「オデッセイ」☆ザ!鉄腕ダッシュ星

もはや本業が何なのか判らなくなりつつあるTOKIOのメンバーたちが、華やかな芸能界とかけ離れた離島で、おえっ!となりつつ井戸の掃除をしたり、うへーっ!といいながら正体の分からないものを料理したりしても、ちっとも辛そうでないのは(本当は辛いのかもだけど)、プロ根性は勿論だけど、実際「作り出す喜びが困難を打ち負かす力になる」からなのかも☆


とかく絶望的にしがちな究極サバイバルの物語を、こんなにもユーモラスに描けるなんて!


画像
「オデッセイ」 公式サイト

<ストーリー>

突然の宇宙嵐で任務遂行が困難になり、緊急の退避を余儀なくされた有人火星探査のクルーは、途中アンテナの直撃を受け行方不明になってしまったマーク・ワトニー(マット・デイモン)を残しやむなく離陸する。
嵐の後、取り残されたことを知ったワトニーだったが、遺された1か月分の食料から野菜を生産し、生き延びるべく奔走する。
地球との連絡方法も無い中、設置された太陽光パネルの変化でワトニーの存在に気付いたNASAは、ワトニー救出に向けて動き出すのだが・・・・


画像
マット・デイモン以外のキャストは、ほぼ座っているだけ

ロケットのクルーたちも、NASAのメンバーもみな座って作業しているシーンばかり。
動くのはマット・デイモンだけなのに、こんなに飽きさせない映画って!!

それにしても閉所恐怖症な私は冒頭から息が苦しくて、ヘルメットを被った時点でもう息も絶え絶えなのに、ガムテで補修するとか、ビニールで覆った乗り物で真空の宇宙空間に飛び出していくとか、もう考えられないっ!

画像
とにかくポジティブシンキングなワトニー

「待ってろ!火星!」っていいね☆
絶望的な状況下において、長期的な絶望感に心をとらわれず、目の前の事象を一つ一つ解決していく、まさに理系脳が、このポジティブシンキングの核をなすのかも。

意外にも文系でありながら、崖っぷちに実際立たされているのに「東大を受けるような奴らは知識だけだからな」と奇妙な発言をして余裕をぶっこいている息子は、ポジティブなのかただ心臓に毛が生えているのか、事態を正しく認識できていないのか、ワトニーのような科学に裏打ちされたからこそのポジティブとは明らか違うものが・・・・(汗)

画像
火星にぽつん
最初マッチョだったワトニーが次第に痩せていく様子は、凄いなー!と思ったけれどさすがにCG加工なのかな?


ひとつ気になるのは、究極のポジティブ映画でありながら、実はものすごくネガティブな側面を持っているところ。
いかにも媚びを売ったような付け足しました的部分が、天下のハリウッドですら中国資本なしには成り立たない、アメリカの弱腰経済を如実に表しているようで、物語の内容と違ってどんだけネガティブ?と思わずはいられなかった・・・・




この記事へのコメント

2016年02月22日 11:24
DASH島とDASH海岸は面白いけど他のはつまらないです
東大の件、1学年3000人?もいるので十把一絡げにするのは危険であることだけは教えてあげてください。傾向はありますけど(笑)
ノルウェーまだ~む
2016年02月22日 17:01
まっつぁんこさん☆
うわっ!あんな賢い人が3000人もいるなんて…
で、その中に到底入れないという~~(苦笑)
さすが東大医学部、正しいご指摘ありがとうございます。よく伝え申しておきます。
勿論、十把一絡げにできる立場では到底ありませんが、息子にもようやく春がきましたっ(ふう~っ)
2016年02月23日 07:05
閉所恐怖症?
高所恐怖症ではダメな映画を先日ごらんになっていましたけど、閉所のほうはダメ?
やせたのはCGらしいとも聞きましたが…ダイエットするにはいいかもしれません、火星。
にゃむばなな
2016年02月23日 10:40
あの痩せ方は実際に頑張った結果じゃないですかね。
マット・デイモンがオスカー候補になっているのも、rバート・デ・ニーロみたいに頑張ったからと私は見ているので。
もしこれでCGだったら…、何かイヤですわ~。
たいむ
2016年02月23日 10:40
マットのひさびさの肉体美を堪能。
けど、最後はもちろん、最初のマッチョ姿も(特に後ろ)はちょっと盛ってるんじゃないかなって。CGってほんと便利です。(と勝手にCGだと思っている)

実際には死んだほうがマシみたいな過酷なサバイバルなのに、面白かったです。
2016年02月23日 12:15
そんなにユーモラスなの?
この作品、ゴールデン・グローブ賞でミュージカル・コメディ部門受賞というので驚いてたんだよね。
ところで息子さん、春が来た!?
おめでとうございます!!
ノルウェーまだ~む
2016年02月23日 14:42
ボーさん☆
そうなんです。先の「ウォーク」の方は、余裕しゃくしゃくでいたのですが、こちらのほうは思い出しても苦しいのです(汗)
総じて宇宙遊泳ものは息苦しく、加えてタイタニック水没ものも苦手でございます。
ノルウェーまだ~む
2016年02月23日 14:46
にゃむさん☆
私も観たときは、マット・デイモン偉い!と感心していたのですが、CG修正加わったと知ったら、ちょっとガッカリでした。
それでも演技でしっかり魅せてくれていたので、ちょっとだけ修正あったとしても良しとしましょうかね☆
ノルウェーまだ~む
2016年02月23日 14:50
たいむさん☆
ちょっと「盛って」痩せてるのも、まあこの時代「有り」でしょうね~
今や何でもできる時代ですもの。
「死んだ方がマシ」なサバイバルものって結構あるけれど、ゾンビや海難・墜落ものに比べると、楽しくポジティブなのがとっても面白かったです。
ノルウェーまだ~む
2016年02月23日 14:54
zooeyさん☆
はい、今まで応援ありがとうございました。
zooeyさんのとこの息子さんのようには優秀でないですが、なんとか希望のところ合格ゲットしました!あと本命の結果1つ待ってます☆

映画はユーモラスということで見始めるとちょっと違うのですが、こんな状況で悲観的にならずにポジティブに生きよう~とするという点が既にユーモラスなんですよね☆
2016年02月23日 15:24
お、ノルさんもご覧になったんですね!
これを見て以来、ポテト料理ばかり作ってましたw

中国の経済成長は、ハリウッドももはや無視出来ないんじゃないですかね〜
今後ますます増えるのではないかと思いますよ。
『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』にも韓国は出てくるけど日本は出て来なかったりしますから。
ノルウェーまだ~む
2016年02月23日 23:40
とらねこさん☆
もうアメリカはすっかり中国にシフトしてるもんねぇ。
勿論、この日本の経済状況では何も期待しないし、中国経済の世界に与える影響力は増大する一方なので納得なんだけど、映画に登場するしかたが、いかにもアメリカが媚び売っているかんじに思えてならないわ。
2016年02月24日 01:01
こんばんは。
SFは深遠すぎて途中で眠くなってしまうこともしばしばですが、これはとっても楽しかったです。
でもせっかく気分よく見ていたのに、中国へのヨイショにはしらけました。市場規模の大きさがものをいうとはいえ、昔の日本人がエコノミックアニマルみたいに描かれていたことを思うとなんだか複雑な思いです。
ノラネコ
2016年02月25日 22:31
やせた体は、顔と体が一緒に写るショットが一つもないので、おそらく後姿だけのスタンドインでしょうね。
まあ上手く撮ってますけど。
太陽神は原作にもあるので、映画のマーケッティングで付け足した訳ではないです。
映画の描き方は、むしろ責任をちゃんと負えと注文つけてる様に感じました。
2016年02月25日 23:39
鉄腕ダッシュ星に笑いました。
ひとりぼっちにされたのにまさかのポジティブな展開には驚きましたが楽しめました。
火星に行く時はじゃがいもを持っていかなきゃー 笑
ノルウェーまだ~む
2016年02月26日 16:22
セレンさん☆
私もです!
難しくて何を言っているのか理解出来ないことも大きな要因なのだとは思うのですが、SFはどうしても眠くなっちゃうんですよね~
でもこれは取りあえず地に足がついているせいか、とっても楽しめちゃいました。
中国にはやっぱりヨイショしているように見えましたよね~~
ノルウェーまだ~む
2016年02月26日 16:47
ノラネコさん☆
あら、すると後ろ姿は替え玉ですか?
中国のロケットは原作通りらしいですね~
つまりアメリカ全土での中国に対する期待感と依存心を余計感じてしまったのでした。
ノルウェーまだ~む
2016年02月26日 16:50
yukarinさん☆
火星にポテトは荷物多そう~~
ポテトっていうのがアメリカならではな気もするわ。
私はそもそもポテト??って思って観てました。
普通、宇宙に運ぶなら真空のボイルポテトではなくて、フレークになったマッシュポテトも素だと思うし(爆)
2016年02月28日 22:26
いよいよ明日はアカデミー賞ですね。『レヴェナント』と『マッドマックス』の二強に交じって『オデッセイ』がどこまで食い込めるか見ものです。TOKIOはそのうち本当に宇宙飛行までチャレンジしてくれるんでないかとちょっと期待してます
ノルウェーまだ~む
2016年02月29日 23:45
伍一くん☆
確かに!
彼らなら宇宙ステーション1か月とかへ行きそうです☆
時々歌を歌ってね、楽しみも大切♪
アカデミー賞楽しみね~~
ふじき78
2016年03月07日 08:55
> マット・デイモン以外のキャストは、ほぼ座っているだけ

じゃあ、マッド・デイモン以外の俳優は全て落語家に置き換え可能と言う事か。マッドもそんなに激しいアクションはないから「とにかく明るい安村」辺りで置き換え可能だな、きっと。いや、置き換わった映画そんなに見たくはないけど。
ノルウェーまだ~む
2016年03月09日 16:44
ふじき78さん☆
コメディなので、それも有りかもですね~~
とにかく明るい上に、履いてなかったですけど・・・
2016年04月06日 22:14
コミカルな態度で、畑を耕す、そんな音楽を活かした演出もあるかと思いきや、思い切り理系脳のマークには、まじめに畑仕事をする、という、彼が、何を思って、火星の日々を暮らしたかが気になります。

宇宙の無音空間と、とにかく頑張るマンのマークとの対比が際立ちましたね。サバイバルで何より大切なのは食、それは、人間である以上に、一個の生命として、保証されねばならないものでしょう。

ハイテク時代になっても、必要なものは変わらないのですね。通信を梃子にした、地球との会話然り、文明の道具を、あれだけのプロがどれほど使いこなしているのか、疑問がありましたが、マークは最高のプロフェッショナルとして、探査機まで修理するなど、恥ずかしげのない仕事人ぶりでしたね。宇宙探査はアメリカの威信にも関わるので、そこらへんで、優秀な人材を充てて来たのは、そうしたプライドも感じました。
ノルウェーまだ~む
2016年04月06日 23:17
隆さん☆
やはり宇宙まで行く人の能力は凄いですよね。
理系の優秀な人は本当に強いです。
やはり科学に裏打ちされたものは、それだけ揺ぎ無いということなのかもしれないですね。
2016年04月13日 19:09
こんにちは!
鉄腕ダッシュ★とはなかなか言い得て妙です~。
ところで、ウチにも文系男子がおります。あ…宇宙には行かれないのか…と思うとちょっと気の毒だけれど、文系理系関係なく、あたかも折り畳み式のように下を向いてしまう電気スタンドを作ってくる技術の能力じゃあ、どっちにしてもダメだよなぁ…
ノルウェーまだ~む
2016年04月13日 23:38
ここなつさん☆
ここなつ家も文系男子さんなのですねー?
なんでしょうね、文系の子ってどこか手が不器用ですよね(笑)
パパは理系なんですけど、息子がPCに向かって悪態をついているのを見ると、先が思いやられます~~

この記事へのトラックバック

  • オデッセイ~火星でもゼログラかよ

    Excerpt: 公式サイト。原題:The Martian。アンディ・ウィアー原作、リドリー・スコット監督。マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、キウェテル・イジョフォー、ジ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-02-22 09:14
  • 「オデッセイ」

    Excerpt: 前向き、ポジティブにつらぬかれた感動。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2016-02-22 09:26
  • 映画『オデッセイ』2D字幕版 観た~

    Excerpt: 面白かった~~(*´∀`人 ♪ 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きてい.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2016-02-22 09:44
  • オデッセイ (試写会)

    Excerpt: ディスコミュージックで乗り切れ 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/odyssey2月5日公開 原作: 火星の人 (アンディ・ウィアー/ハヤカワ文庫)監督: リドリー・.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2016-02-22 09:57
  • オデッセイ

    Excerpt: 安心してください。生きてますよ。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2016-02-22 10:17
  • 映画「オデッセイ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『オデッセイ(2D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 .. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2016-02-22 10:38
  • オデッセイ

    Excerpt: オデッセイ@よみうりホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2016-02-22 11:15
  • スターマン/火星の人~『オデッセイ』

    Excerpt:  THE MARTIAN  NASAの有人火星探査計画 「アレス3」 のクルーたちは嵐に襲われ、ミッ ションを中断し地球へ帰還する。しかしクルーの一人で植物学者のマーク.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2016-02-22 12:40
  • 劇場鑑賞「オデッセイ」

    Excerpt: まずは、“始めること”が大切… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602050000/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2016-02-22 12:48
  • "火星の砂の色"『オデッセイ(The Martian)』リドリー・スコット監督、マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ペーニャ、クリステン・ウィグ、他

    Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。『オデッセイ』The Martian原作:アンディ・ウィアー 監督:リドリー・スコット脚本:ドリュー・ゴダード出演 : マット・デイモンジェシカ・チャステイン、マイケル・.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2016-02-22 13:37
  • オデッセイ

    Excerpt: 火星に一人残された宇宙飛行士が科学の力で生存期間を伸ばす。NASAの全面協力を得て詳細なやり取りは現実的だ。現在の宇宙開発の現状に即した描写はリアリティに富んでいる。スペースアクションの新時代を切り開.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2016-02-22 13:53
  • オデッセイ3D ★★★★

    Excerpt: 『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-02-22 13:58
  • 映画:オデッセイ The Martian  シビアなはずの「サバイバルSF」が妙にポジティブ =実は「音楽」映画?

    Excerpt: ストーリーは超シンプル過ぎるくらいの「一発物」 (火星に探査に行ったクルーのうち、一人だけ取り残され=写真、孤軍奮闘した結果、遂には帰還に成功?) なので、正直どうか?!と事前は思っていた。.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-02-22 18:59
  • オデッセイ

    Excerpt:  『オデッセイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)前回に引き続きSF物ながら、マット・デイモンが主演であり、なおかつアカデミー賞作品賞などにノミネートされているとのことで(注1)、映画館に行ってき.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-02-22 18:59
  • オデッセイ

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(11)(10) 主人公の持ち前の明るさが仇となり取り残された恐怖が Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2016-02-22 20:19
  • オデッセイ(3D) / The Martian

    Excerpt: アンディ・ウィアーのベストセラー『火星の人』の映画化。第73回ゴールデングローブ賞で作品賞と主演男優賞(マット・デイモン)を受賞。第88回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(マット・デイモン)、脚色.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2016-02-22 22:02
  • 『オデッセイ』

    Excerpt: この手のSFは最近良くも悪くも深刻なのばっかりだったから、たまにはこういう悲壮感の無い明るいSFもイイよね。 2時間半もあるけど最後まで楽しめた。 出てくる人たちみんな良い ... Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2016-02-22 22:49
  • オデッセイ  監督/リドリー・スコット

    Excerpt: 【出演】  マット・デイモン  ジェシカ・チャステイン  キウェテル・イジョフォー 【ストーリー】 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー。乗組員はワトニーが死亡したと思い.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2016-02-22 23:10
  • オデッセイ

    Excerpt: 今日は、若干 北風が有ったものの・・・ Weblog: Break Time racked: 2016-02-23 06:03
  • 『オデッセイ』 2016年1月21日 よみうりホール

    Excerpt: 『オデッセイ』 を試写会で鑑賞しました。 今週は良い感じで仕事が終わっているので、なんとか参加できてます。 【ストーリー】  火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マッ.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2016-02-23 08:24
  • 『オデッセイ』

    Excerpt: 希望と絶望の狭間で揺れる振り子に、科学を武器に戦うヒューマンドラマがここにある。 何と生命力に溢れた映画なのだろうか。これが79歳の監督が撮る映画なのだろうか。 意外や意 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2016-02-23 10:41
  • オデッセイ

    Excerpt: 【THE MARTIAN】 制作国: アメリカ  制作年:2015年 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士の マーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが 死亡したと.. Weblog: miaのmovie★DIARY racked: 2016-02-23 17:29
  • オデッセイ

    Excerpt: アンディ・ウィアー作の小説 「火星の人」を映画化。 火星にたった一人だけ残された宇宙飛行士、 マーク・ワトニー。 マット・デイモンが 主人公のマーク・ワトニーを演じます。 監督はリドリー・スコット.. Weblog: 花ごよみ racked: 2016-02-23 21:27
  • オデッセイ

    Excerpt: リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演のSF映画、「オデッセイ」(The Weblog: セレンディピティ ダイアリー racked: 2016-02-24 01:03
  • オデッセイ・・・・・評価額1750円

    Excerpt: 火星のオデッセウス。 たった一人で火星に取り残された男のサバイバルを描く、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」の映画化。 宇宙を舞台にしたサバイバル劇というと、アルフォンソ・キュア.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2016-02-25 22:03
  • オデッセイ

    Excerpt: THE MARTIAN 上映時間 142分 原作 アンディ・ウィアー 『火星の人』(早川書房刊) 脚本 ドリュー・ゴダード 監督 リドリー・スコット 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 .. Weblog: to Heart racked: 2016-02-25 22:11
  • オデッセイ

    Excerpt: 【THE MARTIAN】 2016/02/05公開 アメリカ 142分監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-02-25 23:31
  • 『オデッセイ』('16初鑑賞14・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:25の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-02-26 20:52
  • 「オデッセイ」 The Martian (2015 FOX)

    Excerpt: あのリドリー・スコットがこんなにストレートな人間讃歌を、と絶句(実はかなり感動)。弟のトニーを悲惨な形で失ったからか、シニカルに語っていられる世相ではもうないという判断か。誰でも一度は夢想したこと.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2016-02-27 15:07
  • オデッセイ ―2D―

    Excerpt: 『オデッセイ』---THE MARTIAN---2015年(アメリカ)監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ 、マイケル・ペーニ.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2016-02-27 23:35
  • No.530 オデッセイ

    Excerpt: 火星にひとり取り残された宇宙飛行士のサバイバルを緻密な科学描写とともに描いた、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」を映画化。火星での有人探査の最中、嵐に巻 ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2016-02-29 21:58
  • 『オデッセイ』を109シネマズ木場3で観て、もちっと笑いたいのだがのうふじき★★★

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★今のままでも面白いけど、もっと脱力したい】 火星に置いてきぼりにされた男の奮闘記。 予告編が実によく出来ていて、 彼が救助を待つ間に生存できない諸 ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2016-03-07 08:55
  • 『オデッセイ』

    Excerpt: 「こんなに星が写らない宇宙ものも珍しい『オデッセイ』。 よく引き合いに出される『ゼロ・グラビティ』よりは好きかな。 主人公に悲愴感があまり漂わないところが、 なるほど宇宙飛行士になる人は器が違うわと.. Weblog: ラムの大通り racked: 2016-03-14 23:00
  • オデッセイ

    Excerpt: 火星で撒かれた種は、たった一度の再起に懸けられる…。火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた.. Weblog: E'S STREAM racked: 2016-04-06 22:11
  • 火星にて1人、生き残るには

    Excerpt: 10日のことですが、映画「オデッセイ」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて 火星での有人探査の最中嵐に巻き込まれたワトニー 仲間たちは緊急事態を脱するため死亡したと推測されるワトニーを置いて火星を去.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-04-09 00:28
  • 「オデッセイ」

    Excerpt: 気の利いた事を書こうと思ってここまで来てしまいました。でも、結局気の利いた事なんて書けない。メールでもLINEでもそうだけれど、読んだ瞬間「了解しました!」とか「又後日!」と何も考えずに送るのが良いと.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2016-04-13 12:51
  • 「オデッセイ」 課題の本質を見極める

    Excerpt: オリジナルのタイトルは「The Martian」。 これは直訳すれば「火星人」で Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2016-04-24 22:13
  • オデッセイ

    Excerpt: THE MARTIAN 2015年 アメリカ 142分 SF/アドベンチャー/コメディ 劇場公開(2016/02/05) 監督: リドリー・スコット 『エクソダス:神と王』 製作: リドリー・ス.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2016-06-23 21:25
  • 映画評「オデッセイ」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督リドリー・スコット ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-12-10 09:55