気になっていました。
今回はエミリー・ブラントの代わりに?ジョシュ・ブローリンが出ているんですね。
男くさい2人のドラマ、衝撃的な場面もあって覚悟が入りそうですが、見てみたいです。
セレンディピティ
URL
2018/11/27 16:41
セレンさん☆ありがとうございます〜
ジョシュ・ブローリンはエミリー・ブラントの代わりではなくて、どうも前作も出ていた様な設定でした。
私もすっかり忘れていたのですが…(笑)
前作よりぐっと衝撃的な部分は少ないのですけど、かなり緊張が続くお話でしたyo
是非!
ノルウェーまだ〜む
2018/11/27 22:19
ここなつさん☆
お返事遅くなりました。
容赦の無さはハンパないですよね。
この容赦のない任務をこなそうとするメンバーが、ホテルでロクシタンのアメニティーを沢山カバンに詰め込んでいるシーンが意外と好きです(笑)
ラストのまさかも良かったデス!!
ノルウェーまだ〜む
2019/01/09 00:31
二ヶ月前は多忙でしたのね… 今は落ち着かれたでしょうか
この映画は冒頭30分ほどジョシュ・ブローリンの名前が思い出せず必死で記憶を探っていたためなんだか非常にモヤモヤしながらの鑑賞となりました。最近以前にもまして海外俳優や監督さんの名前がすっとでてきません
SGA屋伍一
URL
2019/02/05 22:40
伍一くん☆
2か月前は忙しかったですが、今は3週間近く風邪ひきで籠っておりますよ〜
私も俳優の名前はすっと出てこない人なのですが、このごろ益々それが酷い事になっております(苦笑)
ノルウェーまだ〜む
2019/02/06 10:11
ギャングというよりは、戦争のような迫力でしたね。生きる為に、麻薬に手を染め、自衛の為、重武装する。生活の為というのが、最低限の生き方ではなく、いつしか、強過ぎる欲が出てしまい、それが、天命を縮める事になる、という皮肉ですが、因果応報なのでしょうね。

男性ばかりで、女性はイザベルが紅一点でしたが、大切に扱われていましたね。二人の絆は、危険な男性が見せる、紳士的な一面がありました。

URL
2019/04/14 16:27
隆さん☆
危険な香りのする男性に優しくされると女性はコロッと参ってしまいますね〜
強面なデルトロにピッタリの役でした。

ほぼ戦争地帯のようでしたね。
貧しくともそっと平和に生きていく幸せが、いつしか大金を手にして間違った方向へ行ってしまうのでしょうか?まさに因果応酬です。
ノルウェーまだ〜む
2019/04/15 18:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」☆主人公の悲劇再び ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる