「スポットライト 世紀のスクープ」☆誠実さが突き動かす感動

ドラマチックに主人公をヒーローに仕立てることもできたでしょう。
かつてアメコミヒーローも演じた役者たちは、己のオーラを完璧に消し、「真実を暴くヒーロー」としてではなく、地道な努力で力を合わせ積み上げていく記者の一人となりきっていた。
その真摯な態度が、何よりこの映画の評価をアカデミー賞作品賞に押し上げたと言えるのでは?


画像
「スポットライト 世紀のスクープ」 公式サイト

<ストーリー>

新しく赴任してきた上司のバロン(リーヴ・シュレイバー)は早速チームに神父による長年にわたる児童虐待の事実を暴くよう命じる。
圧倒的権力を持つ巨大組織「教会」を相手に取材は難航。
裁判記録も隠ぺいされ、取材も拒否され、社の先輩からも難色を示されながらも、被害者からの悲痛な叫びに突き動かされてチームはついに・・・・


画像
誰もがひるむ教会のスキャンダルを暴くよう命じる新しい上司は、なるほどユダヤ人

パパンが「そんな教会のスキャンダルをよく映画にできたなぁ。監督がユダヤ人なんじゃ?」って聞かれたけれど、監督のトム・マッカーシーはれっきとしたカトリック信者だそう(!)

上司のバロン役のリーヴ・シュレイパーは、過去作品では結構『良い人そうに見えて実は…』的な役が多かったけれど、このひげ面でその印象を薄めているところが凄い!

画像
取材を進めるうちに次第に寝食を忘れてのめり込んでいくチームの面々

どうやって取材していったかが、まるでドキュメンタリーの様に克明に描かれている。
あまりに地味でいつもの私なら寝てしまいそうだけれど、それがちっとも眠くならない。
煽っているわけでもないのに、手に汗握りハラハラさせられ、全く目が離せなくなるから不思議。

画像
被害を訴え続けるが・・・・

この問題はなにも教会だけに起きている事ではないはず。
実際劇中も、学生時代に学校で虐待に遭った友人を取材したシーンなど、子供にとって強大な力を持った者から受ける精神的・肉体的虐待について問題提起されていて、この取材が本当に意味のあることだと実感させられる。

過去に受けた虐待の詳細を「言葉にすることすらできず涙ながらに『虐待』とひとくくりに表現する」被害者と、「気持ちよくなければ虐待にはならないんだよね?」と悪びれもせず話す元神父の証言のあまりの認識の開きに愕然とするばかりだ。

画像
教会側からの圧力に負けず、地道に被害者と真摯に向き合おうとするユダヤ人弁護士もユダヤ人

最初は取材を断り、追い返されるばかり。
何でそんなことするのだろう??と疑問に思って見ていたけれど、過去に中途半端に取り上げられたことによって、かえって教会側から圧力がかかってしまうようになったのね。

画像
マイク役のマーク・ラファロはいつも必ず猫背でポケットに手を突っ込んで歩いている

座っていても歩いていても、何をしようと片手はポケット。
貧乏ゆすりもしているし・・・?と思ったら、実際の人物にそっくりにしているのだとか。

一般の人が知らない人に仕草を似せてもどうなの?と観る前は思っていたけれど、これが大成功!
なるほど本当にこういう人、特に新聞記者あたりにいそうよね?
真実味がより一層増して、ドキュメンタリー要素を出すことに成功している。


この映画は問題が問題だけに真面目に取り組むことが要求されていたわけで。
誰もヒーローにならず、なろうとせず、真摯に向き合う姿勢が作品を見事に上質なものにしたのでしょう。

弱いものが被害者になって、それを訴え出ることもできない現実。
神も仏も無い話だけれど、神さまが居るならばいっそ、そんな神父たちはしっかり地獄に落としてほしいものである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2016年04月28日 10:18
こんにちは。
そういえばマイケル・キートンもマーク・ラファロもアメコミヒーローですものね。^^
豪華キャストを配しながら、ドラマティックにもセンセーショナルにもせず、真摯に作られたいい作品でした。
神父の罪を訴えながらその背後にある問題に目を配り、記者たちをヒーロー扱いしていないところにも作り手の良識を感じました。
ノルウェーまだ~む
2016年04月28日 17:12
セレンさん☆
本当にそうですね~
問題の性質上、この『良識』があったからこそ、正しく「問題点」を伝えることが出来たのでしょうね。
数年前の神父の記事がただのスキャンダルに終わってしまった反省からも、今回の記事とこの映画が深く「事の重大さ」を伝えることが出来るように真摯に向かい合った結果なのだと思いました。
ノラネコ
2016年04月28日 22:50
まあこの事件の発覚でカソリック教会はズタボロになりましたから、映画化に当たっては何も言えないってとこでしょうね。
しかし私も子供の頃日曜学校に行ってた時期があるので、凄く複雑な気分でした。
うちの神父さんが普通の人でよかった。
ノルウェーまだ~む
2016年04月29日 00:03
ノラネコさん☆
良かったですねー
ノラネコさん色白だから狙われたかもですもんね。
っていうか、普通は皆さんちゃんとした神父さんなのでしょうけれど・・・・
教会の神父だけでなく弱き者を蹂躙するようなやつは、本気で地獄に落としてほしいものです!っていうか、刑罰に「去勢」を作るっていうのはどうかしら?
2016年04月29日 23:42
地味な取材活動なのに眠くならないのは、やはり取材を通して改めて身の危険が実はこんなにも身近にあったというのが次々と分かってくる恐怖があるからでしょうね。
自分が今こうしていられるのは、ただ運が良かっただけ…なのですから。
ノルウェーまだ~む
2016年04月30日 08:43
にゃむさん☆
本当にそういう意味でも恐ろしい話でした…
反対に言えば認識の甘さやふとした出来心で、犯罪者の側に立つ場合もあるんですよね。
そいういったことを含め、みんな良識を持って生活していってほしいと願うばかりです。
たいむ
2016年05月03日 09:06
大スクープは彼らジャーナリストの最大のモチベーションと思うし、他社を警戒するあたりは新聞社として当然で、まったく無利益ってわけでもない部分もしっかり描かれていたのは良かったと思います。
自分の足で取材して痛感したからこその言葉にとても重みが感じられたように思います。
ノルウェーまだ~む
2016年05月03日 17:14
たいむさん☆
新聞記者としての、そしてそれぞれの弁護士としての、そういった立場からボランティアではないからこそ、どう仕事と向き合うのかという点で、見応えがありましたね。
利益のみ追求するわけではなく、報道としての立ち位置を正しく見極めているからこそ賞賛された物語となったのでしょうね。
2016年05月06日 12:57
こんにちは。
本当によく映画化ができたなと思いますよね。
何人かの神父さんなのかと思ったらかなりの数にただ驚くばかりです。記事が公にならなかったらと思うと...恐ろしいですよね。
カトリック系の高校に行ってたので近い存在だっただけにラストのクレジットには本当にショックでした。
ノルウェーまだ~む
2016年05月06日 15:53
yukarinさん☆
ほとんどの神父さんや牧師さんやお坊さんや警察官や先生が立派な人なのに、一握りの悪人のせいで、その印象や見る目が変わってしまうよね。
でも今回はその一握りの多い事!
きちんと記事が公に出来て映画も出来て良かったわ☆
2016年05月14日 09:59
リーヴ・シュレイパー、わかりませんでした! もっと、かっこいい人かと思ってましたよ。(失礼な)
ノルウェーまだ~む
2016年05月14日 14:02
ボーさん☆
リーヴはオーラを消していて、ちゃんと一般の新聞社編集長になりきってましたね。
2016年05月30日 15:51
まだ~むさんこんにちは♪TB有難うございました♪

取材を続けていくにつれてどんどんと明らかになっていく教会と神父の悪行の数々・・。やっぱり想像してた以上の腐敗っぷりだったので、自分も気付くと目が離せず見入っていた感じになっていましたね。この自然とのめり込んでしまうような演出も作品賞に選ばれた理由なのかなとも思ってしまいました。

あと上司のバロン役のリーヴ・シュレイパーも良かったですね。あの厳つい顔を見ると『X-MEN ZERO』の時のようなヤバイ人達ばかりを思い出してしまうのですが、今回は凄いイイ人で良かった良かったw
ノルウェーまだ~む
2016年05月30日 16:41
メビウスさん☆
確かにリーヴ・シュレイパーがいい人で良かった♪という心境なんとなく判ります(笑)
淡々と取材していくだけなのに、次第に引き込まれて目が離せなくなってくるところは、劇中の記者たちの心境そのものなのでしょうね。
ふじき78
2016年09月11日 09:26
マイケル・キートンとマーク・ラファロってDCとマーベルのアメコミヒーロー共演じゃん。気づかんかった。
遡って、キートンの両親を殺害した犯人が実はハグレ神父で、それがトラウマになり、キートンは夜な夜な聖職者を思わせる蝙蝠の衣装で悪人を狩るように、、、、、だと他の映画になってしまうから、蝙蝠の衣装で悪人をペンで葬るように、、、、、いやいや、蝙蝠の衣装と鳥男の衣装はいらないんだよ。
ノルウェーまだ~む
2016年09月11日 17:19
ふじきさん☆
コメントありがとうございます~
てっきり映画をご覧になってかと思って、ふじきさんのブログ記事を探しちゃいましたww
アメコミヒーロー対決も役が変わるとこんなに別人のようで、さすが俳優さんは凄いですね!

この記事へのトラックバック

  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt: 本当の主演はリーヴ・シュレイバー 公式サイト。トム・マッカーシー監督。マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-04-27 21:39
  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt: その数に驚いた [E:shock] 公式サイト http://www.spotlight-scoop.com 事実を基にした映画 監督: トム・マッカーシー  「扉をたたく人」 「 靴職人と魔法のミシ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2016-04-27 21:47
  • 『スポットライト 世紀のスクープ』 2016年4月16日 TOHOシネマズ日劇

    Excerpt: 『スポットライト 世紀のスクープ』 を鑑賞しました。 レイチェル・マクアダムスが来日し舞台挨拶があった。 しかし、席は日劇最後方ということで顔すら判別できない状態であった。 オペラグラスが必要ね。と.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-04-27 21:51
  • 「スポットライト 世紀のスクープ」@スペースFS汐留

    Excerpt: J-WAVEさん主催の試写会で、映画上映前に「PARADISO」のDJ板井麻衣子と、映画コーナー担当の大倉眞一郎氏の舞台挨拶があった。客入りは満席だ。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2016-04-27 22:00
  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(11) ゾンビ神父は全体の6パーセント。さてその分母とは。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-04-27 22:08
  • スポットライト 世紀のスクープ  監督/トム・マッカーシー

    Excerpt: 【出演】  マーク・ラファロ  マイケル・キートン  レイチェル・マクアダムス  リーヴ・シュレイバー 【ストーリー】 2002年、ウォルターやマイクたちのチームは、「The Boston Glob.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2016-04-27 22:09
  • 新しい風の存在。『スポットライト 世紀のスクープ』

    Excerpt: 第88回アカデミー賞で作品賞を受賞した映画。アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちがカトリック教会の醜聞を暴いたという実話を基に描かれた社会派ドラマです。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2016-04-27 22:09
  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt: 全世界に衝撃を与えたこのスクープがどのように生み出されたのかを丁寧に描いている映画だった。アカデミー賞作品賞と脚本賞を獲得しただけのことはある。社会がひっくり返ってもいいという覚悟の新聞記者がすばらし.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2016-04-27 22:29
  • 映画:スポットライト Spotlight  真実はひとつしかない、を再実感させる点で、貴重な光を放っている一作。

    Excerpt: まず冒頭、当ブログでのアカデミー賞候補検討時の発言を撤回したい。 <去年の激戦とは全く違う次元の戦い… <2年連続の獲得でいいのか?!のイニャリトゥ。 &l.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-04-28 03:16
  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt:  『スポットライト 世紀のスクープ』を渋谷Humaxで見ました。 (1)本年のアカデミー賞の作品賞と脚本賞を受賞した作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「事実に基づ.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-04-28 05:18
  • 劇場鑑賞「スポットライト 世紀のスクープ」

    Excerpt: 教会のタブーに挑む… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604150000/ 【送料無.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-04-28 05:49
  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt: ボストン・グローブの記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話に基づくド Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2016-04-28 10:19
  • スポットライト 世紀のスクープ★★★.5

    Excerpt: カトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームを巡る感動の実話を基に、巨大な権力に立ち向かっていった新聞記者たちのジャーナリズム魂と不屈の執念を描.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-04-28 19:50
  • 「スポットライト 世紀のスクープ」強大な権力の闇を暴く“光”

    Excerpt:  アカデミー賞 作品賞&脚本賞 W受賞!「スポットライト 世紀のスクープ」(ロングライド)。キリスト教社会の“絶対的タブー”に、果敢に挑んだ地方新聞社の実話を映画化。華は無いけど、真面目な作品です.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2016-04-28 20:49
  • スポットライト 世紀のスクープ / Spotlight

    Excerpt: カトリック教会の神父達による少年少女への性的虐待と言う一大スキャンダルを暴いた、ボストン・グローブ紙の記者たちの活躍を描いた作品。第88回アカデミー賞では作品賞、脚本賞を受賞した。 そうかぁ。この作.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2016-04-28 22:14
  • ショートレビュー「スポットライト 世紀のスクープ・・・・・評価額1700円」

    Excerpt: スポットライトが照らし出したものは。 カソリック聖職者による、子どもたちの性的虐待事件を暴いた、ボストン・グローブ紙の“スポットライト”取材チームを描く群像劇。 情報量は膨大ながら、いかにも新.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-04-28 22:46
  • 『スポットライト 世紀のスクープ』

    Excerpt: この事実を記事にしなかった場合、誰が責任を取るのか。 何と地味なオスカー作品だろうか。しかし何と渋くて格好いいオスカー作品だろうか。そして何と無駄なシーンのないオスカ ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-04-29 23:42
  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt: 『スポットライト 世紀のスクープ』---SPOTLIGHT---2015年( )監督: トム・マッカーシー出演: マーク・ラファロ 、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイ.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2016-05-01 15:34
  • [映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「スポットライト 世紀のスクープ」感想

    Excerpt:  「靴職人と魔法のミシン」のトム・マッカーシー監督、マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、他出演。2001年、マサチューセッツ州ボストンの日刊紙「ボストン・グローブ」の少数.. Weblog: 流浪の狂人ブログ~旅路より~ racked: 2016-05-03 10:15
  • [映画『スポットライト 世紀のスクープ』を観た(短評)]

    Excerpt: 映画『スポットライト 世紀のスクープ』予告篇 ☆・・・これもまた、力のこもった傑作でした。 ボストン・グローブ誌の特集記事チーム<スポットライト>が力強く巨悪に迫っていきます。 よく、この実話を作.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2016-05-04 10:15
  • スポットライト 世紀のスクープ/SPOTLIGHT

    Excerpt: 更新遅くなってしまった この春イチオシ。アカデミー賞作品賞と脚本賞のW受賞作品 ピューリッツァー賞も受賞したボストン・グローブ紙の調査報道の全貌と、 ジャーナリスト魂を貫いた記者たち.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2016-05-04 18:55
  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt: 2001年、夏。 ボストンの地元新聞“ボストン・グローブ”の新任編集局長としてマイアミからやって来たマーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)は、目玉になる記事の材料を物色し、神父による子どもへの.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2016-05-05 21:36
  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt: 【SPOTLIGHT】 2016/04/15公開 アメリカ 128分監督:トム・マッカーシー出演:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッテ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-05-06 12:47
  • 「スポットライト 世紀のスクープ」

    Excerpt: そのままでは知りようがなかった事実を人々に知らせることができるとき、報道の意味は大きい。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2016-05-14 09:56
  • スポットライト 世紀のスクープ SPOTLIGHT

    Excerpt: 今年のアカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した作品。ボストンの地元紙「ボストン・グローブ」が、神父による性的虐待とカソリック教会が組織を挙げてこの事実を隠蔽してきたことを告発した実話を描く。 大手全.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2016-05-15 01:10
  • 映画「スポットライト 世紀のスクープ」

    Excerpt: 映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2016-05-17 05:56
  • 映画「スポットライト 世紀のスクープ」骨格のしっかりした良作、でも日本人にはピンとこない

    Excerpt: 映画「スポットライト 世紀のスクープ」★★★★ マーク・ラファロ、マイケル・キートン、 レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、 スタンリー・トゥッチ 出演 トム・マッカーシー 監督、 1.. Weblog: soramove racked: 2016-05-18 11:05
  • 記者たちが知る、その真相の大きさ

    Excerpt: 5日のことですが、映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。 アメリカの新聞「The Boston Globe」 2002年 新たな編集長の指示の元 スポットライトチームは 彼らがこれま.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-05-27 22:26
  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt: 【監督】トム・マッカーシー 【出演】マーク・ラファロ/マイケル・キートン/レイチェル・マクアダムス/リーブ・シュレイバー/ジョン・スラッテリー/ブライアン・ダーシー・ジェームズ/スタンリー・.. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2016-05-30 15:50
  • 「スポットライトー世紀のスクープー」

    Excerpt: 人が人を殺す事は、ある。しかし、組織が人を殺す、それを暴いたのがこの作品である。実際に刃物や銃器で殺される訳ではない。だが、被害者達は一度精神的に殺されている。そして被害者達が後に自殺をしてしまうケー.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2016-05-31 16:36
  • 「スポットライト 世紀のスクープ」 溢れる情報にスポットライトを

    Excerpt: 観終わって、内容を的確に表現をしたタイトルにしているなと思いました。 もちろんタ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2016-06-04 17:04
  • 映画『スポットライト~世紀のスクープ』…世界を揺るがすカトリック・スキャンダルとジャーナリスト魂

    Excerpt: 本作は、アメリカ人の(欧米人の)心の中に深く根付いているカトリック教会と、それが長年にわたって犯してきた犯罪をテーマに、そこに鋭く切り込んで行こうとする地方新聞の記者たちの勇気ある取材活動を、セミ・.. Weblog: 六日の菖蒲 racked: 2016-06-08 11:05
  • スポットライト 世紀のスクープ

    Excerpt: JUGEMテーマ:洋画     「スポットライト 世紀のスクープ」 原題:Spotlight 監督:トム・マッカーシー.. Weblog: マープルのつぶやき racked: 2016-09-11 13:12
  • 『スポットライト 世紀のスクープ』をギンレイホールで観て、その地味さにいたく感銘ふじき★★★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★★地味なんである。スタンドプレイや強引なカタルシスが用意されていない。逆にそこに誠実さを強く感じる】 もっと娯楽寄りに仕上げる舵取りもできたであろ ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2016-09-12 00:06
  • 「グッドモーニングショー」☆日本のコメディは明るい!

    Excerpt: コメディはこうでなくっちゃ!! 笑って、笑って、ちょっぴりホロリ。 テレビ局の関わった映画に普段から拒否感のある私だけれど、こ・れ・は、おっもしろい!! Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2016-10-06 23:56
  • 映画評「スポットライト 世紀のスクープ」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ=カナダ合作映画 監督トム・マッカーシー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-03-06 10:15
  • 「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」☆成長ものがたり

    Excerpt: アカデミー賞にノミネートされていなかったら、正直観に行ってなかったかも。 そしてスピルバーグならではの生真面目なつくりが、前半あくびを何度も出させることにもなった。 一昨年オスカーを受賞した「スポ.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2018-04-05 01:19