「ムーンライト」☆何も語らずに多く語る

詳細は何も説明しない,、主人公もほとんど言葉を発しない・・・・・なのにこんなにも多くの事を語ることが出来るなんて!!
アカデミー賞作品賞だから「良い」のではない。
この作品だからこそアカデミー賞作品賞に相応しいのだ☆


終始胸が苦しい。胸が締め付けられるように痛い。痛み続ける・・・・・見終ってもまだ。


画像
「ムーンライト」 公式サイト
ポスターは幼少期、少年期、青年期の3つの顔が1つになっているって、今まで気付かずにいたくらい、別人の3人の眼が同じって凄い!!

<ストーリー>

身体が小さく繊細で気弱なシャロンは、リトルとあだ名されいつもイジメにあっていた。
母は麻薬中毒で家には居場所が無く、いじめっ子から助けてくれた麻薬ディーラーのフアン(マハーシャラ・アリ)に次第に信頼を寄せ慕うようになる。

高校生になったシャロン(アシュトン・サンダース)は相変わらず独りぼっちだったが、子供のころからの唯一の友ケヴィン(アンドレ・ホーランド)だけが心の支えだtった。
酷く嫌がらせを受けたある夜、浜辺でうなだれているとケヴィンがやってきたが、友達以上の想いを抱いていいたシャロンは・・・


画像
リトルとバカにされてきたシャロンは、フアンにもなかなか心を開かなかった・・・・

子役の子の表情がイイ!
シャイで何も言わない、警戒して何も言わない、自信がなくて何も言わない・・・・・全て同じ目なのに、その感情がしっかり伝わってくるのは監督の手腕か見事なのかも。

何を聞いても何も答えようとしないシャロンに、辛抱強く対応するフアン夫妻は、麻薬のディーラーという事を除いては完璧な人物。シャロンは嫌悪する麻薬患者の母とその麻薬を売っているフアンの間で葛藤する。

画像
麻薬患者の母をハオミ・ハリスが好演

3人でシャロンを演じる長期にわたる成長物語でも、母はナオミ・ハリス一人。
薬の為に豹変する母、子供を愛する母、子育てに厳格な母、年老いて弱っていく母を見事に演じていた。
最後の章で、施設(?)に母に会いに行くシーンではもう号泣!!

画像
高校生になっても檻に閉じこもり、いじめの対象でしかなかった

冒頭から終始、胸が痛むことばかり。
どうかこれ以上酷い目に遭いませんように・・・・と、思わず神に祈る私。
唯一心を寄せる親友からの仕打ちに心折れる時の、彼の感情がこみ上げてくるシーンは秀逸!

画像
1リトル→2シャロン→3ブラックと彼の成長物語を3部作で魅せる

かつて袂を分かった親友ケヴィンは、働いているダイナーに料理を食べにおいでと、10年以上ぶりに電話をよこす。
ここでも二人はベラベラとは喋らない。男の子ってこんなもんなのね。

最後の海の美しく「青く」輝くシャロンのシーンで、彼の恋が成就したことを示唆しているようにもみえるけど、実は明確にされていない。
だとしても彼はこの瞬間、友に裏切られた思っていた絶望の淵から、人間としての尊厳を取り戻したのだとハッキリ言える。

画像
この映画はLGBTを主なテーマとして前面に押し出しているのではなく、人の生き難さ、人としての尊厳をテーマにしている

女手一つで育てるために客を取るしかなかった母、麻薬に溺れる母を嫌悪しながら結局売人になり心の弱さを隠すために金歯と金ネックレスと筋肉で武装し見せかけの強さに守られる繊細な心の持ち主シャロン。
言われるまま大切な友人を殴ったけど、結局その後も「あの」レゲエ野郎の犬になっていたに違いないケヴィン。


もしこの映画の良さがよく伝わらない人がいたとしたら、それはきっとレゲエ野郎の側の人間に違いない。
行間をきちんと読める人、繊細な心を持った人には深く刺さって強く響く、きっと忘れられない映画になるはず・・・・・




この記事へのコメント

2017年04月04日 12:51
こんにちは。
私も今、記事をアップしたところです。この偶然にびっくり。

過酷な世界を舞台にしているのにもかかわらず、驚くほど静かで心に染み入る作品でした。言葉以上に、映像が、まなざしが、いろいろなことを雄弁に物語っていましたね。
出会えてよかったと思える作品でした。
2017年04月04日 13:00
予想通り世の中レゲエ野郎が多くてぴあの初日満足度調査では82.7点5位に沈みました
ノラネコ
2017年04月04日 20:36
非常に寡黙な映画で、それでいて映像と音で雄弁に語っていました。
主人公の繊細な心の機微が痛みを持って伝わってきて、締め付けられる様でした。
独特な語り口は人を選ぶでしょうけど、忘れられない愛おしい作品になりました。
ノルウェーまだ~む
2017年04月05日 00:15
セレンさん☆
同時にアップ&コメント入れていたのですね~~!ビックリ☆

黒人社会を全体ひっくるめて、あのレゲエの兄ちゃんなイメージでいたので、こんなにも繊細でシャイな人もいるのだなぁ・・・と思っちゃいました。まあ、それこそが偏見なわけで、しっかり反省いたしました。
まさに心に染み入る作品ですね!
ノルウェーまだ~む
2017年04月05日 00:17
まっつぁんこさん☆
本当ですか~~!?それは残念なこと!
世の中の生き難さの多くの原因はそこにあるのでしょうけれど。
もっと弱き者に寄り添える人が増えて欲しいと願うばかりです。
ノルウェーまだ~む
2017年04月05日 00:19
ノラネコさん☆
見終ったあとにいつまでも忘れられない映画こそ、傑作なのですよね。
ある意味アメリカの映画とは思えない繊細さが、何よりも斬新でした。
寡黙なのに雄弁でしたね~
2017年04月05日 00:43
他人の痛みを知ろうとすれば、その人の沈黙を読まねばならない。
この映画はまさにそんな感じでした。
始めはゲイの青春映画と思っていたのが、ケヴィンからの電話でこれは愛の映画なんだと分かった時の心地よさ。
あぁ、これが愛なんだ。相手をありのまま認めて受け入れることこそが愛なんだ。それを忘れている現代社会への素晴らしきメッセージでした。
ノルウェーまだ~む
2017年04月05日 11:15
にゃむばななさん☆
相手をありのまま認めて受け入れるとは、簡単なようで実はとても難しいことですね。
恋愛をテーマとしたゲイ映画なのではなく、もっと広い「愛」をテーマにしていて、人間の根幹のところで「信頼し、慈しみ、受け入れる」絆のようなものこそ愛という、まさに現代社会への素晴らしきメッセージですね!
ラストの海辺でピュアな少年に戻ったシーンが実に印象的でした。
2017年04月15日 23:51
本当に台詞も説明も少なくて
いっぱい想像しなくちゃいけない映画でしたね。
あのレゲエ野郎は、再起不能になったに違いない!
あの金歯には驚きました~
ノルウェーまだ~む
2017年04月17日 00:11
zooeyさん☆
行間で多くを語ると言う点で、とても抒情詩的な作品でしたよね。
上質な作品だったと思います。
金歯凄かったですね~~(笑)
2017年04月17日 18:25
こんにちは。
私、この作品を何の予備知識も持たずに観に行ったので、かなりやられました。もう、静かに、ひたひたと胸に迫る苦しみ。そして様々な要素にその度毎にヤラれ、色々な考えを巡らせました。
でも、結局「負の連鎖」はあり、育った環境というものは大切なのですね…。
ノルウェーまだ~む
2017年04月17日 22:06
ここなつさん☆
本当に胸に迫るものがありましたよね!
私もすっかりヤラれてしまいました。
哀しいかな「負の連鎖」は否めないのですが、同じようなエリアに住みながら、反面教師にせず同じ道を歩むことになったシャロンと何とかかいくぐってカフェで働くケヴィンとの違いを考えさせられました。
更生するはずの少年院でそういう道に誘われてしまうってなんだかなぁ…ですよね。
マリー
2017年04月18日 15:22
切ない切ない映画だった。

子供時代からの3人が、そんなにも似てないのに
違和感なかったのが凄い。
しかも監督さんは3人を会わせなかったって聞いて、ちょっとした仕草とか偶然なの?って驚いた。
同じ環境に置かれたら、似てくるものなのかな。
2017年04月18日 15:56
こんにちは!
遅くなってすみませーん。
重く切ないお話でしたね。
それぞれのシャロン役の人達も良い演技でしたが子役の子がとても印象に残りました。
ノルウェーまだ~む
2017年04月19日 09:26
マリーさん☆
へー!?三人を合わせなかったんだ?
顔は雰囲気と目が一緒というくらいだったものね、なのに仕草まで似てくるって本当に凄い事だよね。
演技指導のたまもの?
外見は変えられても本質は変わらないっていうのがよく表現できていたよね☆
ノルウェーまだ~む
2017年04月19日 09:29
yukarinさん☆
「LION~」にしてもこの映画にしても、子役の使い方が本当に上手よね。
幼いシャロンと父代わりのフアンの交流、良かったと思います~
ごみつ
2017年05月22日 17:04
こんにちは!

先日はコメント&TB有難うございました!

本当にこの作品は、今まで見てきた同じテーマの映画とまったく違った繊細な作品で驚かされますよね。
ハリウッド映画が暴力描写を全面に出してくる作品が多いからでしょうが、過去の映像作品やら何やらで、凝り固まったイメージしか持てなかった事こそ偏見なのでしょうね。

今でも色々なシーンが脳裏に甦ります。とても素敵な作品でした。

ところで「スプリット」にもコメントさせていただこうと思ったのですが、入れられないみたいです。
ノルウェーまだ~む
2017年05月23日 11:13
ごみつさん☆
本当に過去の同じテーマを扱った作品とは根本から違いますよね。
それがオスカーに繋がったのだと思いますが、そこに気付かない人も多かったようで残念です。
まさにその凝り固まったイメージこそが偏見なのですよね。

スプリットのコメント欄の件ありがとうございます!誰もコメント入れてくれないなぁ~ショボンとしていたところでした(笑)

この記事へのトラックバック

  • ムーンライト(2016)~ブルーからブラックへ

    Excerpt: 公式サイト。バリー・ジェンキンズ監督。トレヴァンテ・ローズ、アッシュトン・サンダース、アレックス・R・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、アンドレ・ホランド、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2017-04-04 10:52
  • 『ムーンライト』 2017年2月26日 ユーロライブ 

    Excerpt: 『ムーンライト』 を試写会で鑑賞しました。 アカデミー賞前に最速試写会でした。 4月28日公開が決定したようです。 【ストーリー】  マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハ.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2017-04-04 11:22
  • ムーンライト

    Excerpt: マイアミの貧困地域を舞台に、孤独な少年が心の拠り所を求めて成長していく過程を、少年期、青年期、成人期の3部に分けて描いたヒューマンドラマ。監督は本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンス。2017年ア.. Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2017-04-04 12:52
  • ムーンライト

    Excerpt: ムーンライト@ユーロライブ Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2017-04-04 12:55
  • 「ムーンライト」:行間を読む寡黙な映画

    Excerpt: 映画『ムーンライト』は、アカデミー最優秀作品賞を受賞したのが嘘みたいなほど、地味 Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2017-04-04 13:54
  • ムーンライト / Moonlight

    Excerpt: 第89回アカデミー賞で、前代未聞の大逆転による(実際には、逆転なんかしていないけどね)作品賞受賞の他、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞した作品。 ゲイが主人公の作品と言えば、“アカデミー賞本命!”と.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2017-04-04 18:19
  • ムーンライト・・・・・評価額1750円

    Excerpt: 熱情のムーンライトブルー。 マイアミに住む気弱な1人の少年が、たった一つの愛を胸に、自分が何者かを探しながら大人になるまでを描く物語。 原案はタレル・アルバン・マクレイニーの半自伝的戯曲「In.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2017-04-04 20:31
  • ムーンライト

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(P) 第89回アカデミー賞で作品賞に輝いた実力の程は… Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2017-04-04 20:43
  • ムーンライト★★★★

    Excerpt: 貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青年期、成人期の3パートに分け、革新.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2017-04-04 20:55
  • 『ムーンライト』

    Excerpt: ムーンライトに照らされると、黒人の少年も青色に見える。 これは黒人のゲイ映画。誰もが共感する青春映画。でも最後に気付かされるのは、これがその詩的映像美に言葉を失う愛の ... Weblog: こねたみっくす racked: 2017-04-05 00:44
  • "Hello Stranger"『ムーンライト(MOONLIGHT)』バリー・ジェンキンズ監督

    Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。『ムーンライト』MOONLIGHT 監督・脚本 : バリー・ジェンキンズ出演 : トレヴァンテ・ローズアッシュトン・サンダースアレックス・R・ヒバートマハーシャラ・アリナ.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2017-04-05 18:15
  • 映画:ムーンライト Moonlight 当ブログ的にこの映画のテーマは「愛」ではなく、「負の連鎖」。

    Excerpt: 3部で構成される、黒人少年の成長?記。 主人公はなんと!、常に「寡黙」 全くアメリカ人っぽくない(笑) なぜそうなったかは少年の家庭がまず大きい。 片親の母親はドラッグにふ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2017-04-07 23:26
  • ムーンライト

    Excerpt: 月明りでブルーに 公式サイト http://moonlight-movie.jp 原案は戯曲「In Moonlight Black Boys Look Blue」 マイアミの貧困地域に住む内気な少年シ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2017-04-11 09:12
  • 映画「ムーンライト」

    Excerpt: 4月1日のファーストデーに映画「ムーンライト」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2017-04-12 23:03
  • 「ムーンライト」

    Excerpt: 地味だけど、良作。良作だけど、胸が苦しい。アカデミー賞作品賞受賞の本作、事前知識など何も持たずに観に行った。つまり私が本作について知っている事と言えばアカデミー賞作品賞受賞作品だという事のみであった。.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2017-04-17 18:21
  • 「ムーンライト」

    Excerpt: マイアミの貧困地域で暮らす少年シャロン。 母親は麻薬常習者で、時に体を売って暮らしている。 母親からも育児放棄され、誰からも愛されない子どもが、自分に自信を持てるわけがない。 暗くいつも俯きがち、.. Weblog: Zooey's Diary racked: 2017-04-17 23:42
  • 『ムーンライト』

    Excerpt:                        『ムーンライト』 解説等はこちら 監督・脚本・・・バリー・ジェンキンズ 脚本・・・タレル・アルヴィン・マクレイニー 出演・・・ シャロン: トレ.. Weblog: pure breath★マリーの映画館 racked: 2017-04-18 15:06
  • ムーンライト

    Excerpt: 【MOONLIGHT】 2017/03/31公開 アメリカ R15+ 111分監督:バリー・ジェンキンズ出演:トレヴァンテ・ローズ、アンドレ・ホランド、ジャネール・モネイ、アシュトン・サンダーズ、ジャ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2017-04-18 15:49
  • 「ムーンライト」

    Excerpt: いろんな人生があるものだと。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2017-04-23 21:40
  • ムーンライト

    Excerpt:  『ムーンライト』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞作品賞の受賞作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はマイアミのようです(注2)。  車が道路脇に停まっ.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2017-05-02 21:16
  • ムーンライト

    Excerpt: Moonlight 2016年/アメリカ (監)バリー・ジェンキンズ (演)トレヴァンテ・ローズ アンドレ・ホランド ジャネール・モネイ アシュトン・サンダーズ ジャハール・ジェローム アレックス.. Weblog: ごみつ通信 racked: 2017-05-21 01:14
  • ムーンライト

    Excerpt: 『ムーンライト』---MOONLIGHT---2016年(アメリカ)監督: バリー・ジェンキンズ出演: トレヴァンテ・ローズ 、アンドレ・ホランド、マハーシャラ・アリ、ジャネール・モネイ 、アシュトン.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2017-06-08 16:06
  • ムーンライト

    Excerpt: ムーンライト '16:米 ◆原題:MOONLIGHT ◆監督:バリー・ジェンキンズ ◆主演:トレヴァンテ・ローズ、アシュトン・サンダース、アレックス・R・ヒバート、マハーシャラ・アリ.. Weblog: C’est joli ここちいい毎日を♪ racked: 2017-09-07 22:04
  • 「2018年 新年明けましてと昨年映画ベスト」

    Excerpt: 皆さん、明けましておめでとうございます。 昨年はTB機能がなくなったサイトが多く、加速度的にブログ界は寂しさが増すばかりですが、そんな中でも今まで通りに見てくださったりコメントを寄せてくださいました.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2018-01-01 00:49
  • 映画評「ムーンライト」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督バリー・ジェンキンズ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-03-13 08:31