「ラビング 愛という名前のふたり」☆これぞ男

その名の通り、ラビングさんの実話の愛のお話☆
ラビング氏は知恵は無いけど男気のある、まさに彼こそが愛する人をひたすら守り抜いた男の中の男。
彼の男泣きに思わず目が潤んで胸が熱くなる・・・・・・



しかしどうなんだろう?
歴史的な事象としては尊い結果を残したけれども、もう少し賢く生きられなかったのかしら?
なんとなく腑に落ちない部分が多くて、心から共感するに至らないのが残念~~

画像
「ラビング 愛という名前のふたり」 公式サイト(3月3日公開)

<ストーリー>

1958年、バージニア州に住むリチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)は愛するミルドレッド(ルース・ネッガ)の妊娠を機に、結婚して二人で家を建てて暮らそうと提案する。
異人種間の結婚が許されているワシントンDCへ赴き婚姻届けを出すが、帰宅するや否や逮捕されてしまう。
罪を認め25年間の州外退去を命じられた二人は、いとこのいるワシントンDCに身を寄せる。
ある日出産をどうしても実家したいというミルドレッドを連れ、こっそりバージニアへ戻って出産するのだが・・・


画像
印象的な顔立ちのジョエル・エドガートンは、更にわざわざ歯並びを悪くして、口下手で気持ちをうまく伝えることが苦手なリチャードの役作りをしたそう

自ら監督も務めた「ザ・ギフト」では悪役を演じたジョエルは、今回愛を貫く優しい男の役なのだけど、何故か顔立ちはちょっとだけ『悪人顔』
「1つ、ふたつ・・・・いっぱい」というような、あまり学のない白人という設定だからなのかな?

差別されているはずの黒人のコミュニティで、日々楽しく暮らしているので、いつもまわりは黒人ばかり。

画像
大自然の中に僕たちの家を建てる♪と宣言

リチャードのいいところは、寡黙で言葉少ないけれど1本筋が通っているところ。
俺様的な態度はとらないけど、ちゃんと「俺について来い」と言い、「お前を俺が守る!」ときちんとミルドレッドに伝えるところ。
男はこうでなくちゃ!

画像
ワシントンDCまで行って結婚証明書を発行・・・・とここまではロマチック
ミルドレッドの兄からは「同棲してればいいのに・・・」と、暗に結婚が不可能なことを示唆されるけど、二人の決意は固い。
で、「どんなことがあっても二人でいられれば幸せ」って話だったはずでは無かったの??

出産が近づくにつれて故郷への想いが強まる妻・・・・・・って、それね、マタニティーブルーだから!
画像
で、逮捕。

ここら辺から?がいっぱい。
ワシントンDCでは従姉妹の家だし?その後も3人も子供をも設けるほどラブラブ出来るわけだし?黒人街に住んでいるから嫌な思いもしないでしょうし?(治安が悪かったのかと調べてみたけど、そうでもなさそう)
リチャードはビルダーで手に職があるからどこでも働けるし?都会の方が給料もいいだろうし?
子供たちには野球をする沢山のお友達が出来ていたし?

どうしてもバージニアに戻りたい理由が理解できない私・・・・英語なんてどこでも通じるのに!
画像
妻はロバート・F・ケネディ司法長官に手紙を出したことで、有名になりライフ誌の取材を受けるが・・・・

こっそりとバージニアの田舎に隠れるように住み始めたのだけど、広々とした環境がそんなに良かったのだとしても、なぜワシントンDCとのギリ境目のワシントン側に住まなかったのかしら?
実際、日々怯えながら暮らし、リチャードも白人たちから総スカンを食らってしまったわけで。

しかし何といっても見所は一言も不平を言わないリチャードの姿。
「お前も黒人の気持ちが判ったか?辛かったら離婚しろよ」と遊び仲間の黒人から言われたときの、リチャードの表情がアカデミー賞ものの演技で実に秀逸☆
多くの人がすすり泣いていたyo


ワシントンDCに住めば良かったじゃんとか、婚姻届けを出さずただ一緒に住めば済む話じゃんとか。
そんなの幸せに暮らせているからこそ言えるのかも。

議会を動かしたリチャードの一言「ぼくは妻を愛している。」に、素直に感動したい☆


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年02月24日 18:23
こんにちは。
この作品、先日予告で見て気になってました。
バージニアに住んでいたことがあるので、懐かしさもあって...
たしかにお話をうかがうと、なぜそこまでバージニアにこだわるのか???ですね。DCならすぐ隣だし、ずっと住みやすそうなのに。
でも愛を貫いた2人はすばらしいですね。
ノルウェーまだ~む
2017年02月24日 22:22
セレンさん☆
やっぱりバージニアとDCは近いのですか!?
私は土地勘がないので???でした。車で一晩走って帰れてたし、もしかしたら近いのかな?でもこんなに拘るってことは遠くて滅多に会えないのかな?とすごく考え込んじゃったわ…
交代で実家に会いに行けば済む話なのに~~
2017年02月26日 21:42
ニュートン・ナイトのようにKKKが出てきて悲惨な結末になってしまうのかとハラハラしました・・・
ノルウェーまだ~む
2017年02月26日 22:25
まっつぁんこさん☆
ニュートンナイトを観てないので判らないですけど、私も結構ハラハラしました。
夫のリチャードのビビリ方に比べ、外へ出かけて行かない分妻がどんとしていて、それも良し悪しでしたが、その分結果が良く出て良かったデス☆
2017年02月28日 14:01
色々な疑問あれど一番の疑問は神様にたいするものでした。
「黒と白が交じるのは神が許さない」?
神が白ばかりなのはおかしいので異を唱えるべきでは?(笑)
ノルウェーまだ~む
2017年03月01日 00:51
まっつぁんこさん☆
ホントですね~
宗教に関してはあれこれ言うつもりはないのですが、彼らの言う「神さま」は白い人間が作り出したものだと思っている私としては、そもそも神さまは白ばかりなので混じっちゃいけないってことなんじゃないかな…と思うのです(笑)
2017年03月09日 00:32
「故郷」という二文字が彼らにとっては大事だったのではないでしょうか。
互いが生まれ育ち出逢った大切な場所で、今度は夫婦として生きていきたい。
冷静に考えれば仰る通りのことをすればいいのですけど、それでも譲れないものがこの夫婦にはあったのでしょう。
そこんところもきちんと描いてくれないのは残念でしたけど。
ノルウェーまだ~む
2017年03月09日 19:32
にゃむばななさん☆
確かに愛し合っているならどんな場所でもどんな状況でも一緒に居られるだけでいいのでは?と思いがちですけど、譲れないものがあったのですね。
それがこの時代では異人種間の結婚であり、最近では同性結婚における権利なのかもしれません。
愛するからこそきちんと認めて欲しかったのでしょうね…
2017年03月14日 16:25
こちらにも。
前回、映画を観ないうちにコメントしたので、いろいろ勘違いしていたところがありました。
故郷であろうとなかろうと、住む場所を自分で決められないというのはやはり人権侵害なのだと思います。

2人の静かなる思いが伝わってきて...私はこの作品、とっても気に入りました。2人の演技もすてきでしたね。
ノルウェーまだ~む
2017年03月15日 00:00
セレンさん☆
確かにそうですね~
生きる自由は誰にでもあって平等でなくてはいけないのですものね、
特に差別がなくても人はなかなか思うように生きられないというのが人生だと、日本人はそういうところ諦めがちなので、そんな風につい思ってしまい「権利」をきちんと主張していくべきというのを忘れてしまってました。

この記事へのトラックバック

  • ラビング 愛という名前のふたり (試写会)

    Excerpt: なぜ違法 公式サイト http://gaga.ne.jp/loving3月3日公開 実話の映画化 監督: ジェフ・ニコルズ  「テイク・シェルター」 「 MUD マッド」 1958年、レンガ職人のリチ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2017-02-26 21:41
  • ラビング 愛という名前のふたり

    Excerpt: ラビング 愛という名前のふたり@一ツ橋ホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2017-02-28 13:56
  • ラビング 愛という名前のふたり

    Excerpt: 1958年、アメリカ。 レンガ職人の白人青年リチャード・ラビングは、黒人の恋人ミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 しかし、彼らが生まれ育ったバージニア州では、異人種間の結婚は.. Weblog: 象のロケット racked: 2017-03-01 08:48
  • ラビング 愛という名前のふたり

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(11) 第89回アカデミー賞主演女優賞ノミネート作品がこれ。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2017-03-04 23:36
  • 映画:ラビング 愛という名前のふたり Loving 人種の多様性を基本としてきたアメリカの揺らぎがある今、こういう映画が封切られるのは非常に意義がある。

    Excerpt: ド派手な「ラ・ラ・ランド」とは対極。 だが両方とも主演女優がアカデミー賞候補で、結果はデカ目のストーンがオスカーを獲得(笑) こちらの主演女優 ルース・ネッガ (写真:左)の演.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2017-03-05 21:03
  • 『ラビング~愛という名前のふたり~』

    Excerpt: ただ夫婦として生きていきたい。そう願った「愛」という名前のふたり。 何とも地味な映画だ。でも大人の味わい深い映画だ。既婚者の方がより深くこの映画を堪能出来るのではない ... Weblog: こねたみっくす racked: 2017-03-09 00:34
  • ラビング 愛という名前のふたり

    Excerpt: 1950~60年代、異人種間の結婚が違法とされていたアメリカ・ヴァージニア州で、愛と自由をかけて戦ったラビング夫妻を描いたヒューマンドラマ、「ラビング 愛という名前のふたり」(Loving)を見ました.. Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2017-03-14 16:25
  • 「ラビング 愛という名前のふたり」

    Excerpt: 「Loving」2016 UK/USA1958年、アメリカ合衆国バージニア州。レンガ職人のリチャードには黒人女性のミルドレッドという幼なじみの恋人がいる。ある日、妊娠を告白されたリチャードは彼女との結.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2017-03-15 00:38
  • 【映画】ラビング 愛という名前のふたり

    Excerpt:   ラビング 愛という名前のふたり(2016) アメリカ 原題:Loving 監督/脚本:ジェフ・ニコルズ 出演:ルース・ネッガ/ジョエル・エドガートン/ウィル・ダルトン .. Weblog: アリスのさすらい映画館 racked: 2017-03-21 07:25
  • ラビリング

    Excerpt:  『ラビング 愛という名前のふたり』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)出演しているルース・ネッガがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので、映画館に行ってきました。.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2017-03-22 06:21
  • 『ラビング 愛という名前のふたり』 2017年2月21日 一ツ橋ホール

    Excerpt: 『ラビング 愛という名前のふたり』 を試写会で鑑賞しました。 内容は実話だから想像がつく。 【ストーリー】  1958年、大工のリチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)は、恋人の黒人女性ミル.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2017-03-24 07:54
  • ラビング 愛という名前のふたり

    Excerpt: Loving 2016年/アメリカ (監)ジェフ・ニコルズ (演)ジョエル・エドガートン ルース・ネッガ マートン・ソーカス マイケル・シャノン ☆☆☆★★★ Weblog: ごみつ通信 racked: 2017-03-25 00:06
  • 『ラビング 愛という名前のふたり』('17初鑑賞84・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月26日(水) パルシネマしんこうえん にて 12:50の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2017-07-31 10:13
  • 「ラビング愛という名前のふたり」(2016年、...

    Excerpt: 「ラビング愛という名前のふたり」(原題:Loving)は、2016年公開のイギリス・アメリカ合作の伝記ドラマ映画です。異人種間の結婚を違法とした1950年代のアメリカの隔週の法律を違憲と... Weblog: 楽天売れ筋お買い物ランキング racked: 2017-10-29 05:00
  • 映画評「ラビング 愛という名前のふたり」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ=イギリス合作映画 監督ジェフ・ニコルズ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-06-02 09:11