「湯を沸かすほどの熱い愛」☆血よりも濃い赤

血よりも濃い赤い情熱が、ときに熱くときに温かく周囲を包み込む。
泣いて笑って泣いて笑って泣いて泣いて泣いて・・・・・・しかし「想像つかないラストに感動」という触れ込みは、逆に衝撃的すぎて困惑する羽目に・・・・


画像
「湯を沸かすほどの熱い愛」 公式サイト (10月29日公開)

(ストーリー)

余命2か月と宣告されたお母ちゃんの双葉(宮沢りえ)は、死ぬまでに4つの事を実行しようと決意する。
まずは1年前に蒸発した夫を探し出し連れ戻して休業中の銭湯を復活させること。
次に気弱でいじめに立ち向かえない娘を立ち直らせること・・・・・1つ1つを解決していきながらも身体は弱っていき、旅先で倒れてしまった双葉は・・・・


画像
笑えるところも随所に

よくある余命宣告を受けた人の病気もの感動ストーリーとはちょっと違う。
じめっとウエットにせずさっぱりと明るい。
泣かせ処は病気関連では一切なく、ひとえに大きな愛情で周りの人を包んでいくお母ちゃんの暖かさからくるものばかり。
ここが良いのだ!!!

画像
酷いいじめを受けても立ち向かえない娘の安澄(杉咲花)は、母を心配させまいと・・・・・

冒頭から号泣なのである。
病人をやらせたら右に出る者がいない天下の宮沢りえは勿論、娘役の花ちゃん他、子役たちの演技がとにかく素晴らしい。
表情ひとつで心の奥に秘めた感情までも表現していて、校長室に駆けつけた母と娘のやり取りは思い出すだけでも泣けてしまう。

画像
誰もかれもお母ちゃんの優しさにとりこになってしまう

色々な母娘の姿がある。
自ら産んだ子供を捨てる母があれば、実の親子以上の愛情を注ぐ者もいる。
血の濃さとは何なのか、それ以上に人を繋ぐものとは何なのかを考えさせられる。

画像
居場所のなかった者同士が、強い絆で結ばれていく

母に捨てられた?双葉が、どうしてこんなに愛情深い人になったのか、愛に飢えていたからこそなのか・・・・
不幸を背負って立つような展開でありながら、何故かカラッとしているのがこの映画の最大の特徴。
辛いばかりの闘病物では一切なく、こちらまで元気を貰えるような気がしてくるのは、なにより双葉の愛の大きさと熱さがハンパないから。

どこか24時間テレビ的とも言えるけれど、頑張れ!と背中を押すにはやや子供たちがまだ小さくで、なんとも心が痛む気も・・・

画像
たぶん唯一のお母ちゃんの望みを叶えるラストのシーンは、確かに予測不可能だしここでタイトルが生きてくるわけだけれども、まさかの法を犯す事態に、待っていたはずの『感動』より複雑な気持ちが勝ってしまったのが事実。

今年の邦画ナンバーワンに輝いてもよい良作なのに、ちょっと最後にモヤッとしたのだけが残念。
普通に送って煙だけ・・・・っていうのでも良かったんじゃないかなぁ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2016年09月07日 08:23
おはようございます。
この映画、知らなかったです。宮沢りえさんの演技が堪能できそうですね☆
それよりなにより衝撃のラストが気になります。
タイトルが生きてくる?法を犯す?まさか熱湯風呂で死んじゃうとか...??
ノルウェーまだ~む
2016年09月07日 11:20
セレンさん☆
うっわー!セレンさんがそんな過激なラストを思いつくとは!!(爆)

まあ、ラストはともかくどの演者さんも素晴らしい演技でした☆
公開はまだ先ですが、これは日本アカデミー賞物なのは間違いないです。
是非ご覧になってくださいませ~
2016年09月07日 17:48
こんにちは^^
これは知らなかったです。
近場での上映もないようですし^^;
WOWOWでしたらチェックしてみるね^^
ノルウェーまだ~む
2016年09月07日 17:56
みすずちゃん☆
ご近所では公開しないの??
もしかしたら公開日が結構まだ先の事なので、決まってないのかな?
これはかなり話題になる映画と思うから、きっとお近くの劇場でもやるはずよ~
2016年09月08日 22:42
想像もつかないラスト、私は最近「ディーパンの闘い」で
経験しました。
で、それについては未だに納得できないのですけど…w
まだ~むさん、ご覧にならなかった?
この映画、ノーチェックでした。
ノルウェーまだ~む
2016年09月09日 00:15
zooeyさん☆
「ディーパンの闘い」は結構評判になっていましたね。
その時見逃してしまったのですが、もう公開終ったかと思っていました。
そちらも想像つかないラストなのですねーっ気になるぅ
2016年09月15日 18:10
「ディーパンの闘い」は難民映画祭で上映されます。
申し込みは締め切られてるかな?
ノルウェーまだ~む
2016年09月15日 23:23
まっつぁんこさん☆
「ディーパンの闘い」情報ありがとうございます(笑)
ちょっとチェックしてみますね☆
2016年10月27日 19:04
確かに、想像もつかないラスト。
あそこはネタバレなので語りませんでしたが、まあ映画としてああいうのはたまにはあるんじゃないかな。
『ディーパンの戦い』のラストは、未だに考えます。私はあれはあれで良かったといつも思っていたりして。
何のことか分かりませんね。ごめんなさい。
ノルウェーまだ~む
2016年10月27日 22:52
とらねこさん☆
「ディーパン~」は結構評判良かった作品でしたね。
私、見逃しちゃったけど、やっぱり見なくては!!
映画的にはありなのでしょうね。
逆にいい感じになるのかな…
私はちょっと複雑ではありました。
2016年11月04日 23:58
そうなんですよね~、あのラストがモヤッとしちゃうんですよね。
確かにこのタイトルを表すシーンでもあるのですが、双葉はそこまで望んでいたとも描かれていなかったこともあって、やっぱり複雑な気持ちで映画を見終るのは何とも勿体ない。
ノルウェーまだ~む
2016年11月05日 11:42
にゃむばななさん☆
きっとエジプトに行けなかった双葉が本当に真剣に臨んだことがそれだったとしても・・・・というか、双葉はそんなこと望まないと思うのですよねぇ。
お風呂屋さんでお葬式までで十分だったと思いません?
本当に勿体ないです!
ノラネコ
2016年11月06日 22:40
私はこのラストぶったまげましたが、好きです。
宮沢りえの人生は、もう常識とか法とにことごとく裏切られてきたわけで、そんな建前に守られたモラルをぶっ壊したところに帰結するのは納得でした。
赤い煙とかもありえないんだけど、実に映画的で余計に泣けました。
ノルウェーまだ~む
2016年11月06日 22:50
ノラネコさん☆
紅い煙は有りです!
でもでもでも…双葉が常識にとらわれずぶっ飛んだ気持ちになっちゃうよりも、遺されたものにおとがめがあるような事を最後にお願いするとは思えなくて~~
2017年01月15日 19:23
こんにちは。富山でやっと公開になりました。
本当に冒頭から泣けてしまいました。
ラストはどうかなって思いましたけど、りえちゃんの圧倒的な演技力にもっていかれた感じでした。
なんかいろいろ感じる作品ですね。
ノルウェーまだ~む
2017年01月17日 11:08
Nakajiさん☆
富山では今公開中なのですね!?
この作品は日本アカデミー賞でも沢山の賞を取りましたね~
ラストが違ったら私も昨年のベストに入れてもいいくらいでした。
最初から泣けちゃいますよね!!

この記事へのトラックバック

  • 『湯を沸かすほどの熱い愛』 2016年9月4日 ユーロライブ

    Excerpt: 『湯を沸かすほどの熱い愛』 を試写会で鑑賞しました。 これは今年の賞レース本命でしょ 一般試写では最速な感じだったのでアンケートもありましたが 何回泣けましたか...見たいなこともあり5回以上と答え.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-09-11 19:19
  • 湯を沸かすほどの熱い愛

    Excerpt: 湯を沸かすほどの熱い愛@ユーロライブ Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-09-15 18:07
  • 湯を沸かすほどの熱い愛

    Excerpt: 銭湯「幸の湯」は主人・幸野一浩が1年前に家出したため休業中。 妻・双葉は、パン屋のパートで16歳の娘・安澄との生活を支えていた。 ある日、突然倒れた双葉は、末期ガンで余命わずかとの宣告を受ける。 だが.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-09-24 20:37
  • 湯を沸かすほどの熱い愛 (試写会)

    Excerpt: 赤が好き 公式サイト http://atsui-ai.com10月29日公開 幸野家は銭湯「幸の湯」を営んでいたが、父一浩(オダギリジョー)が1年前に蒸発して以来、休業状態。母の双葉(宮沢りえ)は、パ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2016-10-29 13:15
  • 湯を沸かすほどの熱い愛~or黒焦げになるほどの…

    Excerpt: 公式サイト。中野量太監督。宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、伊東蒼、篠原ゆき子、駿河太郎、遥、リリィ、 松坂桃李、佐藤真子、住田萌乃。タイトルは比喩なのかと思ったら・・ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-10-30 18:14
  • [映画『『湯を沸かすほどの熱い愛』を観た]

    Excerpt: ☆・・・オール母親不在の中での大いなる母性!  勝負下着、「シャブシャブ」コール、手話、天国の所在、車の色・・・、絶妙の伏線を効かせつつ、フランス映画のような、とぼけた味わいの良作です。  ちょっ.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2016-11-02 00:32
  • 『湯を沸かすほどの熱い愛』

    Excerpt: 誰の心にも「お母ちゃん」が必要だ! 人生に迷った時、前に進みたくても進めない時、いつも我々の背中を押してくれるのは血の繋がりを越えた「お母ちゃん」と呼びたくなる女性。 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-11-04 23:59
  • ショートレビュー「湯を沸かすほど熱い愛・・・・・評価額1700円」

    Excerpt: 愛を、燃やし尽くす。 自主映画出身の中野量太監督による、長編商業映画デビュー作。 これは期待以上の面白さだ。
 余命宣告された主人公が、残された時間でバラバラだった家族の抱える問題を総解決。.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-11-06 22:30
  • 湯を沸かすほどの熱い愛

    Excerpt: 最高の愛を込めて、葬ります。 上映時間 125分 脚本:監督 中野量太 宮沢りえ/杉咲花/駿河太郎/篠原ゆき子/伊東蒼/松坂桃李/オダギリジョー 銭湯“幸の湯”を営む幸野家。しかし父の一浩が一年.. Weblog: to Heart racked: 2016-11-07 23:05
  • 湯を沸かすほどの熱い愛

    Excerpt:  『湯を沸かすほどの熱い愛』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)宮沢りえの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、銭湯の煙突。ですが、煙が出ていません  銭湯の入口も閉.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-11-11 07:00
  • 『湯を沸かすほどの熱い愛』

    Excerpt: 夫が蒸発し、中学生の娘がイジメに苦しむ中、 突然余命2ヵ月と宣告された主人公が、 絶望する事なく持ち前の明るさで家族の再建に奔走し、 周囲を大きな愛で包んでいく姿を描く... 【個人評価:.. Weblog: cinema-days 映画な日々 racked: 2016-11-11 23:38
  • 「湯を沸かすほどの熱い愛」

    Excerpt: 2016年・日本/クロックワークス=テレビ東京、他 配給:クロックワークス 監督:中野量太 脚本:中野量太プロデューサー:深瀬和美、若林雄介 撮影:池内義浩 余命宣告を受けても、なお目標を決め明るく生.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2016-11-13 23:16
  • 『湯を沸かすほどの熱い愛』 誰も傷つけない愛の深さ

    Excerpt: 監督・脚本:中野量太 出演:宮沢りえ 、杉咲花 、オダギリジョー 、松坂桃李 試写会場:新宿バルト9 『湯を沸かすほどの熱い愛』公式サイトはこちら。 おひさしぶりです~ 生きてますよ! .. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2016-11-19 10:42
  • 『湯を沸かすほどの熱い愛』

    Excerpt: □オフィシャルサイト 「湯を沸かすほどの熱い愛」 □監督・脚本 中野量太□キャスト 宮沢りえ、杉咲 花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東 蒼■鑑賞日 10月29日(土)■劇 場 チネチッタ■cy.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2016-11-23 09:28
  • 湯を沸かすほどの熱い愛

    Excerpt: 宮沢りえ主演が余命わずかの母を演じた家族のドラマです。 評判が高かったので、宮沢さんがどんな熱い母親を演じているのだろうと気になっていました。 最後まで頑張った主人公の生き様と家族への愛に、元気を貰え.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2016-11-26 21:07
  • 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」

    Excerpt: 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2016-12-04 19:35
  • 「湯を沸かすほどの熱い愛」 (2016 クロックワークス)

    Excerpt: 銭湯のお話。とくればわたしの世代は森光子と船越英二の(というより堺正章と悠木千帆と浅田美代子の)松の湯がまず思い浮かぶ。あちらも(なにしろ向田邦子が書いていたりしたのだから)ほろりとさせてくれはし.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2017-01-10 19:35
  • 湯を沸かすほどの熱い愛 ★★★★

    Excerpt: 『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロイン.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2017-01-12 11:32
  • 湯を沸かすほどの熱い愛

    Excerpt: 湯を沸かすほどの熱い愛 '16;日本 ◆監督:中野量太「チチを撮りに」 ◆主演:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼、松坂桃李、オダギリ ジョー ◆STORY◆銭湯・幸の.. Weblog: C’est joli ここちいい毎日を♪ racked: 2017-01-15 19:42
  • 湯を沸かすほどの熱い愛

    Excerpt: 宮沢りえを主演に迎えてすばらしい演技を見せており、子役たちの頑張りもいい。余命2ヶ月と宣告された肝っ玉母さんが命をかけて残される家族をしっかりとさせる様子が頼もしいし、死にたくないと訴える弱さも切実さ.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2017-01-25 22:18
  • そのピラミッドを見て泣いた

    Excerpt: 8日のことですが、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を鑑賞しました。 1年前、夫の一浩が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだが 双葉と娘 安澄は二人で頑張ってきた だがある日、双葉がパート先で.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2017-02-20 12:09
  • 映画 『湯を沸かすほどの熱い愛』

    Excerpt:       JUGEMテーマ:邦画       .. Weblog: こみち racked: 2018-01-01 17:09
  • 湯を沸かすほどの熱い愛 (2016)

    Excerpt: 宮沢りえの「紙の月」以来となる映画主演作で、自主映画「チチを撮りに」で注目された中野量太監督の商業映画デビュー作。持ち前の明るさと強さで娘を育てている双葉が、突然の余命宣告を受けてしまいます。双葉は残.. Weblog: のほほん便り racked: 2018-03-13 08:59
  • 映画評「湯を沸かすほどの熱い愛」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・中野量太 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-03-18 08:51