ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 「カメラを止めるな!」☆思いがけない涙

<<   作成日時 : 2018/09/11 10:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 18

満を持して話題の映画を観てきたyo
冒頭は、声がわんわん響いて聞き取りにくい廃墟の中で、どこかたどたどしい映像が続き、うーん大丈夫かな?と一抹の不安もあったけれど、ある意味それがあえての演出だったとは!
そしてまさか最後に泣くことになるなんて・・・


画像
「カメラを止めるな!」 公式サイト

<ストーリー>

とある廃墟で「ワンカットワンシーンゾンビサバイバル」映画を撮影中のスタッフが、本当のゾンビに襲われ次々とゾンビ化していく・・・
という設定の映画を撮影中、様々にトラブルが発生。
本物のゾンビから逃げつつトラブルに果敢に挑んでいくメンバーが最後に辿り着いたのは・・・・


画像
42テイクも撮りなおすほど下手くそでもない…というか、どちらかというとゾンビや他のメンバーのほうがたどたどしい

「そこそこの映像を撮る」監督と、そこそこのスタッフ・役者が集まって、『ゾンビ映画を生中継で、しかもワンカットで撮る』というお題に挑むというのが大筋。
撮影中の様子より、休憩中のほうが何故かぎこちないんだけど、それが後から効いていくという斬新なしかけが今回話題になったこの映画の面白さ。
脚本の巧さは目を見張るものがある。

画像
ラストにはメイキングのメイキングもあったりして、実に面白い

監督と女優が不倫しているとか、端役の人のこだわりが激しすぎるとか、アイドル女優の事務所NGをたてにした我が儘とでかい態度など、あるあるネタと業界の裏話的な部分もありがちだけど面白い。
ゾンビ映画をどうやって作るか・・・を知れるのも興味深いけれど、この映画の面白さは、実は『どうしてそうなっちゃったか』にある。

画像
ゾンビよりインパクトのあるプロデューサーほか、上層部は暢気なもので…

無茶ぶりな企画を立てて、製作人だけが苦労をするのは業界でよくある話なのかな?
ドタバタの現場と、人の苦労も知らず和んでいる上層部の対比も笑える。

画像
映像制作の裏側のドタバタ劇とみせかけて実は・・・

ゾンビコメディとして秀逸。
低予算で粗削りに作られた話題の映画は、これだけ話題になるのも納得の面白さ☆

しかし一番素晴らしいのはラストシーンを撮るところ。
まさかこの映画で泣くことになるとは思ってもみなかったのでハンカチの用意もしてなかったけど、まさに『娘を肩車している子供の頃の写真を懐かしんで号泣する父』のように涙がだーだーと出てしまったのだった。


夢半ばで諦めている人たちが情熱を取り戻す瞬間と、バラバラだったメンバーが最後には一致団結する爽快感、距離を感じていた親子関係が一気に縮まる仕掛けと、実はこの映画の素晴らしさは構成の面白さだけでなくこのようなところにあるんじゃないかな☆



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「カメラを止めるな!」
評判通り面白かった。何となくイメージとして、若い力が躍動して勢いで作った作品だと思い込んでいたのだけれど、それはちょっと違っていて、作り込んで練っている作品。それに加えて躍動感があるのだから、ある意味無敵だ。以前当ブログの別の作品で芝居の持つライブ感と映画との違いについての拙文を書いたことがあるのだが、「生放送」というのはそういう意味では間違いなくライブである。だが、報道やバラエティー番組とは違ってドラマの「生放送」とは!普通なら絶対にやらないし、正直そんなに面白いとも思えない。芝居だってライブ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/09/11 12:27
劇場鑑賞「カメラを止めるな!」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201809010000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/09/11 12:36
カメラを止めるな!
映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で、前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、さまざまな挑戦に満ちた野心作。「37分ワンシーンワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮った人々の姿を描く。監督はオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」などに参加してきた上田慎一郎。あらすじ:とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画の撮影をしていたが、そこへ本物のゾンビが襲来。ディレクターの日暮は大喜びで撮... ...続きを見る
映画に夢中
2018/09/11 18:44
『カメラを止めるな!』 観客を楽しませるサービス満載の娯楽作
 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。  監督・脚本・編集はこの作品が劇場用長編デビュー作となる上田慎一郎。  新宿K's cinemaおよび池袋シネマ・ロサという2館での限定的な公開だった作品だが、SNSなどで人気が広がり全国100館以上で上映されることになったという話題の作品。 ...続きを見る
映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
2018/09/11 19:05
「カメラを止めるな!」
2017年・日本/ENBUゼミナール・シネマプロジェクト 配給:アスミック・エース=ENBUゼミナール 監督:上田慎一郎 脚本:上田慎一郎 編集:上田慎一郎 撮影:曽根剛 プロデューサー:市橋浩治 今 ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2018/09/12 00:03
「カメラを止めるな!」
アイデア、構成が、低予算に合った快作といえそう。 ...続きを見る
或る日の出来事
2018/09/12 07:36
『カメラを止めるな!』('18初鑑賞60・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 8月28日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 14:05の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/09/12 13:56
ショートレビュー「カメラを止めるな!・・・・・評価額1650円」
モノゴトは“ウラ”ほど面白い。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2018/09/12 21:56
映画「カメラを止めるな!」の感想
満席で初の補助席でしたよ 話題の「カメラを止めるな!」観ました!傑作でした!始め ...続きを見る
fu iのトラックバック用ブログ
2018/09/12 22:30
『インクレディブル・ファミリー』『縄文にハマる人々』『ジュラシック・ワールド』『オーシャンズ8』『カ...
摘まんで5本まとめてレビュー。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
2018/09/17 11:46
映画「カメラを止めるな」
映画「カメラを止めるな」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2018/09/19 00:21
死霊のうらがわ 上田慎一郎 『カメラを止めるな!』
人里離れたところにある今はもう使われていない水道施設で、ゾンビ映画の撮影をしてい ...続きを見る
SGA屋物語紹介所
2018/09/24 21:15
カメラを止めるな!
自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。 本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。 そこへ、なぜか突然本物のゾンビが現れ、撮影隊に襲いかかった! 皆が恐怖におののき逃げ惑う中「これが映画だ」と、大喜びで撮影を続ける監督。 撮影隊は、次々とゾンビ化していくのだった…。 ホラー・コメディ。 ...続きを見る
象のロケット
2018/11/17 09:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
まだ〜むさん、こんにちは。
前半の居心地の悪さが、みごとに回収される後半がみごとでしたね。
そしてまだ〜むさんもおっしゃるように、これはみんなが力を合わせてひとつのものを作り上げる喜びを賛美する作品なのだと思います。
ちょっと危なっかしく見えて応援したくなりますが、それもあえての狙いだったとしたらすごいですね。^^
セレンディピティ
URL
2018/09/11 11:11
セレンさん☆
ご紹介いただいたのは相当前でしたけど、ようやく観てきました♪
危なっかしくわざと作っているところもニクイ演出でしたね。
それをあえて狙ってきているということで良いのでしょう〜〜
業界あるあるネタを入れつつ、映画愛・親子愛が描かれていて中々の傑作でした。
ノルウェーまだ〜む
2018/09/11 11:35
こんにちは!ご覧になったのですね〜!
そうそう、業界あるあるネタも面白かったけれど、実は家族愛(夫婦愛、親子愛)なんですよね〜。「肩車」もそうですけど、女優を諦めて家庭に入った妻の職場復帰!にも注目しました。
いやでも「判断」を迫る娘は絶対に母親似ですよね(笑)。
ここなつ
URL
2018/09/11 12:27
ここなつさん☆
そうそう!仕事を得る為に嫌とは言えない父に比べ、突進型は母親似なのでしょうね(笑)
全てのキャストが望みを叶えてワンランクアップする姿がなんとも素敵でした♪
ノルウェーまだ〜む
2018/09/11 18:45
すぐ泣く私ですが、これは泣かなかったですね…えーんえーん。一時的不感症?
低予算アイデア勝負。
ボー
URL
2018/09/12 08:44
ボーさん☆
低予算だからこそのアイデアが詰まっていて、粗っぽい映像もOkになっでゃう初々しさがありましたね〜
あまり泣いた人居ないみたいですね…一人でボロボロしてました(笑)
ノルウェーまだ〜む
2018/09/12 10:16
これにボロ泣きとは、ちょっと驚きですw
観た時は面白かったのですけれど
一月ほど経った今ではもう忘れかけていて
まだ〜むさんの感想を読みながら思い出していました。
護身術の「ポン!」は笑えましたね〜
zooey
URL
2018/09/12 21:45
私は公開から三日目に全く何も知らずに観に行って、心底びっくりしました。
ネタとしては昔からあるものですが、切り口が新しい。
誰も観たことのない、やろうとしたことのないことをやっている。
一応創作を生業にする同業者としては、正直嫉妬しかないです。
外野もうるさくなってきましたが、これはやっぱりやったもん勝ちです。
ぶっちゃけ羨ましくてたまらないw
ノラネコ
2018/09/12 22:05
内田けんじ監督の『運命じゃない人』と園子温監督の『地獄でなぜ悪い』の面白さが相乗効果で楽しめるような映画でしたね。
そして最後の三段ピラミッドには色んな意味で物凄い映画愛を感じましたわ〜。
にゃむばなな
URL
2018/09/12 23:51
こんにちは。私もラストはグッときました。
すごく家族愛が書かれててすごくよかったな〜!
私もこの映画は脚本が面白いとおもいました。やっぱりすごいなって思いました!
Nakaji
URL
2018/09/13 22:39
zooeyさん☆
えー!?最後泣けませんでしたか??
これはコメディな部分とアイデアが面白いだけでなく、家族愛、仕事に対する情熱、夢を諦めない姿に感動するからこそ、ここまで人気になったのだと思ってました…
お父さんの夢が叶った瞬間に私ついぼろ泣きしちゃったのです〜〜
ノルウェーまだ〜む
2018/09/14 00:27
ノラネコさん☆
業界の人にはより興味深い作品だったですね。
低予算にして大ヒット!逆に低予算だからを前面に押し出して、しかもアイデア勝負っていうのが、兎に角すごいです☆
弱小高校のスポーツ部が優勝しちゃうような?
今後もこういった作品が出てくるのが楽しみですね♪
ノルウェーまだ〜む
2018/09/14 00:45
にゃむばななさん☆
「運命じゃない人」は見てないのですが、映画愛にも満ちていましたよね☆
三角ピラミッドは愛の結晶でした!
ノルウェーまだ〜む
2018/09/14 00:52
Nakajiさん☆
突拍子もないストーリーなのに、家族愛がしっかり地に付いていて何だかグッときちゃいますよね〜〜
脚本の巧さが何より素晴らしかったです!!
ノルウェーまだ〜む
2018/09/14 00:54
ポスターの図案がチープで、超低予算のゾンビ映画に単にカメラ持った人が紛れ込んじゃったみたいでいいですね。

ピラミッドはもう後5年先だったら規制緩和であちこち飛ぶようになったドローンとかになったかもだったりして。
ふじき78
2018/09/17 11:45
ふじきさん☆
そうなんですよね〜
ポスターからしてこのB級感たっぷりなのが、本当に良い味を出してました。

ドローンも叩き落されてやっぱり三角ピラミッドな展開ですかね?
ノルウェーまだ〜む
2018/09/17 23:34
うん、そうですよね。最初不安になりますよね(笑) でも大評判なんだからこれだけでは終わらないだろう…と思いながら観てたらちゃんと報われました。最初のエンドロールで帰っちゃう人もいたそうですが…
最後のあたりは親御さんの立場の人は余計に感動するのでは、と思いました。よいピラミッドでした
SGA屋伍一
URL
2018/09/24 21:14
伍一くん☆
はい、親の立場で観たらピラミッドは涙・涙でした〜〜
それにしても最初のエンドロールで帰っちゃう人って!!
いくらなんでもせっかちね。
きっと乗り越えた人だけがその頂上に到達出来るのかもしれないですね☆
ノルウェーまだ〜む
2018/09/25 00:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「カメラを止めるな!」☆思いがけない涙 ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる