「猿の惑星 聖戦記(グレートウォー)」☆続いてるようで…

名作「猿の惑星」へと続く前日談の第3弾。
そもそも猿の惑星シリーズが過去と未来との行ったり来たりで混乱しがちなので、そこへ至る経緯を丁寧に綴ったこの前日談3部作は、なかなかに納得させてくれてスッキリしたものだったのだけど…
(ラストに触れています)


宇宙船が不時着したら猿の惑星だったのにビックリ、人間が奴隷になっててビックリ、実はそこは地球だったので3度ビックリのシリーズ最初の「猿の惑星」へ続くには、決定的に忘れていることがあるような?

画像
「猿の惑星 聖戦記(グレートウォー)」 公式サイト

<ストーリー>

森で静かに暮らしていたシーザー(アンディー・サーキス)率いる猿の群れは、冷酷で狂気に満ちた大佐(ウディー・ハレルソン)の命を受けた兵士たちに襲撃を受ける。
4名の捕虜を返したシーザーだったが、その晩に大佐によって妻と息子を殺され、シーザーはかつてのコバのように復讐心にかられ大佐暗殺のため軍が駐留する施設へ乗り込む。
しかし、そこで過酷な労働を強いられていたのは逃がしたはずの群れの仲間たちで・・・・


画像
ロードオブザリングのゴラムやコングにゴジラなどモーション・キャプチャー俳優アンディー・サーキスの演技力が勿体ないくらいに今回のシーザーは人間然としている…

前作で敵対関係にあった猿のコバは、いかにもな邪悪顔だったけれど、今回はみな『いい猿』顔。
その中で一際人間顔のシーザー。
手話で話すオランウータンのモーリスと、途中で出会う動物園出身のバッドエイプもなかなかにちゃんと表情があるのが凄い!

画像
馬に乗る姿もほとんど人間!猿も言葉を得るとこんなにもシャッキリするのね(≧▽≦)

これから初代シリーズへ繋いでいくには、彼らも宇宙船を開発するくらいに文明が進歩しなくてはいけないので其処はあえてOK。
とはいえ、1作目は2673年ごろなので、あと250年くらいは猶予があるyo

画像
猿インフルエンザに脳が侵されて言葉を失った少女にも、ちゃんと感情が残っていた…

今までのシリーズでは猿に知恵と感情があることに人間の方が驚いてきたけれど、今回はその逆でシーザーが知能を奪われたにも関わらず感情があることに驚きを隠せないシーンが印象的。
少女ノバの愛らしい笑顔と、見事な泣きの演技にこちらも思わず涙。

画像
シーザーの人間的振る舞いに、ますます感情移入しやすく…

囚われの身になり拷問を受け、弱き捕虜が団結して脱出する手に汗握るシーンは、もはや猿と人間ではなく、戦争映画そのもの。
人間の愚かさが露呈する一面でもある。

画像
必要以上に狂気に満ちた大佐をウディー・ハレルソンが怪演!!

雪の中の軍の施設で、裸でスキンヘッドに剃刀を当てるシーンは、寒そうなのも手伝って思わずブルっちゃうほどの狂気(≧▽≦)
それにしても猿インフルで人間が知能を失う事が判っているのに、何故猿を集めて壁を作らせて、同じ施設に寝泊まりしているのかが疑問だわ…


さて人間が壊滅して、猿が新天地を見つけるラストは、第1作目の「猿の惑星」へ繋がる序章になっているのだけれど、納得できたのは『人間が言葉を失っていった』経緯のみ。
はて?前作「新世紀」で既に猿インフルのパンデミックにより人間が少数しか生き残らず、猿と全面戦争に発展していく10年間・・・この間にチャールストン・ヘストンのテイラー飛行士は、『何も知らずに』長い宇宙旅行の旅へ出ていなければならない訳で、その辺はどうなっているのかしら?

これまで前日談3部作が辻褄が合っていただけに、1作に続くようでいてちょっと続かない、スッキリしたようでモヤッと感が残るのは私だけなのかな??



猿の惑星 (字幕版)
2014-09-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 猿の惑星 (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



続・猿の惑星 (字幕版)
2013-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 続・猿の惑星 (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



新・猿の惑星 (字幕版)
2014-09-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新・猿の惑星 (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



猿の惑星・征服 (字幕版)
2013-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 猿の惑星・征服 (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



最後の猿の惑星 (字幕版)
2014-09-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最後の猿の惑星 (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年10月23日 21:25
えっ。
まだ250年あるの!?
これ、もう1作くらい作るんじゃないかなー。
ノルウェーまだ~む
2017年10月23日 21:48
ボーさん☆
ですよね~
今回ヒット(?)したら、もう一作作りそう??
2017年10月24日 01:46
まだ~むさん、こんばんは。
>この間にチャールストン・ヘストンのテイラー飛行士は、『何も知らずに』長い宇宙旅行の旅へ出ていなければならない
パンデミックになる前に、テイラー飛行士は出発したということなのでしょうね。インターステラ―みたいに正確に時間軸を計算しないと矛盾したことになりそう。^^ 年齢の問題もありますしね。
ノルウェーまだ~む
2017年10月24日 12:04
セレンさん☆
私すっかり宇宙で彷徨っても十数年なイメージでいたので、疑問が湧いちゃったのですが、どうやら3部作の1話目で既に飛び立った宇宙船が迷子になっているようですね。
SF的には何百年後何千年後に行っちゃってても良いわけで、どうやらセレンさんのおっしゃる通りパンデミック前に出発していたって事で納得できました♪
2017年10月24日 23:35
そうなんですよね。この前日譚シリーズ最終作を見て、次にオリジナル第1作目を見たくなるかというと、いやまだこの間にいくつか話があるやろ?と思っちゃう。
すんなりとあの1作目に繋がってくれたらまだしも…。
とにかくチャールトン・ヘストンも自由の女神もどこへいったんや?
ノルウェーまだ~む
2017年10月25日 00:04
にゃむばななさん☆
どうやらチャールストンヘストンは新シリーズの1作目に既に飛び立っていたらしいですが(すっかり忘れていました)それにしても自由の女神はホントに忘れ去られた感じですね。
人類が言葉を失くした経緯は納得ですが、旧シリーズの核によって地球が砂漠化した感じは無くなってましたね。
思い起こせば旧シリーズはあれで一応猿と人類が逆転していく過程がちゃんと描かれていて、実は新たに新シリーズで捕捉する必要って無かったような気がします…
ごみつ
2017年10月25日 22:23
こんばんは!

私も今日見に行ってきました。
なかなか重厚で壮大なストーリーでしたね。
人間としてはやりきれない世界なのに、なぜか暗い気持ちにならないのは、猿たちの地球の希望を託せそうな感じがするからなんでしょうね・・。

とにかくパフォーマンスキャプチャーの技術が凄くて、それだけでも見る価値あります!
ウディ・ハレルソン大佐は、「地獄の黙示録」のパロディーみたいでした。救いようのない愚かな人間の姿を一身に引き受けてるキャラクターでしたよね。

旧作の「猿の惑星」は5部作で、とりあえず世界が完結しているので、この映画の続き(ヘストンの「猿の惑星」のリブート)がもしかしたら作られるかもしれませんね。
でないと、このままでは、1968年版にはきちんとお話が繋がらないから。

そもそもここで、コーネリアスとノヴァが出てくるのって時間的におかしいし。

あと、ヘストン達の宇宙船は光速以上のスピードで飛んでるので、時間がずれてるんですよね。(特殊相対性理論で)数十年飛んでると、地球時間では数百年とかさ。そのあたりもつじつまあわせるのが難しいので、新しい作品が出来ると見た!(笑)
ノルウェーまだ~む
2017年10月26日 22:23
ごみつさん☆
あ、やっぱりどこか繋がるようで繋がらない気がしますよね??!
よかった~私だけ勘違いしているのかと…

コーネリアスとノヴァはあくまで旧シリーズのリスペクトということで登場したのでしょうね。
興行成績も良かったみたいだし?絶対もう1作品つくると私も思うわ~(爆)
2017年10月27日 12:00
SWのようにきれいにオリジナルに繋がるのかと思ってたので、ちょっとモヤッとした感じも。でもシーザーの物語として観ればしっかり完結しましたね。
この頃のチャールストン・ヘストンの存在はどうなってるのかが気になります。
2017年10月27日 15:59
作品全体の雰囲気は悪くないんだけど
地下にあんな広大な空間があるのに・・・
ほったらかしてるよー(笑)
人類との融和を訴え続けてきたシーザー
復讐の鬼と化し
人間の闇に触れたシーザーの絶望的な表情
シーザーの苦悩する表情
シーザーの内面も丁寧に描かれて
自然と感情移入はしたけれど
それにしても
1作目に結び付ける為に
ノヴァを登場させたのは良いモノの
チャールトン・ヘストンが降り立った地球で
ノヴァに出会うのって
確か文明が滅びて
1000年以上経過した未来だったなーと(笑)
人類側からみた
悲壮感とか絶望感みたいなのを
描いて欲しかったな
いろいろと雑な感じだった分
これは続きを作れる展開なのかな(笑)
でもね。やっぱり旧作1作目から好きなシリーズで
ここまで楽しんだシーザーにキスを贈りたいよ

ノルウェーまだ~む
2017年10月27日 19:52
yukarinさん☆
(SWはすっかり諦めちゃった私だけれども)SWのようなスッキリ感がなく確かに「前日譚」としてはややモヤッとするけど、ある意味シーザー編ってかんじではいい感じに完結してましたね~
ヘストンどの辺りを飛んでいるのかな?(笑)
ノルウェーまだ~む
2017年10月27日 20:01
qちゃん☆
そうそう!人間側にはまったく感情移入できなかったよね。
悲壮感とか絶望感のかわりに、人間の愚かさを強調して完全に猿の物語になっていたもんね。
人間同士が戦って地球が滅びていくのを示唆するならば、やっぱり自由の女神が砂に埋もれていきそうな戦争を想起させないといけないと思うわ。
シーザーが新天地を見つけて終わる=猿の惑星が出来る…っていうのではちょっと強引な気もするね。
2017年11月15日 22:39
まだ~むさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

やはり自分もこの三部作はオリジナルの起源を描いている作品だと思ってただけに、テイラーは~?とか自由の女神は~?とか、そういった地続きの方の解も期待はしていたのですが、結果的には少し肩透かしになってしまった感じではありましたね^^;
もう一作あれば話も別ではありますが、でもシーザーの物語として括るのならば、この三部作は程よく纏まっていた気もしたのでした。

まあでも250年も空白があるんでしたら、あと2~3作は作れそうですよね(笑
ノルウェーまだ~む
2017年11月15日 23:59
メビウスさん☆
独自にシーザーからの猿の惑星の起源を描いた作品としては素晴らしかったですね。
3部作ともすっかり猿目線になってしまうくらいです。

まだまだオリジナルのお話まで250年もあるわけですが、オリジナルがしっかり物語のループを作っているので、そう言う意味ではこのまんまオリジナルへ続くとは言えないかんじですね~
2017年11月21日 21:16
ちょうど『創世記』が公開されたころ、まだ~むとごはん食べる機会があって、その時つよくおすすめされていたのを思い出しました。あれからもう6年ですから早いものです。『創世記』ももちろんよかったですけど、『聖戦記』はそれ以上でした。まさに有終の美であります
ノルウェーまだ~む
2017年11月22日 00:28
伍一くん☆
あれー??私そんなにつよく勧めてましたっけ??
実は私はこの「聖戦記」より新1作目の「創世記」が好きなんですよね…
伍一くんは今作がお気に入りなようですね☆
確かに目で伝え合うシーンは今までには無い名シーンでした!

この記事へのトラックバック

  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: 主人公は人間ではなく猿なのだろう。自然に適応する能力が高く知能もあれば人間はかなわない。猿側になって映画を見ていた。不思議な感覚だった。 Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2017-10-23 11:26
  • 『猿の惑星: 聖戦記(War for the Planet of the Apes)』マット・リーヴス監督、アンディ・サーキス、ウディ・ハレルソン、スティーヴ・ザーン、アミア・ミラー、他

    Excerpt: 『猿の惑星 : 聖戦記』War for the Planet of the Apes監督 : マット・リーヴス出演 : アンディ・サーキスウディ・ハレルソンスティーヴ・ザーンカリン・コノヴァルアミア・.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2017-10-23 12:10
  • 劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」

    Excerpt: 「猿の惑星:聖戦記」を鑑賞してきました仲間を率いて人類に反旗を翻した猿の英雄シーザーの葛藤と壮絶な戦いの行方を描いたアンディ・サーキス主演のリブート版「猿の惑星」シリー... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2017-10-23 12:26
  • 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』('17初鑑賞115・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月13日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:55の回を鑑賞。 2D:字幕版。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2017-10-23 14:22
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: そして猿の惑星になった 公式サイト http://www.foxmovies.jp/saruwaku-g 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA 」 「猿の惑星:新世紀(.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2017-10-23 14:33
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)★★★・5

    Excerpt: 『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動す.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2017-10-23 18:32
  • 「猿の惑星 聖戦記」War for the Planet of the Apes (2017 FOX)

    Excerpt: Rise(創世記)、Dawn(新世紀)とつづいたリブート版「猿の惑星」完結編はWar(聖戦記)ときた。邦題が聖書っぽいのは、このシリーズの終わり方をFOX日本支社が予測していたからかしら。 肉親.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2017-10-23 19:49
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: 評価:★★★★☆【4.5点】(11) 人間との全面対決の陰で新ネタ・新キャラ披露で奥行きが増した。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2017-10-23 20:31
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) / War for the Planet of the Apes

    Excerpt: リブート版『猿の惑星』の第三作目。地球が、猿の惑星と化してしまった最後の理由が明らかになります。 シーザーの妻子が殺されたりしますが、意外に物静かに物語は進みます。タイトルに“聖戦”と入っているのが.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2017-10-23 21:11
  • 「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

    Excerpt: マジだよねー。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2017-10-23 21:26
  • 猿の惑星:聖戦記

    Excerpt: 子役の娘がめんこくてイイ。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2017-10-23 22:58
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2D 字幕版)

    Excerpt: 【解説】 『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべ.. Weblog: タケヤと愉快な仲間達 racked: 2017-10-23 23:24
  • 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』には脱帽だ

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  『猿の惑星』シリーズのリブート第一作『猿の惑星:創世記』(2011年)に、私はいささかの不満があった。旧シリーズに濃厚だった人種差別や人権問題を重視する姿勢が、リブート版か.. Weblog: 映画のブログ racked: 2017-10-24 01:35
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: 「猿の惑星」シリーズ最新作。ピエール・ブール原作のオリジナル「猿の惑星」(1968)へとつながる、プリクエル3部作の第3弾。監督は前作と同じマット・リーヴス。前2作と同様、猿のシーザーをアンディ・サー.. Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2017-10-24 01:47
  • 『猿の惑星:聖戦記』

    Excerpt: ところでチャールトン・ヘストンと自由の女神は? う~ん、何なんだろか、この消化不良な気持ちは…。 映画はとにかく面白い。あの偉大なる1作目へ通ずる様々な布石も満載な上に、シーザーの苦悩や彼を演じ続け.. Weblog: こねたみっくす racked: 2017-10-24 23:37
  • 映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)』(公式)を先日、に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60点にします。 なお、ピエール・ブールによ.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2017-10-26 15:53
  • 75『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』あぁシーザー

    Excerpt: シリーズ堂々完結。 そして誰もが知るあの世界へ回帰する... 『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』 ~あらすじ~ 猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンデ.. Weblog: シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ racked: 2017-10-26 22:25
  • 猿の惑星 : 聖戦記 (グレート・ウォー)

    Excerpt:  アメリカ  アクション&アドベンチャー&ドラマ  監督:マット・リーヴス  出 Weblog: 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2017-10-27 09:57
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: 猿と人類の全面戦争が勃発してから2年後。 シーザーは猿の群れを率い、森の奥深くに秘密の砦を築き身を潜めていた。 しかし軍隊の奇襲によって妻と年長の息子の命を奪われてしまう。 軍隊を指揮する大佐への憎悪.. Weblog: 象のロケット racked: 2017-10-27 14:29
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: 監督:マット・リーヴス出演:アンディ・サーキス、ウディ・ハレルソン 、スティーヴ・ザーン、アミア・ミラー、カリン・コノヴァル、ジュディ・グリア、テリー・ノタリー、ガブリエル・チャバリアあらすじ:猿と人.. Weblog: Said q winning racked: 2017-10-27 15:48
  • 『猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー』 2017年10月15日 TOHOシネマズ日劇

    Excerpt: 『猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー』 を鑑賞しました。 雨の降りしきる寒い中、日劇まで見てきた。 【ストーリー】  猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2017-10-27 22:46
  • 猿の惑星・聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: War For The Planet Of The Apes 2017年/アメリカ (監)マット・リーヴス (演)アンディ・サーキス ウディ・ハレルソン スティーヴ・ザーン アミア・ミラー ☆☆.. Weblog: ごみつ通信 racked: 2017-11-01 20:15
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)・・・・・評価額1750円

    Excerpt: そして、時の輪が閉じる。 2011年の「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」から始まる、リブート版新三部作完結編。 本作のキャッチコピーは、「そして、猿の惑星になる」という大胆なもの。 要するに.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2017-11-01 21:55
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: 喋れないのは駅前留学しなかったからか!? Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2017-11-04 21:17
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: 【監督】マット・リーヴス 【出演】アンディ・サーキス/ウッディ・ハレルソン/スティーブ・ザーン/カリン・コノバル/アミア・ミラー/テリー・ノタリー/タイ・オルソン 【公開日】2017年10.. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2017-11-15 22:38
  • 冬来たりなば、猿遠からじ マット・リーブス 『猿の惑星 聖戦記』

    Excerpt: シリーズが始まって約50年。いまここに『猿の惑星』史上最高傑作が誕生しました。リ Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2017-11-21 21:17
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: TBはここにお願い致します。 Weblog: 銀幕大帝αTB受付 racked: 2018-02-28 19:50
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    Excerpt: 【概略】 シーザー率いる猿の群れは、森の奥に砦を築き、身を潜めていた。そんなある夜、奇襲を受けて妻と年長の息子の命を奪われたシーザーは、復讐の旅に出る。 SFアクション .5★★★.. Weblog: いやいやえん racked: 2018-03-17 15:04
  • 映画評「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年アメリカ=カナダ=ニュージーランド合作映画 監督マット・リーヴズ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-08-12 09:06