「ラブ&ピース」☆夢を叶えたのは監督

結局、夢を叶えたのは監督なのだと思う。


あえて?なのか・・・・・???
大掛かりに新宿都庁がどかんどかん!と攻撃されるCGを多用しながら、「中の人」を感じるカメちゃんや、今どき見た事もないようなあやつり人形的動きのぬいぐるみたちのチープさが同居する、妙なアンバランスさ。

オリンピック問題と戦後70年まで持ち出して、「反戦」や社会問題をテーマにしたかのようにしておきながら、夢を諦めないけど、初心忘れるなの青春物語だったり。


画像
「ラブ&ピース」 公式サイト

<ストーリー>

ロック歌手の道を諦めて、小さな事務所で働く鈴木良一(長谷川博己)は、同僚からバカにされる毎日。
唯一、地味なOL寺島裕子(麻生久美子)だけが親切にしてくれたが、気持ちを告白することもできずにいた。
ある日、一目ぼれして買った亀をポケットに入れているのを見つかって、社長にもどやされた良一は思わずトイレに亀を流してしまう。
下水に住む謎の老人とおもちゃたちに拾われた亀は、不思議な飴をもらって・・・・・


画像
良一は自分に自信が持てず、いつもお腹が痛かった~~でもいくらなんでも、そんなひどい職場イジメはないでしょう?

園子温監督お得意の血しぶきもなければ、奥さんを全裸にするのもない。
しかしまさかのSっぷりが、ここに出ていたとはっ
長谷川博己をここまでキモイ駄目人間として演じさせるなんて!!特に地べたを亀っぽく這いまわるところとか、思わずひえ~~っと口に出してしまったくらい。
まさに撮影現場で長谷川さんイジメが行われていた?くらいの迫真の演技☆

画像
亀との出会いが彼の運命を変える

亀の名前を「ピカドン」と決めるくだりは、ハッキリ言ってキライ。
「ヒミズ」の時は震災をチャンスとばかりに利用したりする神経が気に入らなくて長い事見なかったけど、(見たら案外良かった♪)今回の『戦後70年』というワードを入れて、無理やり『反戦』っぽくしたのも意味が解らないし、何よりそういう魂胆が許しがたい。
しかもあまりにも不謹慎だし。

画像
カメちゃんにいつかロック歌手になって日本スタジアムを満員にするという夢を語る日々

キモさ爆発で演じる長谷川博己に拍手!
亀をいつも撫でまわしているけれど、ポケットに入れたり出したりは、「亀って噛むから大変だったと思う。」と同行のママ友談。

画像
謎の老人と仲良しの「捨てられたおもちゃたち」

チープな動きをするおもちゃたち(笑)を相手に独り芝居をする西田敏行は、ほぼアドリブだったのかな?
さすが大御所~~と感心しきり。
ここで不思議な飴をもらって、亀ちゃんは次第に巨大化していく~~~って、中に人が入っちゃったりするから、あんまりぐんぐん大きくなっていかないんだけど?

ちなみに亀ちゃんの声はピカチュウの大谷育江、黒いネコちゃんはニャースの犬山イヌコ(ねこなのにっ!?)

画像
亀ちゃん効果でめきめきとロック歌手として人気が出る良一の変貌ぶりに驚愕!!

役者さんてすごいなぁー
髪型ひとつ、眼鏡一つ、それとも立ち居振る舞いで?人はここまで変われるものなのね。
そういう意味から言っても、内面から溢れる自信って本当に大切!!


さて、園子温監督作品のファンとしては、評価のばらつきが気になるこの作品を今回鑑賞したのには訳があって・・・・
画像
レボリューションQのライブタオルだ、いえ~~い!!

実は一昨年の大晦日。
ママ友とふたりで、はるばる大宮スタジアムまで出向き、ラストのワイルドリョウ率いるレボリューションのライブシーンのエキストラに参加していたのだった。

写真はその時にもらったライブタオル。
スタジアムを埋め尽くすファンは、実は何度も場所を入れ代わって撮影したもの。
CGで合体させると、こうしてスタジアムが満席になっちゃうんだ~~としみじみ(笑)

一度聴いたら耳に残ってしまう「♪ラブ&ピーース、おまえを~わっすれなあ~い・・・」という歌は私たちの声で、練習から数えて何度も歌ったので、それこそ年を越してずーっと耳にこびりついていたことは、まさに忘れられない思い出でもある。

画像
妙なチープさが学園祭の自主映画みたいだなと思ったら・・・・

なんとこの脚本は、園監督が25年も前に生まれて初めて書いたものなのだとか。
なるほどそれで学園祭映画っぽいのね。

監督自身ががその時に抱いた夢を実現したとも言うべきこの映画。
夢はいつか叶うけど、失くしたピースは取り戻さないといけないってことかな☆



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年07月16日 21:38
夢をかなえて道に迷ってしまった?
昔のネタは卒業して、もう一度原点回帰するパワーがあるのか注目していきます。
2015年07月16日 22:56
私は逆に「ピカドン」という名前を付けるという非常識センスが現代には蔓延っている、つまり子供の名前にキラキラネームが多い現代に対する皮肉も入っていると感じましたね。
とにかく園子温監督作品が好きな人間にはたまらなく面白い映画でしたよ。
ノルウェーまだ~む
2015年07月17日 13:40
まっつぁんこさん☆
常に実験的映像に果敢にトライしているのかもしれないですが、ファンとしては原点回帰を希望しますね。
この1年~2年の作品はあれこれ試してみている段階という気がしてなりません。
ノルウェーまだ~む
2015年07月17日 13:49
にゃむさん☆
かなりお気に召していらっしゃいますね~
私も園子温監督作品が好きですが、ここ1~2年の作品は、実験的に粗製濫造しているよう思えるし、監督のあざとい一面が見え隠れしてて、正直好きになれませんでした。

子供に「悪魔」とつけようとした親が確かいましたねぇ。
でも、かつてイギリスのコメディアンが「世界で一番不幸な男性は、3回被爆した人」と言ってのちに謝罪した事がありましたけど、皮肉っていいものと悪いものがあると思うのです…
ふじき78
2015年07月18日 00:33
いいなあ、ライブタオル。
最初「ピカドーン」の歌詞を「ラブ・アンド・ピース」に置き換えられてしまう出来事がありますが、「ラブ・アンド・ピース」が馴染みすぎてて、「ピカ・ドーン」というのが嘘くさく感じてしまいます。何気に渋川清彦が一番才能があるのかもしれない。
ノルウェーまだ~む
2015年07月18日 22:12
ふじき78さん☆
そうなんです!!
あそこはちょっと無理やり感がありましたよね。
そしてマネージャー役の方、本当に上手でした!!
2015年09月23日 22:13
ああ、客席にまだ~むっぽい人いるなって思ったんですよ… 嘘ばい!
わたしが観たときは若いお母さんと小さなお嬢さんがお客さんにいたんですけど、きっとお母さんは長谷川氏が目当てだったのかなあ。人気あるんだなあ。そしてお嬢ちゃんは楽しめたのかな(笑) 
長谷川氏、今日ゴジラ新作(日本の)に出演するという発表がありましたね。怪獣俳優まっしぐら!
ノルウェーまだ~む
2015年09月24日 00:59
伍一くん☆
へー!?ゴジラ新作に長谷川さん出演なのね?かなり色物づいてきてる??
子連れでこの作品とは、かなりのマニアックか、亀ちゃんが好きなのでしょうね。それとも人形いっぱい出るから子供向きと思ったのかな??

この記事へのトラックバック

  • 園子温 『ラブ&ピース』とは、「愛と平和」ではなくて……

    Excerpt:  『ヒミズ』『恋の罪』『希望の国』など園子温監督の最新作。  かつてはロック・ミュージシャンを目指していた鈴木良一(長谷川博己)は、今では冴えないサラリーマン。同僚の寺島裕子(麻生久美子.. Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実 racked: 2015-07-16 18:27
  • ラブ&ピース~ミドリガメ=新国立競技場

    Excerpt: 公式サイト。園子温監督、主題歌:RCサクセション。長谷川博己、麻生久美子、渋川清彦、奥野瑛太、マキタスポーツ、深水元基、手塚とおる、松田美由紀、西田敏行(テレビ映像)田原総 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-07-16 18:39
  • ラブ&ピース/ 長谷川博己

    Excerpt: 主題歌であるRCサクセションの「スローバラード」が耳心地いい劇場予告編なんですが、おそらくは鬼才・園子温監督が放つナンセンスなおバカ映画なんですね?もちろんそれを期待し ... Weblog: カノンな日々 racked: 2015-07-16 21:08
  • 「ラブ&ピース」:思いのエネルギー

    Excerpt: 映画『ラブ&ピース』は、5,6,7月封切りで『新宿スワン』、本作、『リアル鬼ごっ Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2015-07-16 21:23
  • ラブ&ピース

    Excerpt: ラブ&ピース@なかのZERO Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2015-07-16 21:30
  • ラブ&ピース  監督/園 子温

    Excerpt: 【出演】  長谷川 博己  麻生 久美子  西田 敏行 【ストーリー】 ロックミュージシャンになる夢を諦めて以来パッとしない毎日を送るサラリーマン鈴木良一は、職場の同僚・寺島裕子が気になっているもの.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2015-07-16 21:38
  • 「ラブ&ピース」

    Excerpt:  園子温監督の奇天烈な作風を承知の上で臨まないと、珍妙な失敗作にしか見えないだろう。愛をテーマに往年の特撮怪獣映画の要素を取り入れつつ、実は「トイ・ストーリー」の日本版であったという、捻りを入れすぎ.. Weblog: 元・副会長のCinema Days racked: 2015-07-16 21:59
  • 捨てられた物たちの想いは大きく・・・

    Excerpt: 29日のことですが、映画「ラブ&ピース」を鑑賞しました。 ロックミュージシャンの夢に破れ、パっとしない日々を送る鈴木はある日 一匹のミドリガメと運命的なものを感じピカドンと名付ける しかし会.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2015-07-16 22:11
  • ラブ&ピース

    Excerpt: 三池崇史監督並みに製作スピードが上がってきた園子温監督の『ラブ&ピース』を観てきました。 ★★★★ 人間劇のようでファンタジーであり、サクセスストーリーのようで転落劇のようでもあり、コメディーのよう.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2015-07-16 22:30
  • 『ラブ&ピース』

    Excerpt: 愛を忘れた大人たちへ。夢を忘れた大人たちへ。人生のピースだけは忘れるな。 これが園子温マジックだ。ずっと求めていた園子温監督にしか描けない映画マジックだ。 愛を求める、 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2015-07-16 22:57
  • ラブ&ピース

    Excerpt:  『ラブ&ピース』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『新宿スワン』がとてもよかった園子温監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、「朝まで生テレビ」の場面。“.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-07-17 06:11
  • ラブ&ピース

    Excerpt: かつてロックミュージシャンを目指していた鈴木良一は、今や、うだつの上がらないサラリーマン。 彼は同僚・寺島裕子に想いを寄せているが、話しかけることすら出来ないでいた。 ある日、良一は一匹のミドリガメと.. Weblog: 象のロケット racked: 2015-07-17 09:48
  • 『ラブ&ピース』

    Excerpt: 2015年夏。ロックミュージシャンになる夢が破れた鈴木良一(長谷川博己)は、今や楽器の部品会社で働く冴えないサラリーマンとなっていた。気が小さいあまりに、思いを寄せる同僚・寺島裕子(麻生久美子)に話し.. Weblog: beatitude racked: 2015-07-17 23:06
  • 『ラブ&ピース』をトーホーシネマズ新宿12で観て、久々に園子温らしい映画だふじき★★★★(ネタバレあり)

    Excerpt: 五つ星評価で【★★★★延々とルサンチマンってのが園子温らしい】 情報量の多さが半端ない。 失った誇りを皮切りに何もかも捨て続ける自分のない男と 何も捨てない(変えない)女 ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2015-07-18 00:50
  • 「進撃の巨人 ATTACK ON TAITAN」☆巨人的迫力!inジャパンプレミア

    Excerpt: 迫力凄い!映像すごい!VFX凄すぎる!巨人キモイ!役者の演技うまい!アクションかっこいい!血肉汁ぶっしゃー! とにかくとにかく超面白い!!! Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2015-07-23 23:21
  • 「ラブ&ピース」

    Excerpt: 「ラブ&ピース」 ロックミュージシャンになる夢を諦めて以来パッとしない毎日を送るサラリーマン鈴木良一は、職場の同僚・寺島裕子が気になっているものの話し掛けることができない。ある日、1匹のミドリガメと.. Weblog: Mr.Bation racked: 2015-07-24 06:07
  • 『ラブ&ピース』は「愛と平和」ではない

    Excerpt:  みなさん、大事なことをお忘れではありませんか。  園子温監督の新作が公開されるたび、私は首を捻っていた。  2015年公開の『ラブ&ピース』の公式サイトには「『ヒミズ』『冷たい熱帯魚』など….. Weblog: 映画のブログ racked: 2015-07-28 17:43
  • ラブ&ピース ★★★

    Excerpt: 国際的に評価される鬼才・園子温監督が特撮に初挑戦した異色作。かつてロックミュージシャンという夢を抱いていたものの現在はさえないサラリーマンが、1匹のミドリガメと出会ったことから始まる奇想天外な物語を描.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-08-21 21:25
  • 育ちすぎだよ、カメ! 園子温 『ラブ&ピース』

    Excerpt: 熊の映画が4本続きましたが、それと重なって「おもちゃが念で動く映画」も3本続いて Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2015-09-23 22:14
  • ラブ&ピース

    Excerpt: 2015年 日本 117分 ドラマ/ファンタジー/特撮 劇場公開(2015/06/27) 監督: 園子温 『リアル鬼ごっこ(2015)』 脚本: 園子温 主題歌: RCサクセション『スローバラー.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2015-11-29 15:10
  • ラブ&ピース

    Excerpt: 本当に、園子温監督、長谷川博己を高くかってるのですね。 『地獄でなぜ悪い』のラストに驚いたけれど、(遊び心で、ちょっと出てきますね)ファンタジックで、ややコミック展開な、この物語に、長谷川博己の.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-05-31 14:13
  • 映画評「ラブ&ピース」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・園子温 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-07-03 09:17