「蜜のあわれ」文芸のかほり☆衣裳展でなりきる

室生犀星原作の「密のあわれ」の映画化。
妖艶でエロチック、なのに健康的で可愛らしい、金魚なのに人間、人間なのに金魚がここまでしっくりくる女優さんって、他にはいないよね。
文芸のかほり高き本作は、今すぐ原作を手に取って、そしてもう一度観たくなる幻想的で小悪魔的できわどくエロティックなのにキュートでちょっとコミカルな物語。


東京国際文芸フェスティバルの一貫として行われた試写会&トークショーで鑑賞。
二階堂ふみちゃんは生で見ても可愛かったし、いつもの試写会とは一味違う、文芸の香りのする客層ににんまり。

画像
「密のあわれ」 公式サイト(4月1日公開)

<ストーリー>

『あたい』(二階堂ふみ)は小説家の『おじさま』(大杉連)に猫に追いかけられて裂けてしまった尾びれに「あれが出る時はホッとな時なの、のめのめを掻き分けるとすじがあるから、うまく唾をぬってべとべとにして」とお願いする。前より具合がよくなった赤子は妖艶に踊りだして老作家を喜ばせたりしていた。
時々現れる幽霊(真木よう子)が、老作家の昔の女だと気付いた赤子はおじさまに引き合わせようとするが、その度に消えてしまう。
老作家が足しげく通う謎の女性との関係を知った赤子は、金魚売(永瀬正敏)に頼み込み・・・・


画像
言ってごらんあそばせ
人を好きになるということは、愉しいものでございます
いっぺんこっきりでいいから男の人の口から聞いてみたいの

赤子はおじさまにぞっこんで、いつもべったり。
怪しげな二人の関係を、実にエロティックに演じる大杉連(!)

画像
小悪魔的に老作家を翻弄する少女に、二階堂ふみがぴったり。
子供以上、大人以下。
生と性にしがみつかんとする老作家のあがきと、自由気ままに飛び回る赤子の生き生きとした弾けるような生が対比をなしていて見事。
加えて紅い衣装が少しずつ変化していくことで、赤子が大人になっていく様子を表現しているなんて本当に素敵!!

画像
唯一真実を知る金魚屋は、女性に金魚を売るのだが・・・・

「最後のチャンスかもしれない」大切な瞬間を台無しにする金魚(笑)
老作家の慌てぶりが、コミカルでもあり哀しくもあり・・・・

画像
濃厚に幽霊の手首の傷を舐める赤子は・・・
健康的に見えてしまう真木よう子は、ちょっと幽霊には向かないと思うのは私だけ?
イメージとしては宮沢りえあたりが適任のような?

随所にエロチシズムMAXでありながらやらしく感じないのは、惜しげもなく魅せる二階堂ふみの全裸の肌がパーンと張って健康的だからなのかも☆

画像
ちょいちょいお迎えに来る芥川龍之介(高良健吾)がこの上もなくカッコイイ!!
仲の良かった萩原朔太郎も芥川もイケメンであったことから、かなりコンプレックスを持っていたというエピソードが、小説には登場しない芥川を映画に出演させたのでは?と文学フリークのねえね談。

現在渋谷ヒカリエにて『密のあわれ公開記念展示』開催中。~13日(日)
なんとちかママのお嬢さんが美大時代に習ったことがある先生が、この映画の衣装デザインを担当なさった澤田石和寛さんなのだそう。
画像

画像画像間近で見ると、衣装のふわりとした薄い生地は意外にも切りっぱなしなんだと分かってビックリ☆
こんなスケスケで大胆な衣装だったなんて!寒かったとトークショーで語っていたけど、ふみちゃんも大変だったのねぇ~

12日(土)にはスチール写真を担当した中野愛子さんによる撮影会も行われるそう。紅いひらひらの服を着て行ってみては?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マリー
2016年03月13日 18:07
こんばんは~~♪
コレ観たいの~~~。金沢三文豪のひとり、犀星さんのだしね。この前21世紀美術館でトークショーみたいのと映画とあったんだけど、行けなかった・・・

ふみちゃんって、童顔だよね。
こういう役が本当に似合いそう~。
公開が楽しみだよ~~~。

金魚っぽい衣装も素敵よね~♪
ノルウェーまだ~む
2016年03月14日 00:21
マリーさん☆
金魚の衣装かわいいでしょう♪
ふみちゃんにピッタリよね!
童顔なのにどこか妖艶なかんじが、この物語にピッタリだったわ。
是非観て~~!
ノラネコ
2016年04月09日 22:55
展示会やってたのですね。
赤のドレスは本作の見所のひとつでした。
昭和の幻想文学のムードを、シュールなユーモアと共に堪能しました。
ノルウェーまだ~む
2016年04月10日 00:22
ノラネコさん☆
そうなんです。間近で見る衣装も本当に素敵でしたよ。
ぽっちゃり見えた二階堂ふみちゃんでしたが、衣装は「うわ~ほっそ!」と思うスリムなつくりになっていました。
幻想文学の雰囲気は最高に素敵でしたね~
rose_chocolat
2016年04月13日 13:48
ずいぶん前に観てたんだねー。
衣装の本物は見てみたい!
ノルウェーまだ~む
2016年04月13日 23:32
roseさん☆
そうなんです~
ねえねが随分前からチェックしていて、試写会当てて~!って。
衣装は素敵だったよ☆

この記事へのトラックバック

  • 蜜のあわれ

    Excerpt: 老作家の書斎にやって来る愛くるしい少女・赤井赤子。 自分のことを「あたい」と呼ぶ彼女は我儘を言ってばかりだが、老作家は彼女とのおしゃべりを楽しんでいる。 ある日、老作家の講演会を聞きに行った赤子は、客.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-04-05 13:03
  • 蜜のあわれ~生と死の赤

    Excerpt: 公式サイト。室生犀星原作、石井岳龍監督。二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子、高良健吾、永瀬正敏、韓英恵、上田耕一、渋川清彦、岩井堂聖子。1962年に死去した室生犀星、ついこの間 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-04-07 13:22
  • 『蜜のあわれ』 人を好きになるということは、愉しいことでございます。

    Excerpt:  室生犀星の同名原作の映画化。  監督は『狂い咲きサンダーロード』『シャニダールの花』などの石井岳龍。  成瀬巳喜男の『あにいもうと』『杏つ子』の原作者として室生犀星という名前は知って.. Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実 racked: 2016-04-07 20:09
  • 「蜜のあわれ」:鈴木清順版が観たかった

    Excerpt: 映画『蜜のあわれ』は、鈴木清順が映画化を望んで頓挫した作品だということで、なるほ Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2016-04-07 22:13
  • ショートレビュー「蜜のあわれ・・・・・評価額1650円」

    Excerpt: まあるいお尻の愛しさよ。 作家と金魚と幽霊の、シュールな恋物語。 室生犀星の作品は学生の頃に詩集を何冊かかじった程度で、たぶん小説は読んでない。 だからこんなエキセントリックな話を書いていた.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-04-09 22:33
  • 蜜のあわれ

    Excerpt:  文豪・室生犀星の晩年の幻想的小説を、独自の世界観で知られる石井岳龍監督が映画化。二階堂ふみの小悪魔的演技と、もともと壊れた演技が得意な大杉漣の組み合わせが、なんともおかしな味を醸し出しました。  .. Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記 racked: 2016-04-12 06:39
  • 『蜜のあわれ』 揺らめく哀しみ

    Excerpt: 監督: 石井岳龍 原作: 室生犀星 出演: 二階堂ふみ 、大杉漣 、真木よう子 、高良健吾 、永瀬正敏 、韓英恵 『蜜のあわれ』公式サイトはこちら。 自分のことを「あたい」と呼ぶ愛くるしい赤子.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2016-04-13 13:43
  • 蜜のあわれ

    Excerpt:  『蜜のあわれ』を新宿バルト9で見ました。 (1)二階堂ふみが主演の作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、花が咲いている庭の木がカーテン越しに映しだされ、また老作家(大.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-04-21 21:24
  • 『蜜のあわれ』 2016年1月27日 アキバシアター

    Excerpt: 『蜜のあわれ』 を試写会で鑑賞しました。 二階堂ふみ、大杉煉、石井岳龍監督の舞台挨拶がありました。 監督は寡黙ながらも暖かい感じで、二階堂ふみは可愛らしく 大杉漣は流石の舞台挨拶でした。 【ストー.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2016-04-21 23:36
  • 「蜜のあわれ」

    Excerpt:  作品世界を容認すればこの上なく興趣が尽きない映画だが、そうではない観客にとっては退屈に思えるだろう。幸いにして(?)私は本作の雰囲気を大いに堪能できた。個人的には今年度の日本映画の収穫だと思ってい.. Weblog: 元・副会長のCinema Days racked: 2016-04-22 19:39
  • 蜜のあわれ  監督/石井 岳龍

    Excerpt: 【出演】  二階堂 ふみ  大杉 漣  真木 よう子 【ストーリー】 丸いお尻とチャーミングな顔の赤子は、自分のことを「あたい」と言い、「おじさま」と呼ぶ老作家と一緒に暮らしていた。赤子には、何と真.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2016-04-23 09:36
  • 『蜜のあわれ』

    Excerpt: 蜜のあわれ 金魚と作家と幽霊が織り成す、 艶やかで濃密な恋の物語... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:室生犀星の幻想小説 Weblog: cinema-days 映画な日々 racked: 2017-01-10 00:14
  • 映画評「蜜のあわれ」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・石井岳龍 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-01-12 09:46
  • 蜜のあわれ (2016)

    Excerpt: かなり観る人を選びそうだし、好みも分かれそうですが、エロ可愛い、金魚の精に、二階堂ふみ、ハマり役!また、ショートヘアしか見た事なかったので、ロングヘアの真木よう子も、タイプの違う妖艶な魅力で、好バラン.. Weblog: のほほん便り racked: 2017-06-22 07:24